e-スポーツゲーマー

提供:chakuwiki
2023年4月14日 (金) 20:18時点におけるYddit (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
  1. 日本のゲーム文化に対する偏見からスポーツマンとして認められていないのが悲しい。
    • それどころか、ゲームに否定的な中・高年層はゲーマーを職業と認める気がない。
      • 自称ゲーマー=ニート
    • 日本語での「スポーツ」って単語の意味が違うからじゃないの?将棋や囲碁もスポーツ扱いされないし。
  2. 間違え無く日本じゃ生活できない
    • 生活するなら韓国かEU圏内…。
    • 2008WCGチャンプの板橋ザンギエフもその後スポンサーが付いたなどの報告無し…。
  3. 日本に存在する「自称ゲーマー」なんて甘いと思う。
    • 時間はともかく質が違う。
  4. 時間の計算にやたら強い。
    • 25秒後、27秒後、35秒後が何分何秒など中途半端な時間を瞬時に計算できないとしんどい。
  5. マウスとマウスパッドとキーボードが消耗品。
  6. Windowsキーはキートップを外してでも無かったことにする。
  7. 他のプロスポーツより引退が早い。24~25で廃業なんて当たり前。
    • 現役期間も数年とかは当たり前。中には月単位で引退なんてのもいる。
  8. 最近は日本でも認められつつあるのがうれしい。
    • ただしそれと同時に元々のゲーム界隈の民度の低さも露呈しつつある。
  9. 将来なりたい職業ランキングにも上位になりつつある。
  10. まともな機材やオンラインゲームの場合は良好なネット環境がなければ話にならない。