Fランク大学/存在意義

提供:chakuwiki

大学群 > Fランク大学 > Fランク大学/存在意義

具体的な大学名を挙げて「この大学はFランクである」とするのはおやめ下さい。

Fランク大学の存在意義[編集 | ソースを編集]

  1. よく「Fラン潰してその金で大学無償化すべき」という声が上がる。
    • Fラン大よりも、看護・自動車整備・美容・調理あたりの専門学校に対する支援を強化すべき、という意見もある。
    • ただ公立化して学費が下がったり、奨学金の基準を下げたり(あるところは英検2級で学費タダ)した結果偏差値が上がったケースもあるので無償化したらどうなることやら。
  2. ぶっちゃけ文部科学行政の失敗の権化。
    • どんな私立のFラン大でも、国庫から毎年それなりの額の補助が出ている。
      • 落ちこぼれの研究者の天下り先でもありますし…。
      • 一方、専門学校に対しては国からの補助が殆ど無い…。(実質的に私塾や予備校などと同類扱いのため)
  3. 歴代文部科学大臣でもFランの乱立と税金の投入を問題視した人が1人だけいる。
    • 意外かもしれないが、それは民主党政権時代の田中真紀子先生。氏は大臣任期中、Fランの新設認可申請を蹴ろうとしたが、メディア(ジャーナリスト)や学者の批判を受けて、結局認可を出してしまった。
      • ここからわかること。それはFランがジャーナリストや学者にとって、重要な利権になっているということである。確かにFランのよくわからない学部・学科の教員・講師枠って結構そういう奴らの天下りとか再就職先になっとるからな。
        • 加えて法人枠は文部科学省の小役人の天下り先になっており(おっと、誰か来たようだ…)
      • 民主党政権ってろくなことしなかったけど、これだけは本当に実現してほしかったわww
        • F欄とズブズブなのはむしろ自民党の大先生たちだからね…。もっとも、そもそも民主党にも自民党から飛び出して移籍してきた大先生も多いわけだが。
          • そういえば田中真紀子先生は自民党から飛び出して民主党だったわな。
          • 直接ズブズブなのは自民党だが、民主党の側にも、支持者に関係者(左派マスコミや左派学者、教職員組合等)が大勢いるので、ぶっちゃけどっちもズブズブ……
            • 与野党巻き込んだ大利権だから、真紀子先生は正論を言ったのに、大臣を引きずり降ろされた……
      • で、一旦不認可を出した3大学のうち2校は、案の定BF判定(河合塾調べ)。1校は田舎の県立の美術大学ということで、偏差値48あたりで推移している(偏差値だけ見てもこの偏差値なら日東駒専・産近甲龍の真ん中くらいの学部と遜色はない。)
        • ニッコマやサンキンクラスなら、Fランに片足どころか肩まで浸かっていると言えなくもないがし、そもそも美大という、特定分野に特化した大学であることを考慮すると……
        • おじいちゃんかな?今の日東駒専・産近甲龍の平均的な学部学科は偏差値55くらいはありますぞ?ちなみに大東亜帝国が偏差値48くらい。
          • 大学受験の偏差値が高校入試マイナス10くらいであることを考慮するならば、日東駒専産近甲龍は偏差値65未満の高校からだと合格するのは容易ではないし、偏差値58未満の高校なら大東亜帝国でも合格できたら敢闘賞レベル。これが現実。何だかんだで高卒や専門学校とはレベルが違う。
            • 偏差値60~65の高校からニッコマやサンキンに合格するのが容易でないって…… それこそおじいちゃんかなと言う感じ。(代ゼミが武道館とか大阪城ホールで入学式やった位に、どこの大学もそれなりの志願者がいた頃の人なら、その辺の大学を難関とか言いたがるのは分からなくもない。)
              • 偏差値60の高校で現役で日東駒専や産近甲龍(マイナーな学科や地方のキャンパスを除く)に合格できる者は学年順位で大体上位3割以内と言われている。浪人アリならもっと多くなるだろうけど。
                • 根拠もないし、だいたい偏差値60の高校といっても、例えば東京と北海道ではぜんぜん違うだろうし、その理論の論理性がなさすぎて、コメントのしようがないわ。
          • ニッコマやサンキンの偏差値ってだいたい53とかだろ。50±5程度の範囲でそういう争いは目くそ鼻くそという。
      • ちなみに真紀子先生の偉大なるお父上様である故・田中角栄元首相は「大学入試そのものは簡単でも構わないが、その代わり卒業をメチャクチャ難しくすべき」と言っていた。
