J3リーグ

提供: chakuwiki
FC今治から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

Jリーグ > J3リーグ

明治安田生命 J3リーグの噂[編集 | ソースを編集]

  1. 意外にも早くできた3部リーグ。
  2. 大人の事情で「Jリーグ ディビジョン3」ではなく「J3リーグ」になった。
    • ロゴもJ1、J2とは別のものが作られた。
    • 2015年に「J1リーグ」と「J2リーグ」が正式名称になるよう変更されたので、リーグ名の違いはなくなった。
  3. 初年度クラブ数は11(+ U22選抜)だが、そのうち「J3オリジナル11」と呼ばれるようになるんだろうか。
    • ↑の11クラブの内、町田鳥取の2クラブは、J3リーグ以前にJリーグ在籍経験がある。
  4. 2016年からG大阪C大阪FC東京のセカンドチームが参入する予定。
  5. J2からここへ降格したクラブは復帰まで最低3年を要すると言われている。
    • 2016年、大分の優勝によって打ち破られた。
  6. 2015年までは外国人枠がJ1・J2と異なり2+1(東南アジアのJリーグが提携している国の選手)枠だったけど、2016年からは同じになった。ちなみに入れ替え戦の時はホームチームのリーグのルールに合わせていた。
  7. このリーグに属したら、天皇杯予選はそれぞれのクラブが属する各都道府県予選から参加する事になる。
  8. 意外と新規参入クラブ数が多いため、J3が20or22クラブに達したら、早々にJ4リーグかJFLが1部・2部制になるのでは?と言う見解もある。
    • 東西に分けるというのもありかも。
      • 東西の格差はどう是正しましょうか…。
  9. 「スタジアムグルメが不味い」だけならまだしも「スタジアムグルメそのものがない」ところもある。

クラブ別の噂[編集 | ソースを編集]

ヴァンラーレ八戸FC[編集 | ソースを編集]

  1. ある意味、福島ユナイテッド以上に県単位のサポートは絶望的である。
  2. 2014年に発足するJ3参入を目指し、2013年に準加盟申請するそうです。
    • なおコアサポの間では「スタジアムも動員も無いのに無理だろ」で統一見解が出ている模様。
    • 準加盟申請が通ったときはサポーターの間からも「おいどうすんだよこれ・・・」という声も聞かれたとか。
    • 流石にスタジアム要件はクリアできなかった模様。八戸東運動公園で通る訳ねーだろjk。
    • 多賀地区に5000人超の球技場をつくる話もある。(J3仕様)
      • 2016年10月に球技場が完成。
  3. サポーターに謎のマスクマンがいる。
    • ちびっ子には何故か人気。
    • 最初は1人だけだったのに、いつの間にか3人に増えていた。
      • 挙句の果てにスタジアムDJから「動物園」だの「魑魅魍魎」呼ばわりされていた。
    • マスクマンは他サポにも人気。記念撮影にも気さくに応じてくれる。
    • マスクがアレなので、やきうの阪神戦(特に@Koboパーク宮城)にも出没したらメッチャちやほやされるんだろうなあ…。
  4. 東北2部に在籍中、全勝優勝したのに昇格できなかったシーズンが存在する。
    • 誰が悪いという訳ではないが、この年はシーズン終了後に選手の半数近くがチームを出て行った。
  5. 2013年の東北社会人リーグを混沌に叩き込んだ元凶。
    • 前半を全勝で折り返し、後半はグルージャとガンジュ相手に1分1敗。勝ち点では決着が付かず、得失点差で優勝を逃した。
      • 東北1部昇格1年目の話である。
        • そして1年で東北1部を卒業。お隣が10年かかってついにJFLに行けなかった事を考えると快挙である。
          • 確かにお隣はJFLには行けなかったが、J3には「飛び級」で行けたよ。
  6. 北海道内にコンサドーレ札幌以外にJを目指すクラブが無いので実質隣県のここが道内の大学出身選手の受け皿になっている。
    • 隣のラインメールでも同様。
  7. 現行のJFLになってから最北端のチーム。
    • 3月上旬に八戸に送られるチームは選手もサポも寒さ対策を万全にしないと辛い。
    • 昇格初年度、待望のホーム開幕戦が大雪で中止
      • この年は例年より雪が多くて、試合が予定されていた日も雪が降っていた。
    • まさかこれが同県のチームで更新されることになるとは…。
    • 2016年から青森がJFL昇格するので、微妙に最北端ではなくなった。なお県内でダービーが開催される訳だが、呼称としては「青森ダービー」と称して良いのだろうか?信州同様、県内でも地域間対立ありそうなので…。
  8. 甲府と名前が一文字違いでややこしい。
    • 2017年天皇杯ではその甲府にジャイアントキリングかました(笑)
      • 次の名古屋グランパス戦は雷雨中断で65分試合と25分試合と2試合に分かれて実施されたが、1-2で惜敗。
        • 当時の八戸サイドのゴール裏はJFL連合軍と称して、様々な他クラブのレプユニ着用者がいた。
  9. クラブエンブレムもマスコットもイカまみれ。
  10. 市川大祐選手獲得にサポどころか青森県内のサッカー好き全てが驚愕した。
    • そしてこのクラブで現役引退した。
  11. 2016年シーズンに「UFO召喚イベント」を行った。
    • なお、UFO出没したら試合中止と告知していた。
      • しかし、何か起きた訳でも無く試合は実施された。
    • ついでに、東スポの記事にもなった。
  12. 2017年は翌季のJリーグ入りがお預けになったばかりではなく、最終戦で地域リーグ降格決定していた栃木Uに勝利の餞を送ってしまった。
    • その翌年にリベンジ達成。
      • 2019年は東北からJ空白県が消える。
  13. JFL時代はバスで九州・宮崎まで移動していたと言う…。身体のあちこち痛かったろうな。
    • LCC利用と言う手は無かったのだろうか?
  14. 2019年天皇杯で松本山雅FC相手にジャイキリ達成。

