A列車で行こうファン

提供: chakuwiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

A列車で行こうファンの噂[編集 | ソースを編集]

  1. 鉄道から入った人が少なくない気がする。
  2. 実はジャズの曲名としてあって、さらにそれにちなんだ小説もあることは知らない。
    • ニューヨークの地下鉄のこと。だったらもっとアメリカンなバージョンがあってもいいのに・・・。
  3. 資材コンテナの事を豆腐と呼ぶ。
    • 発展のことを「ハッテン」と呼ぶ人もいる。アッー!
  4. 高架のスロープがものすごく急なことを気にしてはいけない。
  5. PS版A4&A5の使用ブロック数は突っ込んじゃいけない。
    • A6と2001も同じく。
  6. 現実の鉄道を造る人と関係なく造る人に分かれると思う。
  7. BGMも名曲揃いだがそれはあまり知られていない。
    • 「ジオフロント」には同人アレンジが存在するがファンでも知ってる人は少ない。
    • そう考えると、A列車シリーズは総じて名曲揃いなんだよなぁ…。
  8. 基本的に高いスペックを要求するので、この為にPCを買い換えるファンも居る。
  9. JR九州の同名の特急には乗った。

シリーズ別の噂[編集 | ソースを編集]

初代系(初代、2、Z、リザ)[編集 | ソースを編集]

  1. え、パズルゲームですよね。
  2. さすがにリザを見た瞬間は「ARTDINKもついに狂ったか」と思った。
    • リザは一応外注だが・・・・。今までやってる人を見たことが無い。
    • やっていた人がいたとすれば…この人のファン

III系(III、IV、5、7、HX、8、DS、9、3D)[編集 | ソースを編集]

  1. こちらとはかなり層が一致する。
  2. 1日1本しか電車が来ないのによくこんな街に住み続けるなとついつい思ってしまう。
    • 7の+Dな人はもうちょっとまともに設定できるけど…。
  3. DS版が出て、学生でやる人が増えた。
  4. 株式投資先の架空企業の説明にニヤニヤする。TheAtlasの発見事物に通ずるものがある。
  5. 9はグリッドを気にせず自由に道路線路を引けたり、時間の進み方を変更できたりと今まで全くできなかったことが出来るようになってファンからの評価が高い。
    • しかしファン以外からの評価は微妙だったりする。
      • 道路を自力で敷けないうえに、バスを走らせることができなかった7に比べれば十分マシ。
    • バージョンアップ版では1:1表示に対応し、さらにジオラマゲー化した。
  6. シミュレーションゲームとしてはナンバリングよりDS系の評価が高く、こっちのシステムを取り入れて欲しいという意見も多い。
    • 特に乗客が隣の駅で全部降りなくなったところ。
    • 鉄道から入った人は実在車両ナニソレ美味しいのなDS系が一般人から大好評なのを見て市民感覚との乖離を感じてしまう。
      • 「実在車両なんてどうでもいい」と言い出す人が現れて決して相容れない領域を悟ってしまう。

6系(6、2001、21st)[編集 | ソースを編集]

  1. 実在のダイヤに一番乗せやすい。
  2. 子会社?なにそれ?
  3. 歴代シリーズの中でも一番簡略化されているけど、やっぱりA列車だなと思う。
    • 各社車両のディテールに対するこだわりはサスガというべきだろう。
  4. 2001から始めて、「ちょっとやってみっか」的に6へ移行すると、テンプレートダイヤが無いので「いちいちダイヤ組成すんの面倒くせぇ~」と思う
    • だが6は資材無しでも駅が衰退しないので楽っちゃ楽。
  5. 多分、一番ファンが多いと思われるシリーズが6シリーズ。
    • プレイしやすい反面、赤い鉄橋や吊り橋・地下鉄・地下駅・トンネル・シーサスクロッシング・資材置き場(貨物駅とは別)が無いのが惜しい。
  6. バグ技、小技が結構多い(過発展、高架の柱抜きなど)
    • 走ってる車両が突然浮き上がっていくバグをC62でやって銀河鉄道ごっこは誰しも通る道。
  7. 2001パーフェクトセット付属のトレインキットにある(PlayStation BB Unit必須だが)スナップショット機能では撮り鉄の気分が味わえる。