        • なお現実のF大は入学試験はおろか卒業するのも簡単だから、角栄元首相の理念は完全に外れてしまった…。
    • その後の安倍政権では医学部や獣医学部の新設を巡って軋轢を生んだり、専門職大学の区分の新設とかの話ばかり。せいぜい国立大文系科目廃止や中堅私大を狙い撃ちにした大都市部の入学定員抑制などぐらいか。Fラン大関係ない話だなー。
  4. 学校教育行政において、最も価値がない存在。というか、私学助成金という税金投入制度がある以上、むしろ日本国民にとっても日本経済にとっても害悪としか言えない存在。
    • 多分に、Fラン大を廃校するだけで労働者は増えるし、そもそもとりあえずFランでも行っとけみたいなヤカラもいなくなって、きちんと手に職をつけるか、勉強を頑張るやつが増えるので、無くしたほうが遥かに良い効果を産むだろう。
    • 学生数が足りないからと中国や東南アジアから、ひらがなすら読めない若者を留学生として引き連れてくるようなこともなくなるので、治安も向上する。
      • 一応、F大が無かった頃よりも今の方が治安は改善されてはいる。実際、犯罪発生率も下がってきているし…。F大は日本の治安維持にも貢献している。
        • 相変わらず無茶苦茶な論理。Fラン大が治安維持に貢献しているとする証明はない。単純に同じタイミングで警察を始め行政機関が努力したこと、市中での監視カメラの数が増加したこと等が治安向上につながっただけ。
    • そう言えば亡くなってしまったけどコラムニストの勝谷誠彦氏(灘高校早稲田大学文学部卒)も「F欄を潰せ!」と主張していたな。
    • コイツラ潰して、それ浮いた資金で国公立大学や高校、幼稚園、保育園の学費等を無償化した方がよっぽど国民のためだと思う。
    • F欄が悪いのではなく、「とりあえず大学に行っておけ」という風潮が悪い。勉強が嫌いな子に対しては「高卒でも出来る仕事」について中学生の段階で先生が教えてあげる(と同時に普通科ではなく工業高校など職業系の学科への進学を勧める)べきだし、「本当にやりたいことがあるなら」専門学校でも良いよと教えてあげるべきである。
      • 逆に本気で勉強する意志があるのであればF欄でも大学に行くべき。例えば薬剤師免許や教員免許などは大学に行かなければ取れないしF欄でも頑張れば取れる。(ただしF欄の薬学部は脱落者が多い点に注意が必要)
        • 実際、奨学金を借りてアルバイトしながらF欄の薬学部や教育学部で頑張っている学生は沢山います!(あと特待生も)
        • 本気で勉強する意志のある人間なら、そもそも高校のときに受験勉強も頑張っているので、Fラン大なんざにいくことはなく、そういうのは頑張っているとはいわない。(返済不要型奨学金なんて国公立でもマーカンクラスの私立でもやっている。)
  5. しばしば「F欄に行くくらいなら、高卒で就職した方が親孝行」と言われる。これが絶対正しいと言えるかどうかは別として。
    • なおF欄を専門学校に置き換えることも多い。
  6. 上に学歴フィルターの話があるが、近年は採用試験においてこれを撤廃する企業(大手を含む)も増えてきた。
    • そのような企業を目指す場合、F欄卒でも必死で努力すれば東大卒の人たちとも互角に戦える、ということでもある。
      • あくまで「努力が出来る人」に限定されるが、そのような人でもF欄でもチャンスがある、ということでもある!
        • ただし現実的にはその「努力が出来る人」は難関大学や有名大学に多いことを忘れてはならない。
    • ちなみに学歴フィルターが無い企業であっても、大卒と高卒(専卒を含む)の区別はあるので注意が必要である。あくまで東大卒とF欄卒が同じ大卒扱いであるという意味である。
    • そういう千分の一、万分の一のレベルの可能性しかないような話を一般論のようにいうのは、ミスリーディングでありおかしい。学歴フィルターを撤廃したとしても、学生に人気の会社の多くは説明会や採用試験の枠の関係もあり、大学のランクに応じた事実上の優遇策はざらにある。
      • 可能性がきわめて低いながらも全くのゼロではないF欄卒と、そもそもチャンスがゼロの高卒や専門学校では全然違います。もっとも、自動車整備士や調理師、美容師、大相撲力士、芸能人などの学歴不問な世界であればわざわざF欄になど行く必要は無いのだろうけど。
        • 全くのゼロではないから一般論チックに主張するのを、日本語ではただのこじつけとかゴリ押しというのではないかと。
    • まあ「どこの大学を卒業したか」よりも「大学で何を学んでそれをどう活かしたいのか」が評価されるべき社会であるのが正しい姿なので、正解っちゃ正解。