いわてグルージャ盛岡[編集 | ソースを編集]

  1. トラブルが尽きない。
    • ここと喧嘩別れして出来たのが「FCガンジュ岩手」で、さらにガンジュと喧嘩別れして「アンソメット岩手・八幡平」ができた。どんだけ分裂すんねんorz
      • 沖縄かりゆしFCFC琉球の関係より酷いな。w
        • グルージャのゴール裏は『心ひとつに』という横断幕を掲げているが、この一連の流れを知っていると乾いた笑いしか出てこない。
      • アンソメットは活動休止。当時の監督が詐欺容疑で逮捕されました。
      • ガンジュ岩手も代表者が二転三転し、東北地域リーグ1部から陥落しそうなほど弱体化でどうやらグルージャに県協会の精力をつぎ込めるようになった模様。
  2. 名称が某国に似ているので、その国の選手を獲得したりして…。
  3. 地域リーグでは安定した成績を残しているものの、決勝大会で負けて昇格を逃し続けている。まるで隣県のJクラブのようだ。
    • 2010年は決勝ラウンドまであと1点足りなかった…。
    • 2013年、ついに決勝ラウンド進出を決める。
      • その甲斐あってか、J3クラブ唯一の地域リーグからの飛び級昇格が認められた。
    • 2016年天皇杯では岩手出身のベガサポもこの試合ばかりはグルージャ応援に回ったそうな。
      • その試合はまさかの5-2で勝利。
  4. 下部組織のイストリアが2010年未明に解散。
  5. グルージャホーム時の岩手県営運動公園陸上競技場は魔境である。
    • 荒れた芝に加え、審判の謎裁定が発生する。それも1回や2回で済めば御の字のレベルで。
  6. 2016年に明治大学サッカー部でインテル長友らを輩出させた監督が就任。
    • 2020年は秋田豊が監督に。岩手なのに秋田…。
      • その秋田監督が就任前に出演していた「あさチャン!」(TBS)で取り上げられるようになった。
  7. 1STチームカラーは白であると主張している。
    • 当初は南部鉄器を表す黒にするつもりであったが、諸事情で白にした。
  8. 東北リーグからJFLを経ずにJ3リーグに加盟したので、Jリーグのクラブ(前身含む)ではU-23を除いて唯一Jの門番であるHonda FCとの対戦経験がなかった。
    • 2016年の天皇杯で初対戦したが、門番と呼ばれるクラブの壁は厚く敗北した。
  9. マスコットが折り鶴のキヅール
    • 性別は「紙」らしい。
  10. 2017年途中から北上市もホームタウンに。
    • 2019シーズンより岩手県全域がホームタウンに。チーム名・略称・エンブレムも変更される。
  11. ラグビーW杯終了後は釜石の鵜住居復興スタジアムも使用するとか…。
  12. メディアによって略称が「盛岡」だったり「岩手」だったり。

