B級グルメファン

提供: chakuwiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
  1. もちろん本場に食べに行く。
    • B級グルメを食べるだけのために遠出をする。
    • ローカル線の乗り継ぎに関して異常に詳しい。
      • 都会育ちだと田舎の鉄道運賃の高さにぶったまげるらしい。
    • メディアで話題になると「俺は何年も前に食ったけどね」とドヤ顔。
  2. 聖地は静岡
    • B-1グランプリは何があっても出かける。
      • ここも新たな聖地。
      • 西の横綱は岡山、東の横綱は静岡
      • そういう企画はある意味「俗化」と言えるので、むしろ近寄りたくないケもある。…でも行ってみたい。
  3. 旅行ファンも多い。
    • というかB級グルメというのは「ご当地グルメ」だからねぇ。
  4. 麺といえば、焼きそばである。
    • 高知の鍋焼きうどんなど、例外は少なからず存在する。
    • 自分は太麺派か細麺派か決めかねている。
    • ラーメン愛好家とは基本的に仲が悪い。
  5. 蕎麦ファンは出雲にも岩手にも出石にも幌加内にも出かける。
  6. 2010年上半期時点でのにわかファンである。
    • B級グルメと銘打ってるだけで闇雲に飛びついたりはしたくない。
    • そのうち行き過ぎて批判の矢面に立たされ、一気に盛り上がりがしぼんで過剰に貶められないか心配だ。
  7. いつかは世界のB級グルメも食べたいと思う。
    • 憧れは中近東の串焼き肉と、北欧のチョウザメの干物。
  8. 最近マヨネーズとソースと一味唐辛子さえあれば、世界中どこに行っても生きていけるような気がしてきた。
    • 味が気に入らないととりあえず上記3つのうちどれかを大量にぶっかける。
    • 味覚がどんどん大雑把になってきていることを誇りに思っている。
  9. 大手コンビニやチェーン系スーパーの、B級グルメとのタイアップ商法に苛立つ。
    • ブームという消費型コンテンツにされてしまうのはやはり悲しい。

関連項目[編集 | ソースを編集]