D.C. 〜ダ・カーポ〜シリーズファン

提供: chakuwiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

全般の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 実際に「願いの叶う枯れない桜」があればいいなと思っている。
    • 桜の樹は年間通して咲くものだと信じている。
      • 「年間通して咲く桜」は実現してしまった[1]。「願いが叶う」機能は未実装。さらなる研究が待たれる。
  2. 初音島のモデルがどこなのか、今もなお探し続けている。
    • アニメでの景色や道の雰囲気から、尾道市だと信じている。
  3. この作品を「曲芸商法の最たるものだ」と馬鹿にするファンが嫌いだ。
    • もっとも、それはむしろメーカーの販売方法に対しての批判だが。
    • パッケージ数が多すぎるせいで、人に薦める時、どれを選べばいいか迷う。
      • 一番最後に出た本編が妥当だろうが、声優が変わったり、蛇足なエピソードが追加されたりと、改悪されている部分があるので、考えるのが面倒になり結局一番最初のを推してしまう。
    • 画集やファンブックも大量に出ていて、やっぱりどれを買ってよいか迷う。
  4. うたまると言えば落語家ではなく猫の方だ。
  5. 無論「ダメーポ」なんて言おうもんなら袋叩きに遭う。
  6. 桜の木関連はもうネタ切れなんじゃないかと不安になっている。
    • (ネタ的な意味で)本当に枯れるかもしれない。
  7. T.P.さくらとは何だったのか…
  8. OPがyozuca*、EDがCooRieという名コンビ(?)には頭が下がるばかりだ。
    • 一部例外があるがほとんどがこの2組。
  9. 原作は18禁ゲームであるが、×××シーンがなくても十分に通用するゲームだと思っている。

D.C. 〜ダ・カーポ〜ファン[編集 | ソースを編集]

  1. 一度、ことりの読心術が欲しいと思ったことがある。
  2. いろんな意味で、音夢は最強の妹だと思っている。
    • 音夢は付属3年1組所属。アニメ版の中の人は3月1日生まれ。
  3. ゲームOPの歌詞に出てくる「約束を交わしたあの人」が誰かわからない。
    • そう思い込んでる人は少なくない…と思う。
  4. アニメ最終話のさくらはもう許してあげてもいいと思う。
  5. 「得意科目はLOVE!」の歌詞はまずい。
    • 大人の事情的な意味で。

D.C.II 〜ダ・カーポII〜ファン[編集 | ソースを編集]

『白河』と『月島』…
  1. 正直言って「if... ~i wish~」(音姫、由夢エンディングテーマ)は名曲だと思う。
    • 「サクラ アマネク セカイ」(アニメ版S.S.のOP)も名曲だと思う。
      • それにしても、「あまねく」は副詞なのに動詞みたいに扱われているのはこれいかに…
      • 「カガヤク アシタヘ」の「ヘ」が平仮名なのか片仮名なのかで迷う。
      • なぜかこの曲だけ間にスペースが入っている。
    • というより、D.C.シリーズの曲はほとんど名曲。
  2. キャラ人気では、音姫派とななか派に分かれる。
  3. アニメ版での小恋の扱いは正直言ってひどいと思う。
    • 「D.C.S.S.」のことりみたいな扱い方だったため、賛否両論を呼んだ。もっともその後の結末は、義之の自業自得だが。
  4. アニメにK12型日産マーチが出てきた。普通に考えたらとんでもないクラシックカーになっている気がするんだが。
  5. 1周目で朝倉姉妹を攻略しようとした人多数。
  6. アニメになり美夏の3サイズが変更されているのは疑問だ。
    • バストが72→75に変更。それ以外は変わっていない。
  7. 都営大江戸線の門前仲町駅の駅名表示板に思わず反応する。
    • 隣駅同士が親友の2人。
  8. 音姫はおとめ座ではない。
  9. さくら(桜)は春生まれではない。
    • さくらはおとめ座である。
  10. 「や、」が口癖の由夢、イニシャルは「Y.A.」である。
  11. アニメ版は声優総入れ替え……のはず。
    • 間違っても声が似ているなどと言ってはいけない。
  12. ●芸商法の神髄、「ありがとうパック」。
    • 「買ってくれてありがとう」の意味。
    • 10周年記念だけに「ありが10」でもいうのだろうか。

D.C.III 〜ダ・カーポIII〜ファン[編集 | ソースを編集]

  1. IIから約6年、ダ・カーポシリーズもついに幕が閉じたと思いきや…
    • やっぱり来ました。
    • 変わらないよ、10年も100年後も~(商法的な意味で)
  2. 色々な意味で世界を変える力になると思う、ダ・カーポ…
  3. 告知と宣伝がやけに多い。
    • 全年齢版になったからというのもあるのだろうか。
    • 制作発表会やスタンプラリー、クリアファイル配布やリアルダ・カーポだったり…
  4. スタンプラリーは別に全国各地を回るわけではない。
    • エリア内に設置されたスタンプを集めるだけ。
  5. クリアファイル配布は後に色々な場所で配布されることになった。
    • ちなみに新宿は10分で配布終了。大行列。
  6. リアルダ・カーポとは…
    • 新聞部に届いた謎のメールを解き明かすというリアルイベント(?)。
    • 新聞部部室は実は渋谷(パルコパート1・6F)にあった。
    • 何だかんだで問題がかなり難しい。団長すら悩むほどの超難問。
      • 団長も必死に解いていた。その辺をウロウロしていた。
      • ネコデアシブミセヨ・リスニワタスナ。
    • yozuca*さん・rinoさんサイン会では、もれなく団長のサイン付き!
      • 2人が退室した後は団長自らが椅子に座ってサインを書いていた。実質団長サイン会。
    • まさかの追試。
      • またもやリスに注意。
      • こちらから初参加の人はリスネタなんて通じないのではないだろうか。
      • リスは公式。リズニワタスナ。
      • 前半と終盤の難易度差が激しすぎる。
  7. 追加要素どころか、バージョンアップ版が出てきた。
    • PSP版も発売予定。
    • 「D.C.III P2」という新作も出るらしい。
      • 2014年春発売予定。だいぶ先である。
      • さらに発売延期になってしまった。
  8. T.T.III。
    • ザ・ターボ。
    • 公式のエイプリルフールネタにも採用されている。
      • 商工会会長はもう許してあげて…
  9. 2013年1月、アニメ化&放送決定。
    • やっぱり。
    • ゲーム→アニメの流れがやけに早い気が…。
  10. 2013年4月26日、ついにR18化。
    • やっぱり。
    • ある意味必然なのだろうか。
    • ご丁寧にも18禁シーン抜きverも発売。
      • 挙句の果てに非18禁版限定主題歌まで実装。

関連項目[編集 | ソースを編集]