福島ユナイテッドFC[編集 | ソースを編集]

  1. 2007年、Jリーグに準加盟申請したものの受理されなかった。
    • 2013年にJ3加入を狙い再び準加盟申請。
  2. 県内対立があるため、県単位のサポートは絶望的である。
    • ダブルフランチャイズにすれば。
      • 実はホームタウンは福島市のみ。伊達市郡と二本松は普通に入れられる気がするのだが。
        • 2017年5月から会津若松市をホームタウンに追加。
          • これでサポーターの山口に対する感情は(ry
      • 一応、エンブレムには県の全体図が書かれている。
  3. 東北リーグ1部昇格でかなり評価が変わった。郡山市偏向メディアのFCTとKFBでも取り上げられるという快挙。
  4. 2009年第89回天皇杯にて、J2首位のセレッソ大阪を倒した。
  5. 現時点での県北は圧倒的にJ1仙台のファンが多数となっている。仮にJFL・J2に上がったとしてもフランチャイズの場所次第ではあまり人気が出ないかも…
    • 県北人だけどベガルタが話題になっている場面に出くわしたことがない。
      • 萬代がいた時くらいだろう。
    • まあ無理なら二本松にスタを作れば良い。
  6. 2012年の地決では決勝ラウンド2位でJFLへの昇格が決定。
  7. 監督が現役時代に所属していたためか湘南との関係が深い。
    • むしろ、監督の前歴とか恐らく関係なしに湘南と公式に提携を結んでいる。
    • その縁でベルマーレのホームスタジアムで主催試合を行った事がある。
    • 2017年から監督している田坂氏も現役時代は元ベルマーレか。
      • 福島の公式ファンクラブに入ると、湘南の招待券が1枚もらえる。
  8. 2014年のホーム・ガイナーレ鳥取戦でリーグ史上最少観客動員数(504人)を記録してしまった…。
  9. J3昇格後は、専用スタジアムを福島市内につくる話もある。
  10. 試合中継のFMポコの実況と解説がフリーダム。九州はどうやら月より遠いらしい。
  11. 2017年以降公式戦で格下リーグのいわきFCになかなか勝てない。

横浜スポーツ&カルチャークラブ[編集 | ソースを編集]

  1. 当時の全日空横浜クラブを退団した選手が「横浜サッカー&カルチャークラブ」として設立。
  2. NPO法人である。
  3. 愛称は「NPO Y.S.C.C.」。
    • 今後は「横浜SCC」という表記が増えそう。
    • Jリーグでの呼称が「Y.S.C.C.横浜」になりました。
  4. さまざまなスポーツがある。
    • ここのフットサルチームはF2リーグに参戦している。
  5. JFL昇格を目指してる。
    • 地域リーグ決勝大会2年連続で決勝ラウンド進出…タフなチームだ。
    • 2011年、3度目の正直でついにJFL行きが決まる。
  6. 2015年、J3創設から2年連続リーグ最下位を喫した。沼津と入れ替えた方が良いと言う声も。
    • 2016年で3年連続です。沼津も2017年にJに来ます。
    • なお4年連続は回避。よかったですね。
      • でもやっぱり沼津の方が強かった…。
  7. ニッパツ三ツ沢でのホームゲームではメインスタンドしか使用しない模様。

AC長野パルセイロ[編集 | ソースを編集]

AC長野パルセイロ

カターレ富山[編集 | ソースを編集]

カターレ富山

FC岐阜[編集 | ソースを編集]

FC岐阜

アスルクラロ沼津[編集 | ソースを編集]

