JR東日本719系電車

提供: chakuwiki
719系から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

JR > JR東日本 > 車両 > 形式別 > 719系

Ambox warning yellow.png 今後の動向に関する内容の投稿はおやめください

719系の噂[編集 | ソースを編集]

原ノ町‐浪江間で余生を送っていた719系0番台
  1. 211系の交流バージョン。
  2. ボックスシートの配置が独特。
    • 253系みたいな集団見合い。
      • 基本二人掛けのボックスシートなので一人旅のときは4人掛けを独占するよりも罪悪感が無い。
  3. 東北線で個人的に一番来るとうれしい車両。
    • 以前走ってた455系が一番良かった。
      • 乗り心地的にはいいが匂いと音が・・・。
      • 登場当初の側面幕LED文字が低濃度なせいか見にくいの何の…字がでかくても見にくきゃ何にもならねー。今は字が小さめになった分高濃度文字で見やすくなった。
        • ちなみに方向幕は前面は国鉄フォントの幕式、側面はLEDという少し珍しい方式。
      • 先頭車の運転手横の後ろ、二人掛けのロングシートだけど座ったままでかぶりつきができる。
    • ごみ箱が必ず車内にあるので長距離旅行の時は助かる。701の多くやE721以降はテロ対策なのか設置されていない印象。
    • 東北線では黒磯-一ノ関間で見ることができる。
  4. 仙台地区における2両編成車両のパイオニア。
    • 今は日中4両がデフォ。朝夕は8両で東北線疾走。
      • 2両で動くのは磐越西線と山形線ぐらい。
        • 山形線でも4両以上で動くことが多い。
          • 山形線は朝夕以外2両だで
    • 仙台近郊のラッシュを意識した、3ドア普通電車のパイオニアでもある。
  5. 標準軌(新幹線と同じ線路幅)版5000番代は奥羽線の福島~新庄間走ってる。東北版の0番代との大まかな違いはパンタグラフ・台車・帯色・ワンマン対応かどうかくらい。
    • 山形線の米沢-福島間は全てこの列車である。
      • 701系は抑速ブレーキがないからか?
    • 米沢-山形間は大半がこれ、山形-新庄間は一部の運用がこれ。
    • 0番台ではシングルアームパンタのやつと菱形パンタのやつが混じっている。
    • 5000番代は今の所置き換えの情報が持ち上がってなく、今しばらくは安泰である模様。
  6. 0番代…そ~いや常磐線のいわき以北走ってない…。この電車より16mm幅広だからだろうか?
    • 2012年3月から常磐線でも走り始めた。
    • というか、E721系を落ち葉空転に悩む仙山線に根こそぎ持って行かれたので、代わりに放出された719系が再び東北、常磐線で大活躍している状態。
    • しかし、原ノ町まで行けるかどうかは微妙な情勢に
  7. モーター音が205系と似ている。
    • ただ加速時のショックはほとんどない。
  8. 東北で唯一の爆弾ドア。
  9. 東日本のステンレス車で初めてのジョイフルトレインに抜擢された。
    • 磐越西線のフルーティア。最初はステンレスかよと思ったが、全面塗装され雰囲気がガラッと変わった。
    • 同改正より通常編成は485系の後釜を担うことに。こちらは思いっきり安っぽくなった感が強い。
    • 磐越西線でフルーティアに絡む分はE721系に置き換えられることなく当面使い倒す模様
  10. 山形線を走る5000番台と仙台近郊を走る0番台とではブレーキ開放音が違う。
    • 0番台は「スンッ…」、5000番台は「プヒュゥゥゥ…」
  11. 車内や車体側面に号車のプレート入れるホルダーがあったり、車番が国鉄フォントだったりJR世代の車両ながら国鉄の匂いも結構ある。
  12. 0番台のスカートが編成によって結構違う。
  13. 車両前面に1441Mのように運用番号を表示するところがある。
    • 仙台地区では唯一表示できる列車。
      • 一般の利用客にとっては一番どうでもいい表示かもしれない。
  14. 相馬・原ノ町まで行けるか行けないかの微妙な時期に死刑宣告置き換え決定
    • 原ノ町まで復旧するも、魔改造車フルーティア以外は山下より南へ入ることなく生涯を終える様子。
      • なぜか秋田地区で試運転を始めた。
        • 運用にも入った。
        • 事故車の補充として回されたらしい。
          • なお、その事故車はまだ除籍されていない。
            • 結局除籍された。719系も同時期に。
      • そして、仙台地区ですら完全撤退には至っておらず、例によって撤退の見込みも無くダラダラと居座り続けそうな情勢。
        • しかも、2018年春からは原ノ町はおろか浪江まで入るようになった。
          • と思ったら2020年3月のダイヤ改正で運用終了。
  15. コンプレッサー音(…と言えば良いのか)がドコドコうるさい車両がある。古い車両からのお下がりか。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]