AV機器

提供: chakuwiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

家電 > AV機器

  1. AVといっても、あっちの意味ではない。
    • 但し「あっち」を見る時に使うDVDプレーヤーは当然AV機器
  2. ソフトにスケベが絡むと急速に普及するのはお約束。

テレビ[編集 | ソースを編集]

  1. 昔はコタツみたいに足が直付けされていた。
    • 木箱に入ってたり、観音開きの蓋があったり、仏壇みたいだった。
    • ダイヤルでチャンネルを切り替えていた。別の番組を見ることの意で「チャンネルを回す」という言葉にその名残がある。
      • 音のイメージとしては、「ガチャッ、ガチャッ、ガチャッ」
        • 初期のリモコンは、このダイヤルを遠隔操作するものだった。回る方向は既に一定。(父から聞いた話)
      • 親子喧嘩・兄弟姉妹喧嘩…大抵は父親に占有権(ちびまる子ちゃんのヒロシが好例)
        • ダイヤルのつまみを取り外し、その部品を奪った者がチャンネル決定権を得ると言う弱肉強食な家庭があったとか。
      • 挙句にチャンネルが壊れて…
        • それでなくとも特定のチャンネルが見られなくなる家庭がある。うちフジテレビ見られないんだ、とか・・・。
        • もしくは特定のチャンネルの映りが悪い(ノイズ)、はよくあった。
        • 季節や天候(台風とか)にも左右されたり。アンテナのせいもあるかも知れんが。
      • 電源スイッチがボリュームを兼ねていた。「カチッ」とひねって引っ張る
        • ひねっただけの状態が予熱。予熱しておかないと、画面が表示されるまでしばらく待たされてラジオ状態。
        • 音質、バランス、明るさ、画質、色あい等を調整するためには、前面の小さい扉を開ける。
      • 個々のボタンにつまみがついていて、それぞれにチューニングを行うものも。まずは、VHFL、VHFH、UHFを選択。
      • VHFつまみとUHFつまみがあった。名古屋で日テレ系を視聴するためには、VHFつまみをUに合わせる。
    • かつては「一家に一台」。その後「一人に一台」を経ていまや「一人で二台」(据え置き型+ワンセグ)
      • 段々番組が糞になっていくにつれ、「一人に一応一台」(ワンセグorPC)になりつつある。
        • テレビの性能が良くなればなる程、肝心の放送内容がどんどん酷くなっていく。
          • そのうちテレビ製造メーカーから「テレビが売れないのは放送局の怠慢が原因だ」と訴訟を起されたりして…。
          • 「テレビの性能∞^-1番組の質」という法則が成り立ってしまいそうだ。というかもう成り立ってる?
        • もはや若者の間では必需品ですら無くなりつつある。(テレビよりも携帯、PCの方が必需品)
      • 「一町に一台」(街頭テレビ)→「数家に一台」→「一家に一台」
    • 今の子供達が大人になる頃には「昔は箱みたいな形だったらしい」と言われているかもしれない。
      • 更にその子供達が大人になる頃には「昔は板みたいな形だったらしい」と言われているかもしれない。
        • タペストリーみたく、丸めてあるのを壁に貼り付けるとかかねぇ。もしくはSF映画みたく空中に映像が浮かび上がるとか。
          • ドラえもんのひみつ道具がおおむね実現した。
    • 「うちのテレビは次世代型だ。なんてったってトリニトロンだからな」と一時期語っていた。
    • 今でも脚 (というかテレビ台というか) 付きテレビって需要ありそう。
  2. 3Cのひとつ。カラーテレビとクーラーと、あと何だっけ?
    • 自家用車(Car)だな
