Chakuwiki/テーマ別

提供:chakuwiki

Chakuwiki > テーマ別


ご当地の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 「ご当地の噂」はメインページに、「ご当地のイメージを噂から明らかにするプロジェクト。」と記載されているが、最近このことを理解していない人の書き込みで変になりつつある。
    • そもそも特定の地域とは何の関係もない記事も特に珍しくない。
  2. 意外とガイドブックとしても使える。
    • 地方の裏情報を仕入れることもできるし、行き先選びにも使える。
    • もちろん実際に行って見聞したことを書くのもあり。
    • ただし古い内容が追記などもなくそのまま残っている場合もあるので注意。
      • まあ設立から15年以上も経っていれば仕方あるまい。
    • 行き着くところまで行ってしまったので、これ以上の分割はなかなか望めまい(令和時代の再開発の噂とか平成初期の頃の噂あたりを広げれば…)。
  3. Chakuwikiの原点にして頂点。
  4. 差別語やヘイトスピーチが削除されていない記事も意外とある。
    • これも比較的大らかだった(悪く言えばネット右翼が幅を利かせていた)時代の書き込みと言えよう。
  5. どこを見ても「ここの交通マナーは○○と比べて荒い」という旨の書き込みがある。
    • その○○にも同じような書き込みがある。
    • 大規模な都市の場合、交通マナー系の噂は「道路交通」とか「ナンバープレート」の記事に移されることも。
  6. 地元民と非地元民でのバトルが繰り広げられているものもある。
    • 同じことは鉄道路線系のページにも言える気がする。特に大都市圏。
  7. テンプレートを地図代わりに使っている。このため分割を行った場合こちらも変更することになる。また変更しただけでは同一ページのリンクが無効化されて太文字にならないので、一度編集画面を開き何も変えずに保存する必要が出てくる。
    • ただし、自動承認された利用者でなければ編集できない設定になっているため、IPユーザーや新規利用者は編集の要約に書き置きを残しておいた方がよいかもしれない。
  8. 当地ゆかりのアニメや漫画についての内容も珍しくない。
  9. 地名ダジャレや地名と同じ苗字の有名人を羅列する書き込みもちょくちょく見られる。
  10. 各都道府県ごとに多数のテーマ別項目が存在するが、下にあるような大手テーマや交通・経済などの一部を除いて影が薄め。

もしWiki[編集 | ソースを編集]

  1. といってもこれでピンとくる人は少ないであろう。
    • もしも借箱とか歴史のIF検討委員会とかで通じる人は多いはず。
  2. Chakuwikiを代表する人気コンテンツ。
    • もはやこれがなければChakuwikiの全ては語れないというくらいのレベルであろう。
    • かつてはそういうポジションじゃなかったのにね。
      • ご当地の噂からそのポジションをあっさり奪ってしまった。
  3. 共有性がなかったり、方向性が偏ったりと色々と問題がある。
    • 中にはもうナウなヤングには通じないような一過性のネタも少なくない。
      • 京アニに力があった頃(ハルヒ・らき☆すたが大ブームになった頃)のネタがあったり。
    • あと私怨的な内容もちょくちょく見られる。
    • 関係ないネタのマルチポストもよく見られる。
  4. もしも借箱の内容には後々実現した事例もあるが、やはりというかバカの予想はなかなか当たらない。
    • 本気で当てに行ってもそううまくはいかない。
  5. 時々やけにマニアックな議論が繰り広げられることも。
  6. 内容は右寄りな傾向が多い。
    • 女性が社会に出なかったら少子化が起こらなかったというのがそんじょそこらに見られたりする。
    • 戦前日本の政治体制(特に植民地支配)や軍などを徹底的に美化した内容も多々見受けられる。
  7. ページが乱立気味になったため、現在はIPユーザーが新規記事を作成することが禁止されているが、それが守られているかといえば....。
  8. 知識・認識不足の投稿が氾濫している記事は時としてツッコミだらけに。
  9. 記事タイトルを「もしも」で始めるのは厳禁。
  10. 仮定のような状況が成り立つまでの経緯に言及しても面白くなる気がする。

もしこんな有り得ない展開・記録があったら[編集 | ソースを編集]

  1. 記録を遡ると、実は存在したものが意外に多いことに気づく。
    • 「これはさすがにないやろ→いやあったんかい!」ってケースもしばしば。
  2. 表記は「ない」。両方とも漢字である。

ベタの法則[編集 | ソースを編集]

  1. 元々はバカの法則から分離したもの。
    • それが今ではバカの卵で独立して存在しているくらいに大きくなった。
      • さらにベタなキャラクターの法則が独立している。
    • 初めて知った。
  2. 基本的に事例を大量に羅列する事はあまり推奨されていない。
    • 特にキャラクターの法則に顕著。
  3. 語尾は「~なことが多い」「~しがち」「~も少なくない」など。
  4. そのものの噂やファンの噂となんだかんだで内容がかぶってしまう。
  5. 一部はバカの法則になるかならないかギリギリのラインにある。