  1. 人間力こと元ジュビロ磐田監督・山本昌邦氏の実弟がクラブ代表者。
  2. まさかのゴン中山現役復帰。
    • しかし、2015年試合出場0であった。
  3. 静岡県東部のサッカー熱を上げられる存在として期待したい。
    • その前にホームタウンを舞台にしたあのアニメの熱が急上昇するような気がする…いつかコラボしてほしいけど…流石にないか。
      • アニメのOPがサポのチャントに採用された模様。
        • 結果、アニヲタがゴール裏を絶賛汚染中、まともに応援しない、寝転がってネタをやるだけで他サポから白眼視
    • 2018年9月、ついにコラボ実現。渡辺曜の中の人もゲストで登場。
  4. J3のYS横浜よりは強いのでは?と言う指摘もある。
    • J3昇格後もずっとYS横浜より順位は上(19年は1つ上なだけだったけど)。
  5. 2015年は5位で惜しくもJ3昇格を逃した。
  6. 2016年に年間順位で3位に入り、ついにJ3昇格を決定。
    • 意外と速かったね。あとはJ2規格以上のスタジアムができれば…
  7. とてもじゃないが名前をすぐには覚えられない。
    • ホームスタジアムの愛鷹(あしたか)広域公園多目的競技場も同じく。
  8. 既存のJクラブではサポーターは清水エスパルスとの掛け持ちが多いと思われるが、クラブ自体はジュビロ磐田との結びつきの方が強い。
  9. J3加入1年目にしては結構強い…!
    • 山口鹿児島も初年度は強かったね。「J3二年目以降、JFLから昇格して来たクラブの初年度は強い」と言うジンクスでもあるのかな?
      • 肯定的な意味で「ジンクス」と言う単語は通じない。普通に「法則」で宜し。
  10. 2018年は、メインスポンサーがやらかした

藤枝MYFC[編集 | ソースを編集]

  1. 藤枝ネルソンCFを母体に立ち上げたチーム。サッカー育成コミュニティサイトのMYFCが運営する。
  2. 2009年は県1部をブッチギリで優勝した筈なのに、他の試合での審判の派遣をすっぽかしたため5つ順位降格のペナルティを食らってしまったので、もう1年県リーグでやることになってしまった。
    • が、静岡FCと統合し、めでたく(?)昇格決定。
    • ここは運営方針や戦術方針をネット上で投票して決める形を取っているが、何の前触れもなく統合が決まったため、相模原と同じく「地域リーグ舐めんな」と言われだしている。
    • しかも公式リリースでは県1部のチーム(旧藤枝ネルソン?)を捨てる気満々とも受け取れる文面が見受けられる。
  3. 2010年はリーグ優勝をはたしたものの、地域決勝は1次リーグ敗退。旧静岡FCのDNAは見事に受け継がれたようだ。
  4. 2011年、地域決勝大会決勝トーナメント2位でついにJFL行きが決定。
  5. J3入りしてからはたまにエコパを使用する事があるが、ヴェルディ主催の味の素スタジアムでの公式試合でもビックリの空席数や空席率を誇る(?)事がある。
  6. 2015年、天皇杯でJ1の清水エスパルスを倒したが、相手が降格まっしぐらなチーム事情のため「ジャイキリ」かどうかファンの間でも微妙な評価だったりする。
  7. 2017年、GK不足のためGKコーチのシジマール氏も登録された。
    • しかし、出番ないまま登録抹消された。出番があれば、「カズ超え」していたところだった。
  8. 2人目の東大卒Jリーガーがいた。
    • 添田隆司。2017年に関西サッカーリーグのアミティエSC京都へ移籍し、その年引退。
      • 現在はおこしやす京都AC(アミティエSC京都が改称)の代表取締役社長。
  9. 2018年にデビューしたマスコットの名前は「蹴っ飛ばし小僧」。適当すぎるのでは。
  10. 2019年は石崎信弘監督とデカモリシ効果で上位争いに絡めているが、J2ライセンスが…。
    • 最終成績は2位の群馬と勝ち点63で並ぶ3位でフィニッシュ。
旧静岡FC
  1. 本拠地は静岡市。
  2. カズの父が設立した。