      • 個人的には「金」の方がいいな。
        • 金だとGoldでGじゃん。
        • Money、じゃないの?どっちみち違うけど。
          • 「Cash」の方がいいな。夢がないけど。
    • 3C以前の「三種の神器」にも白黒テレビが入っていた。
  3. 今や液晶が主流だが、ブラウン管も細々と売られている。
    • キーワードは亀山
      • だが亀山工場閉鎖確定orz。
        • 閉鎖は天理と三重の旧式ライン。TV用パネル専門の亀山第一にそのぶんとかの改造をするために、半年ほど生産休止なだけだろ。
        • まだ工場が完成して10年も経っていないのに、閉鎖とかありえんでしょう;。
    • 薄型テレビは今や、近畿圏の経済の一角を支える程の存在にまで成長した。
      • どこがだよ。完全にお荷物。
      • 一時期はね…。
  4. 世界で初めてテレビ放送を成功させたのは日本人。
    • 「イ」
      • 放送局の夢の視聴率100%
  5. 色んな意味で20世紀を代表する家電。
    • 20世紀後半は、完全にこの家電が一般人の情報取得手段を独占していた。
      • その結果、放送局がつけ上がり…。
    • そもそも家電なんて20世紀に出てきたものばかりなんだが。
  6. 薄型が主流になって以降、画面の巨大化がどんどん進んでいる。
    • 今のサイズに慣れてしまうと、つい15年程前には25インチ程度で充分巨大と認識されていたということが信じられなくなる。
    • 40型ぐらいでも、あんまりデカさに驚かなくなった。
      • 大型TVの大きさは3日で慣れる。
        • 50型が来たときに1日で慣れた。
  7. テレビの上には母が何処かで買ってきた小物が置いてある。
    • 薄型だと小物が置けないので、お母さんガッカリ…。
    • 冬場はテレビの上で猫が寝る
      • 薄型テレビの上で意地になって寝る猫の写真が多数出回っている。
  8. お年寄りの友。
    • 朝から晩までテレビを点けっぱなしているお年寄りも少なくない。
      • テレビを見ないときは消しましょう、って躾けられなかったんだろうな。
        • 躾を受けた頃はテレビが無かったんじゃないの?
    • 昼間の時代劇の再放送はお年寄り向け。
    • 悪く言えば、PC(インターネット)を扱いこなせない人の必需品。
  9. 以前のテレビに比べて地デジはチャンネルを変えてから表示されるまでにワンテンポ遅れるのにいらだつ人は少なくないはず。
    • 時報もあてにならなくなった。まあ、数秒程度の違いをどれだけ重んじるかだが、チャンネル切替のもっさり感だけは許せんのぅ。
  10. 3D時代は来るのだろうか?
    • 3Dは画面を見てると頭が痛くなる人がいる。
    • 3Dのまえに4Kが来るそうだ。
    • あっという間に3Dは廃れましたとさ。
  11. 一時期テレビデオが流行った。
    • 今でも、スーパー辺りで宣伝用ビデオを流すために残っていたりする。地デジ化とは関係ないし。
    • DVDプレイヤー内蔵テレビもあるので、一応需要はあるようだ。マイナーなメーカーばかりだけど。
    • 外付けHDDで録画できるタイプのテレビが亜種といえるかもしれない。
  12. 戦前の未来小説にはつきもののアイテムだった。
    • この場合「テレビジョン」と略さずに表記される場合がほとんど。
  13. 今では番組視聴よりゲーム機用モニターなどの時間が長い人も多いはず。
    • テレビ単体でYouTubeや各種配信サービス(NetfrixやAmazonプライムなど)を視聴できるようになってきたので、配信中心に利用する人も多いと思う。