バカの法則[編集 | ソースを編集]

  1. ベタの法則はここから。
    • らしい。
  2. ここを読むと、なんか笑える。
    • 自分もそうであったため、笑えないものもある。
  3. 自身の境遇を自虐的に書き込む投稿者も。
  4. かつては実例を出すのが禁止されていた。
    • 現在でもあんまり推奨されていないので注意。
    • どうやらユーザーが勝手に制定してそれが定着してしまったらしい。
    • 特定されても責任は一切負わないので慎重になっているらしい。
    • 実際のところは黙認されていた。
      • もっともこれはChakuwikiの管理者が総数に比例して少ない人数でやりくりしているため、手が回らないからだと思うが。
      • 実例が羅列されていたページもあった。ノート送りを提案したところ、管理者でないユーザーが勝手に禁止していたことが明らかになった。
      • その後実例を特定できる事例を記載されたため議論となり、現在では実例による説明は慎重に、実例を特定して気分を害する行為は禁止となっている。
  5. 基本的に負の側面的な内容だったら大体ここ。
    • と思ったらたまに正の側面っぽいのにここに所属している記事があったりする。

勝手にシリーズ[編集 | ソースを編集]

  1. こちらもChakuwikiを代表するほど大きい。
  2. 基本的に節は短くて多い。
  3. 昔は勝手にWikiだった。
    • 「勝手wiki」だった気がする。
  4. 他の人に共有できるのかという問題がある。
    • 特に国づくりはこれが原因で完全削除を検討するにまで至った事がある。(結局回避されたが)
      • アンサイクロペディアに統合する流れもあったそうだが、その元グループ(のび太国系記事)自体が廃止されてしまった。
  5. 鉄道系とかになると、なぜか人が少ないか流動がなさそうなところばかり線路を通そうとする内容が多く、現実性がなさすぎてあまり共感できないネタが多い。
    • 自分の地元の路線を見たら明らかによそ者が書いたと思しき地域の実態を無視した内容ばかりでげんなり。
      • たとえば、地元の有力なあの勢力やこの勢力がどれだけ醜く泥臭い我田引鉄をおっ始めるのか物凄く考察しがいがあるはずなのに、そういうのをすべて否定されたような、ただ地図を見ただけで適当に線を引いたような仮定でげんなり。
      • とりあえず分水嶺や生活圏を(ひどい場合は山や川などの地形をも)無視して直線ルートで結んでいるような。
    • 特定の地方を露骨に贔屓した内容のものもかなりある。
  6. 鉄道系などでは一部現実世界で後に実現した内容も含まれる。

Chakutionary[編集 | ソースを編集]

  1. 名前は「Chakuwiki+dictionary」の造語。
  2. 現状カテゴリーでしか表記されてないので、このくくりでの知名度は低いと思われる。

バカポジ辞典[編集 | ソースを編集]

  1. 恐らくChakuwikiで唯一だと思われる創設時と現在で全くコンセプトが違う項目。
    • 当初は「バカにポジティブなもの」を集めるページだったのが、今はことわざを面白く紹介するというのに変わってしまった。

ざんねんなモノ事典[編集 | ソースを編集]

  1. 元ネタはざんねんな生き物事典。
    • だから当然ここには存在しないのだが、なぜか幸運なモノ事典の方にも存在しない。
  2. 辞典ではなく事典。
    • 元ネタの方がそうだから。
  3. 起案されてからすごいスピードで伸びていって、今ではメインページに大きく書かれている。
    • それでも古いものや日本国外のものは多いわけではない。
  4. 題材が題材なので、かなり賛否両論な記事になっている..と思う。
    • バカの卵での起案時にも否定的な意見が出ていた記憶がある。
    • 「○○に言いたい」も同様である。
  5. たまに「そんな理由で!?」とツッコミを入れたくなるような投稿がある。
  6. 一部記事では投稿ごとの温度差が激しい。
    • やけに深刻な内容と軽めの内容が同居している。
  7. 例のアレ関連とマスメディアでやたらと問題点を言われたものは「説明不要」「言うまでもない」だけ書いてあることも。確かにこれだけでもうなずけるものが多いのだが、確かトップページでこれだけ書いて逃げるのはどうなのよ、といったことが問題提起されていた。とはいえ、こういった項目に追記していくとページを占有しかねないほどに増えてしまいそうである。
  8. 「俺の嫌いなもの事典」「批判を受けたもの事典」になっている節がある。
  9. いろいろと広がりすぎてご当地の噂作品の噂になりかけている節もあるのではないか?