ガイナーレ鳥取[編集 | ソースを編集]

ガイナーレ鳥取

カマタマーレ讃岐[編集 | ソースを編集]

カマタマーレ讃岐

FC今治[編集 | ソースを編集]

  1. 2008年までは、愛媛しまなみFCだった。
    • 2009年から愛媛FCのアマチュアチームに。
  2. チームカラーは黄色だがオレンジに変更か?
    • Jリーグだけでなく四国リーグでも徳島対愛媛が実現。
  3. 一旦、県リーグに降格した。
  4. 1976年設立。2009年-2011年は愛媛FCの下部組織「愛媛FCしまなみ」として活動。
    • 愛媛FCしまなみ時代は登録選手の大半は25歳以下。試合経験を積ませ、戦力強化を図る目的で愛媛FCとプロ契約後に愛媛FCしまなみに「移籍」した選手も。
  5. 2012年の天皇杯でJ1で2位のサンフレッチェ広島を2-1で下すジャイキリ達成!!地域リーグのチームがJ1に勝利するのは松本山雅が浦和に勝ったのを含めて2回目。
    • ちなみにそのときの監督は元広島。燃えただろうな。
      • 2019年から指揮する小野監督も元広島。
  6. エンブレムのかわいさはおそらく日本一。
    • だったのだが、岡田武史のオーナー就任によりそんな可愛いエンブレムも姿を消してしまったのでした…。
    • バリィさんはエンブレムから外れたもののスペシャルサポーターに就任しており、FC今治のグッズにバリィさんのイラストが入っているものもある。
  7. 2014年11月に岡田武史氏が株の過半数を持ち、実質的オーナーになった。
    • ココの社長と岡田武史氏が早稲田大学のサッカー同好会の先輩と後輩だった事から実現。
  8. 2017年、「マチュピチュ」と呼ばれる秘境でホームゲームを行った。
  9. しまなみ海道の対岸にある広島県でもホームゲームを行う。
    • 「ありがとう夢スタジアム」が出来るまでは西条や広島でホームゲームをしていた。
  10. 2017年、開幕戦でスポンサーであるEXILE系の人たちを呼び、サポからは顰蹙を買う。
  11. 2018シーズンでJ3昇格を逃し、J2からJ3に降格したお隣のクラブとの四国ダービーの夢は実現しなくなってしまった。
    • その悔しさを糧に青森共々、ムキムキ補強をしている。
      • それを思うと、八戸JFL脱出J3昇格を良いタイミングでしたと思う(笑)
    • 2019年に無事、J3昇格を決めた!
  12. ホームスタジアムは、今治新都市の「ありがとう夢スタジアム」。
    • 更に近くの市有地を借りて新しいスタジアムを建設予定。
    • ホームゲームの時には、近くのイオンモールから夢スタまで連絡バスが運行されている。
    • 岡田オーナーは「ゆくゆくはからスタジアムまでモノレールを通そうと思っている」と語っている。流石に冗談だろうが・・・。
  13. 岡田武史氏がオーナー就任により、スポンサーは年々豪華に・・・。
    • 大手総合商社や某大物アーティストが所属する芸能事務所、大手お笑い事務所など有名企業がスポンサーに。。。
      • 地元企業のスポンサーも増えていて、店先などにFC今治の旗やポスターを掲げている企業や商店も結構いる。

ロアッソ熊本[編集 | ソースを編集]

ロアッソ熊本

テゲバジャーロ宮崎[編集 | ソースを編集]

  1. 2017年よりあの石崎信弘が監督就任。
    • 同年にジュビロ磐田からデカモリシが加入。
      • その翌年途中からノブリンもデカモリシもいなくなった。
        • ノブリンとデカモリシは2019年から藤枝に。
  2. 百年構想クラブに認定された(2019年2月)。あとは新富町の新スタジアムが完成すれば…。
  3. 2020年にJFL2位で昇格決定。
    • 2010年の時点では宮崎県だけJを目指すクラブがなかったらしいが、そこからごぼう抜きでJ3参入を決めた。

鹿児島ユナイテッドFC[編集 | ソースを編集]

鹿児島ユナイテッドFC


関連項目[編集 | ソースを編集]