オーディオ[編集 | ソースを編集]

ラジカセ・コンポ[編集 | ソースを編集]

  1. ラジオと、1つ2つの音声メディア(CDorカセットorMD)の再生録音機能がついている。
    • これにテレビが加わった「ラテカセ」なんていうのもあったなあ。
  2. TV音声が聞けるものもあるが、たいていVHF波のみしか対応していない。
    • もっとひどいとVHF(1~3ch)なんてものも。
      • これ、単に外国向けのものを流用したもの。外国ではその帯域もFM放送として使用されている。
        • その帯域「も」というより、外国ではそっち(90MHz以上)がFMラジオ放送の主流。76MHz~87MHzをFMラジオに使っているのは日本だけ。
        • 逆にVHF12chまでフルに対応している方が少数派…の気がする。
    • 2011年7月には使えなくなるけど、まだそんな機能があるのか…。
      • 使えなくなるからと、2011年7月以降にその機能を省いた結果、日本でも90MHz以上でFMラジオ放送を始めることになり…。
        • 2014年から中波の補完中継局に割り当てが始まりましたね。
      • 2011~2014年までのラジカセで、入力端子がなく90MHz以降が受信できないものは無能。モノラルについては論外。
      • メーカー側としては、地デジ化以降に対しては小型ワンセグテレビの購入を勧めている。
        • 聴覚障害者等から需要があったらしく、最近はワンセグの音声「だけ」聞き取れるタイプも登場。U局で悩むこともなくなった。
  3. AMのアンテナがおさまりが悪い。
  4. カセットテープではなくMDになっても「ラジカセ」は「ラジカセ」である。「ラジMD」とは呼ばれない。
  5. 1990年代前半、黒人が肩に乗せて音楽を聴いていた。
  6. 古いラジカセには外部入力端子(LINE IN)があり、iPodなどを繋いでラジカセのスピーカーで音楽を聴くことができる。
    • 現在でも付いているものはある。接続法としては旧式なら二股RCAピンプラグ、現在は3.5mmミニプラグが主流。
      • 外部入力端子は1990年代に一旦廃れたが、2005年頃からデジタルオーディオプレーヤーの普及に伴い復活したという経緯がある。
  7. 昔なら、真ん中に音質調整つまみやCDプレイヤー等、機能が独立した横長の箱(?)を重ね合わせ、左右にスピーカーを置くのがコンポの主流だった。
  8. 昔々は短波放送のエアチェックが流行った。
    • 各国のベリカードがステータス。あと日本各地のAMFMラジオ局の奴も。
    • 国内放送の遠距離受信は今でもそれなりにファンがいる。
  9. デジタル家電に分類されているがカセットテープの録音方式自体はアナログ。
  10. 最近の子供達はA面、B面で一回取り出す、だとか巻き戻しという単語についてさっぱり意味が分からないという。こんなトコでもジェネレーションギャップ。
  11. 2010年代に入りSDカードやUSB接続(USBメモリなど)、更には内臓メモリーで録音出来る機器まで登場。テレビ録画並みに自由に予約が出来るようになった。
    • radikoの普及でラジオ本体の売れ行きが落ちているから、と勝手に予想。
    • こんな機器もradikoのタイムフリー開始で存在意義を失い、衰退気味。

蓄音機[編集 | ソースを編集]

  1. 発明王エジソンが発明した。
  2. 最初に再生された曲はメリーさんの羊との噂。
  3. スピーカーはなく、かわりにラッパみたいなやつがついている。
  4. 筐体は木製。
  5. 犬のニッパーがここから聞こえる今は亡き主人の声に耳を傾けている。
    • ビクターのマークでおなじみ。

ポータブルミュージックプレイヤー[編集 | ソースを編集]

  1. ソニー以外の物に「ウォークマン」と言ってはいけない。
    • アップル製以外の物にiPodと言ってはいけない。
      • 象印はi-Pot。
        • タイガーは「炊きたて」
          • タイガー炊飯ジャー♪たっきったて♪
  2. 世代交代の度に旧型は淘汰されるが、意外にCDプレイヤーは生き残っている。
  3. 猿だって聞く。
    • あれ実際には聞かせてたわけじゃなくて、眠くてウトウトしてるところにイヤホン付けさせて撮っただけらしい。
  4. 新製品が出ると、容量がどんどん増えていく……今じゃ、8GB、16GBは当たり前。
    • iPod touchなんて64GBなんてのもある。
  5. FMラジオ機能が付いていることが多い(ウォークマンとiPod nanoにはある)
    • 国際展開している機種だと108MHzまで対応していることがよくある。
      • ただ、地域設定で日本にすると90MHzまでに制限されることがあるらしい。
        • 手元にあるサムスンの機種(2007年の)では、日本設定で76MHz-108MHzになる。
  6. デジタル音楽プレーヤーの黎明期にはRioやiRiverなど聴きなれない企業が多数参入していたが、アップルの台頭とソニーの巻き返しで淘汰されていった。
    • 当初のiPodやウォークマンは意図的にD&Dに対応させなかったので、そういう企業のものを選択する余地があった。
    • 大手メーカーであるパナソニックや東芝ですら撤退に追い込まれた。
  7. これもデジカメと同じくスマートフォンに役目を譲りつつある。
    • そのせいで単体版は異常なほど小さいか、ポーダブルアンプが合体してるような馬鹿でかいハイエンド機の二極化が進んでいる印象。
機種別