バカ日本語辞典[編集 | ソースを編集]

  1. ここで初めて本当の読みを知ることも多数。
    • 月極は有名だが、他にもいろいろあって面白い。
  2. 音楽関係は歌詞の空耳とか、歌手が○○さんだと思ったら××さんだった、みたいな勘違いが多い。

生活用語などの基礎知識[編集 | ソースを編集]

  1. 百科事典プロジェクトの最大の成果物。
  2. Chakuwikiとしては珍しく、内容の書き換えが認められている。
    • そもそも書式も他の記事とかなり異なる。
    • 長文も容認されている。

Chakupedia[編集 | ソースを編集]

  1. 名前は「Chakuwiki+Encyclopedia」の略。
  2. これもカテゴリのみに存在する。

百科事典の項目[編集 | ソースを編集]

  1. Chakuwikiの中においても若干お堅い内容を含む。
  2. 丹波慎也(横浜高校のエースとして期待されながらも17歳で急逝)の記事が実験的に立てられ、そこで成功を収めたため注目された。
  3. 生活用語などの基礎知識もこの分類に入る。

バカの卵[編集 | ソースを編集]

  1. とりあえず記事のネタに行き詰まったり、記事の内容が薄い記事が送られる場所。
  2. 独立なんてありえないだろうと思われるも、急に伸びて独立までこぎつくことも。
  3. ある意味ではChakuikiの活性化の原動力といえる。
  4. たまにどう考えても一発で独立できそうな量で提案してくる人がいるけど、あれはなんなんだ?
    • 記事の作成をする自信がなかったり、本当に作成していいのかわからないのでしょう。
    • 卵への大量加筆でブロックされてしまった事案もあった。
    • 新規ページの作成には卵の経由が必須と勘違いしていたためです。今は必要ないなら自前で作るようにしています。
    • 逆に単独で独立させたものの膨らみが必要ということで逆送致されるケースも多々ある。
  5. 独立させるのに全力を投じた結果独立後にネタ切れのせいで盛り上がらないという悲劇も発生している。
    • 特にもしwiki関係に顕著。
    • テーマが限定されすぎるものは独立は難しい。
      • 逆に単独で1万バイトくらい行っていればなんだかんだで独立されることも多いが。
  6. 書かれている文章は、バカの卵にある間は「下書き」扱いらしい。
  7. ここでは記事の別箇所への移動を「分割」ではなく「独立」と言うらしい。
  8. 一度アーカイブ送りとなった草案が別の案により復活という事態も複数回発生している。
  9. 設立時期が意外と遅い。
    • 2009年も終盤に差し掛かったころに作られたような記録がある。

萌え擬人化[編集 | ソースを編集]

  1. なかなか擬人化絵師が現れない。
    • 一応相談しに来た人はいたようだが...。
  2. とりあえず「らしい」設定が並ぶ。
    • ただし容姿に関わる設定が少ないような気がする。
  3. たまに男キャラもいる。

こんな○○は嫌だ[編集 | ソースを編集]

  1. 2009年1月ごろに突然勃興したらしい。
    • それ以前はどこにあるか分からないほどの地味なページだった。
  2. 新ネタはバカの卵ではなく、ページ「こんな○○は嫌だ」に直接追加することになっている。
    • その後ネタが一つのテーマに集約される。そしてテーマ自体が独立することもある。
    • 簡単に言うと親ページに投稿する箇所があるかどうかという事。
  3. あくまで仮想の状態を対象とするものであり、現状への批判はご法度である。
    • が、図らずも過去に記された内容が現実に反映されてしまうという事例も散見される。
    • 皮肉になってるのはあちこちで見かけることができる。
  4. 「あったら嫌な○○」などとの違いは誰も分かっていない。
    • 「偽モノの特徴」との違いも。
  5. そもそも「嫌だ」というモノを書き連ねる項目なので、既に書き込まれている文への反論は少ない。
    • 強いて挙げれば「むしろその方がいい」「そっちの方を推奨したい」といった書き込みが存在する。

バカ人生相談[編集 | ソースを編集]

  1. 草創期からある、長寿プロジェクト。
    • といっても創設から数年くらいはあまり知られていなかった。
  2. ページの1番と100番はそれに絡めた質問がされることが多い。
  3. 明らかに答えを狙った質問があったりする。(アニメのセリフなど)
  4. 世相風刺も多い気がする。
  5. ここ5年くらいは時々更新されるようなくらいに過疎り気味。
  6. 近年、安易な投稿が増えたためそうでもなくなったが、2013年頃までは大喜利チックなものが大半だった。
    • 2020年の人にわかりやすくいうと、チャクウィキ版深田えいみのツイートと言った感じ。
  7. Q100まで埋まったページにはこれ以上質問を掲載することはできないが、回答を書くことはできる。しかしそうしてくれる人はほとんどいない。
  8. 基本的に質問と回答のみがある。回答に対する追加質問や返信などは行われていない。
    • 過去のページへの編集は大抵リンク変更目的。