      • とはいえ、有意義な勉強してきた学生の割合は難関大学では高く、逆にF欄では低いってのも事実ではあるが…。
  7. 地元ではFランク大学は意外と歓迎されている。
    • 地域振興やその地域の大学進学率上昇などを目的としてFランク大学の誘致を目指す自治体も多い。
      • 前者は消費が増えるからというのでそれなりに効果があるが、後者は結局、地元でも「○○大学なんかいくくらいなら死んだほうがマシ」と素でいわれるのであまり効果はない。むしろバカ大のあるところという不名誉なネームバリュで近隣市町村から蔑まれるという負の効果すらあるらしい。(とある地方都市の市議会議員談)
        • 地元から見ればネームバリュよりも前に赤字になって自治体財政に影響が出る方がはるかに心配(千葉県の某市を見ながら)。
          • それはものすごくある。だから名誉より収入とか地域振興をとったというので周辺からはやっかみ半分で蔑まれる。また、誘致で使った銭を、経済効果含め地域としてペイできていない事例もちらほら……
    • でもそれはFラン大だろうが早慶だろうが大学が来るなら何でもいいと思っています…。
      • それよそれ。というか、大学でなく企業とか工場とかでも全然構わんと思っている。なので、これをFラン大の存在意義とするのはおかしい。
  8. 何だかんだ言って卒業できれば一応大卒の資格は手に入るから、大半の専門学校よりは行く価値は高いと思う。
    • ただし専門学校でも一部の特別な国家資格(看護師、自動車整備士美容師調理師など)が取れる学校であればこの限りではないが。
      • 例示の資格を取得できるならいざしらず、そうでない専門学校にも価値なんてない。そこと比べてどうといったところで目くそ鼻くそでしかなく、結局どっちにも価値がないということにしかならないかと。
      • なお専門学校でも一定の条件(修学年数2年以上、総授業時間1700h以上、定期試験あり)を満たす学校であれば、専門士の称号が貰える。これがあると大学の3年生に編入することが可能になる。
      • 学歴だけ見るなら一流大卒>Fラン大卒>>短大卒≒高専卒>>専門学校卒≧高卒>>中卒。学歴の無い人がFラン大卒の人に勝つためには学歴を度外視できるレベルの人間的魅力や特殊なスキル、資格を持っておく必要がある。
  9. 本気で勉強する意志がある人なら、F欄であっても大学に行くべきだと思う(専門学校も同様)。問題なのは「別に勉強はあまり好きではないが、高卒で就職するのはもっと嫌だ」という消極的な理由でF欄や専門に行く人たちである。
    • 勿論Fラン大生全員では無いのだけれど、そういう連中の逃げ道として利用されるケースが多いのも事実ではある。専門学校も同様。
    • 一部の不届き者のせいで、真面目に頑張っているFラン大生まで白い目で見られてしまっているのも事実。悲しいね…。
      • そもそもFラン大の場合、その一部が一部ではなくほとんど。
  10. 別に入学試験は簡単であっても卒業試験をメチャクチャ難しくすればF欄でも存在価値は高いと思う。
    • もっとも、卒業難易度を思い切って上げてしまうと、ただでさえ高いF欄の中退率がさらに上がってしまうわけだが…。
      • 実際、F欄の歯学部や薬学部だとストレート卒業率が入学時の半分未満という大学も少なくない…。
  11. ひろゆき(西村博之)氏は「Fランクでも良いから大学には行くべき。専門学校は(一部を除いて)行く意味が無い。」と言っていた。
    • ただし「何かしらの夢があって高卒で社会に出るとか専門学校に行くことを否定はしない」とか「留学生だらけのF欄って存在価値あるの?」などのフォローも加えてはいる。
  12. マジレスすると単に偏差値が低いというだけなら、その大学に存在価値が無いという理由にはならないと思う。偏差値が低くても良い大学は沢山存在するのだから。
    • ただしこれが「そもそもその大学の経営体質自体に問題がある」とか(ひろゆき氏も言っていたように)「海外からの留学生で学生数を稼いでいる」などの理由ならまた事情は変わってくる。
      • 実際、それらの理由で本当に潰れた大学も何校か存在する。
  13. 正直ここまで読んでFランの存在意義を見出すことはできなかったのは私だけだろうか。すべて、ほかで代替できるし、あえて大学という機関としてやる必要のあるものは一つもないので。

関連項目[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]