ポータブルCDプレイヤー[編集 | ソースを編集]

  1. まだ絶滅してない。
  2. 円形。

MDプレイヤー[編集 | ソースを編集]

  1. 絶滅した。
  2. 角型。
  3. 他の種類のポータブルオーディオプレーヤーと比べて、録再機のシェアが非常に高かった(他は再生専用機ばかり)。

ビデオデッキ[編集 | ソースを編集]

  1. 誰しも必ず一回はテープが絡まり見られなくしたことがあるだろう。
    • 誰しも必ず一回はテープを切ってしまったことがあるだろう。
  2. 時代はブルーレイになりつつあるのに今だ現役。各社DVD+VHSレコーダをラインナップしているし、中にはBD+VHSレコーダなんてのも。
    • ただし単体デッキを自社生産しているのは今やフナイくらい。
      • 絶版になりました。今や中古でしか手に入りません。
  3. 古いビデオテープがカビる。
    • そのカビたテープをデッキに入れて再生すると、デッキのヘッドにカビが移り、そこからさらに他のテープにカビを移してしまう。
  4. 今の若い人は知らないだろうが、昔のエロ雑誌に「当社推薦ビデオ(当然エロビデオ)20本セットでビデオデッキプレゼント!」なんて広告があった・・・(byお年寄り
  5. 結局一度見た番組はほとんど見直さないことが判明。
    • そしてかさばる。
  6. βマックスやVHS以前のホームビデオを知る人間は鬼籍が近い。
  7. いよいよデッキを処分することになって、撮り貯めたテープの処分にはほとほと困り果てた。
    • 動画をデジタルに移す作業。管理がなってないと、どのテープに何が入ってるか一本一本再生して確認しないといけなかった(汗)
    • 撮り貯めた大量のテープをどう処分するか。特にエロビデオをいかにバレないように処分するか、カモフラージュには神経使った(大汗)
    • 特に年代が古いテープの場合はNHKアーカイブスへ寄贈するのもあり。
      • NHKに残っていない古い番組が眠っている可能性もある。
  8. 70年代の芸能人には自らの演技などを見返すため大枚をはたいてUマチックのビデオデッキを入手したという人も少なからずいる。

DVDプレイヤー[編集 | ソースを編集]

パカッ
  1. いまどきはかなり安い。
  2. 家電量販店だけでなくホームセンターやレンタルビデオ屋でも売っている。
  3. いつのまにかレンタルはDVDのみになってしまった。ビデオはどこいった?
    • ビデオ(動画)自体はあるのに、ビデオテープ(VHS)は、買い取ってもらうこともできなくなった上、それを再生する機械がレア。無いわけではないが。
  4. DVDになってチャプターが登場した。早送りなしで途中からの再生ができる。巻き戻しもしなくてよい。
    • 巻き戻しという概念も廃れ、言葉としても通じなくなってきた。「<<」は早戻し。
  5. 折りたたむ部分が回せる。

HDD/BD/DVDレコーダー[編集 | ソースを編集]

  1. 全面地デジ化を目前に爆発的に売れた。
  2. 2番組同時録画が主流であるが、中には3番組以上録画できるものも。
    • だが、レコーダの性能とテレビ番組の質が反比例しているため、このご時世で6チャンネル同時録画とかあってもあんまり意味がない…(2000年代以前なら大活躍だろうけど)
    • かつてシャープは、「レコーダー搭載のチューナー」と「テレビ受像機のチューナー」の2つを使って2番組同時録画出来る「ハイブリッドタブレコ」対応のレコーダーを販売していた。正直、何でこんなのを作ったのだろう?
  3. 画質が高いとHDDを逼迫する。
  4. パナソニックが一番人気。次いでソニー。
    • シャープは値段がよいが不具合が多い。知恵袋ではアンチもいるのでまともに取り合ってくれないことが多い。
  5. アナログテレビ時代は、東芝(RDシリーズ)の編集機能における「マニアックさ」が際立っていた。

関連項目[編集 | ソースを編集]