偽モノの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「偽モノの特徴」において、自分が「本モノ」の特徴だと思っていた事が書かれている事があり、逆説的にその思い込みは勘違いや誤解だった事を知る。
  2. 「こんな○○は嫌だ」との違いがいまいちつかめない。
    • こちらは、実現していない理想も挙げてよい。
      • 実現しそうにない改善案などを吐き出す場にもなる。
    • 本物の特徴からのアレンジ(裏返しとは限らない)がメインなので、ある程度本物の特徴を知っていないと、偽モノの特徴は挙げにくい。
      • 一方で、「こんな○○は嫌だ」は、新たな特徴をまっさらな状態から加えることも容易。
  3. ヘタをすると、その逆説が「本モノ」についての豆知識にすらなっている。
  4. 偽物語ではない。
  5. 他の似たようなコーナーとの違いは、ここが単純な本物の裏返しの内容であるということなのだろうか?
  6. スポーツ系では現役選手と引退選手でページが分かれているので定期的に内容の整理が必要になる。
    • チーム別にも分かれてたりする。これも総覧方式にしたらそれはそれで厄介だし。

似たモノ同士[編集 | ソースを編集]

  1. 「似たモノ同士」は、文字通り「似たモノ」を並べて挙げるというよりは、三段なぞなぞの様相を呈している。
  2. 他のページと比べてあんまり節分けがされていない印象が強い。
    • 特に年のページは節分けがないまま500行くらいまで行った事がある。

存在しないモノ[編集 | ソースを編集]

  1. 「存在しないモノ」は、文字通りありそうで実は存在しないモノを並べて挙げるページだが…
    • 会社名と商品のブランド名の不一致があると挙げられる。
      • 会社名がとてもマイナーだ。
    • 意外にもあれとあれの組み合わせが存在しない、という場合に挙げられる。
    • 「実は略称」という場合も挙げられる。
    • 単なる表記間違いも挙げられる。
  2. 取り挙げられるものは「ありそうでないもの」が主。いかにもありそうな名前だけど実はないものがリストアップされる。

世界各国の人々の反応[編集 | ソースを編集]

  1. 「世界各国の人々の反応」で規制する投稿に、某国のジャパンバッシング、謝罪要求、強姦ネタとあるがこう書いている時点でちゃっかりChakuwikiも某国をディスっている。
  2. タイトルのわりに日本の地方別のネタも普通にある。
    • 一部記事ではフィクション絡みの回答まである。
  3. 有名な「沈没船ジョーク」を様々なシチュエーションに当てはめたものである。

ファンの噂[編集 | ソースを編集]

  1. ファンに関してまとめるページなのだが、どうしても「作品の噂」とごっちゃになりがち。
    • ○○に関して言及して見たから○○へのリンクを付けようかな→[[○○]]が赤リンク、あれないんだ→検索して見たら○○ファンの記事はあったな→[[○○ファン|○○]]にしようっと。
    • それなりに名の知れた作品・グループの記事はファンの噂になっているが、作品の噂になっている記事はそうそうないため。
      • もともと作品の噂ファンの噂よりも後にできたため(ファンの噂は2006年、作品の噂は2011年に独立)。
  2. 野球応援歌の類はその球団のファンの項目に書くのがよさそう。

苗字の秘密名前の秘密[編集 | ソースを編集]

  1. 日本および海外に存在する苗字と名前を語るページ。
    • ただ著名人の名前に関する大喜利っぽくなっているところもある。
      • 苗字の場合は著名人の親戚だったり、名前の場合は著名人にあやかったりするものも多いので、全く無関係ってことは少なかったりするが。
  2. この2ページは、org版のほうが遥かに盛り上がっている。
    • 苗字のほうはね。名前は見たら盛り上がってなかった。

楽曲[編集 | ソースを編集]

  1. 旧サイト末期にできた項目。
  2. ジャンルとしては今のところ歌謡曲とJ-POPが中心。
  3. 正直、執筆難易度の高さは本サイト有数。どう書くのが正解なのか未だに分からん。
    • 1曲という単位で共有性あるイメージを膨らませるとなると、ご当地や作品みたいにはいかないな~といつも思う。聴いたことない人に歌のイメージを伝えるのは難しい。
      • アーティストの噂だったり、アルバムの噂だったりであればもう少し書きやすいのかも。
      • どの季節の曲とか、どこに行くと聴きたくなるとか、脳内BGMに近い書き方もできそう。
  4. 分割しづらくて管理が大変そう。
    • アイマスみたいにアーティスト・作品別に分ける案がいいのかもしれない。カバーやら提供やらの扱いは、またその時に。

関連項目[編集 | ソースを編集]