GMOインターネット

提供:chakuwiki

GMOインターネットの噂[編集 | ソースを編集]

  1. 前身はダイヤルQ2を利用したインターネットサービスのInterQ。
  2. 後にグローバルメディアオンラインを経て現社名。
    • 現在のGMOという社名も旧社名(GlobalMediaOnline)の略。
  3. 近年は金融に力を入れている。
    • 楽天とかKDDIなんかもそうだけど、ネット・通信関連企業って、ある程度軌道に乗ってくると、だいたい金融分野に進出したがるよね。特に個人向け金融は、ITと親和性が高いから、当然といえば当然なんやけど。
  4. ベッコアメ個人向けサービスも現在はここに譲渡されている。
  5. 陸上部が創設された。
    • 駅伝から撤退したDeNAに代わり駅伝にも参戦。
  6. ここの株主になると、Office365を実質1,000円/年程度で使うことができる優待をもらえる。
  7. 親子上場やりまくりで、ソフトバンク同様、批判が多い。
  8. キュゥべえの目に似ている事で話題になったGlobalSignはここの系列。

GMO TECH[編集 | ソースを編集]

  1. ネットマーケティングの会社。

GMOペイメントゲートウェイ[編集 | ソースを編集]

  1. GMO系の決済事業者。
  2. 上得意先は年金機構とNHK。
  3. お家芸は個人情報流出。
  4. 最近のマイブームは、ちょっとやる気ある地銀にポンコツモバイル決済のOEMを提供すること。
    • これといったインセンティブがないのに、無理やり使わされるであろう社員がちょっと不憫に思う。特にゆうちょ
      • 名目上交通系ICみたく、どの銀行でどの口座を使ってもいいらしいが、使えないとの報告がネット上にはある…。
    • なお、もっと情弱な地銀はみずほと提携する。

GMOフィナンシャルホールディングス[編集 | ソースを編集]

  1. 事業の中核はGMOクリック証券。
  2. あおぞら銀行と共同でGMOあおぞらネット銀行とやらを立ち上げたが、実態は、あおぞら信託銀行株式の14%程度を分けてもらっただけ。
  3. 日本企業では珍しい四半期配当を実施している会社。
    • ここの場合、配当予想は出していないし、前期や前四半期の配当実績に関係なく、当期の業績に応じて配当を出す姿勢のため、配当額のムラが激しい。

GMOクリック証券[編集 | ソースを編集]

  1. ネット証券の1つ。
  2. いつまでも5大ネット証券に割って入れない。
  3. 2018年頃、他社が株式売買手数料値下げに走ろうとする中、なぜか、値上げした。
  4. GMOあおぞらネット銀行との間で資金の即時振替ができたりする。多分某ネット企業の傘下証券会社のサービスをまねたんだろうと思う。

GMOコイン[編集 | ソースを編集]

  1. いわゆる仮想通貨交換業者の1つ。
  2. FC琉球のオフィシャルパートナー。
  3. 多分、取引所取引をやったときの取引手数料がマイナス0.01%とかいうことになることがあるのは、日本の暗号資産交換業者の中ではここだけ。取引したらたまに銭が入ってくるというのは、微々たる額でも利用者には嬉しい。
    • どうでもいいけどあれで受け取った銭って、雑所得扱いでええんやんね?
  4. Bitcoinとかを、複数回に分けて難平買いとかして買ったとき、取得単価を算出してくれないのが極めて不便。

GMOペパボ[編集 | ソースを編集]

  1. 創業者がベンチャー起業家としては一流だけど胡散臭い。
  2. レンタルサーバーの会社。
    • 旧名paperboy&co.。
  3. ロリポおじさん。
  4. 社長が鹿児島出身で鹿児島にも拠点があることから、鹿児島の企業に準じる扱いをされることがある。
    • 社長の出身地で拠点があるからってだけで、その地の企業扱いは、ちょっと無理があると思う。
      • つまり無理があっても「ちょっと」程度なので、やはり鹿児島の企業に準じる扱いをされることがある。
        • 「ちょっと」というのはあくまでも言葉の綾であって、正直無理がありすぎると思っております。
      • つまり、ちょっと無理があるので、あくまでも「準じる」程度である。
    • 創業地は福岡で現在の本社は東京だからな…。
  5. ペパやペポパではない。ペパ
    • 上にある通り「ペーパーボーイアンドコー」が前の名前だが、それを頭に入れておかないと間違いやすい。

GMOサイン[編集 | ソースを編集]

  1. 法的に有効な電子印鑑の普及をしようとしている会社。
  2. SSLサーバ証明書の会社。
    • 本邦におけるシェアで見ると過半数。

GMOくまポン[編集 | ソースを編集]

  1. GMOグループのポイント関係を取り扱う会社。
  2. GMOグループの創業者の名前が熊谷正寿だから、ポイントを熊谷ポイント略してくまポンという、安直もといわかりやすいネーミング。
    • 熊本を想起させるのに関係ないという。
      • 「くまモン」と母音が被るので、「くまモンポイント」のように思われているかもしれない。
      • 由来は上記の通り「熊谷」だが、もちろん埼玉熊谷市も関係ない。

GMOフィナンシャルゲート[編集 | ソースを編集]

  1. GMOペイメントゲートウェイと紛らわしいが、ペイメントがオンライン取引や金融機関相手が中心に対し、こっちは実店舗を担当。
    • ぶっちゃけ三井住友カードが直で取り扱いたくないクソ加盟店を中心に担当。
    • ただQR決済はペイメント側が担当している…。分ける意味あんのか?
  2. サブウェイでクレカや電子マネー決済すると、GMOと書かれたレシートが貰えるがここと契約してるから。
    • この端末、安普請に欧米製の端末をそのまま使ってるので性能が恐ろしくポンコツ。自動カッターもないので、レシートの端はガタガタ。
      • そもそもCastlesはTWだ。

GMOグローバルサイン[編集 | ソースを編集]

  1. 電子認証とかンライン本人確認サービスなどの会社。
    • 情報セキュリティとかID管理なんかも主軸に据えている。
  2. ネット関連で馴染みがあるところだとSSLサーバー証明書の発行とかそういうの。
  3. もともとベルギーで官民一体事業としてやっていたのが会社組織化して今に至る。
    • GMOグループに入ったのは、M&Aによる企業買収。
    • そんなわけで、ベルギーやイギリス等、欧州各国でのシェアは高い。

GMOリサーチ[編集 | ソースを編集]

  1. アンケートサイトをやると頻繁にみる「連続日記調査」の運営もと。
  2. 一応最大3000ポイント貯められるが人数に制限がある。