Gamma Rayファン

提供: chakuwiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ファンの噂[編集 | ソースを編集]

トークに、Gamma Rayファンに関連する動画があります。
ステージの幕
  1. アーライ!
    • ファンがこよなく愛するシャウト。リーダーのカイ・ハンセンがHELLOWEEN時代から使っているもので、実際は「オーライ(All Right)!」と叫んでいるみたいだけれど、その独特の声と相まって「アーライ!」と聞こえる。その為日本のファンの間で広まった。
      • 何とここにきてガンマのベスト盤の国内向けタイトルが『アーライ! - 20イヤーズ・オブ・ユニヴァース』と名付けられた。通称「アーライベスト」か。
    • 楽曲では人気ナンバー1の疾走曲「MAN ON A MISSION」の冒頭でその叫びが聴けます。
    • 他にも「マーダラー」(HELLOWEEN時代の楽曲『Murderer』から)、「ライザスカイ!」(同じくHELLOWEEN時代からの楽曲『Ride The Sky』から)、「ラーイナウ!」(ゲスト参加したANGRAの楽曲『The Temple Of Hate』から)などがファンの定番語句。
    • カイVo.の楽曲はネタの宝庫
  2. 元HELLOWEENファン。
    • HELLOWENNを脱退したカイ・ハンセンが自らのバントとして作ったのがこの「Gamma Ray」。ファンの多くはリーダーのカイ・ハンセンのファンとイコールだと言っても過言ではない、かも。
      • ただ最近はヘニユにダークにダンとメンバーも固定されているし、カイ先生以外のメンバーも曲を書くので、ようやく「カイ・ハンセンのワンマンバンド」から卒業してきた感がある。
        • ドラムのダンは脱退、新たにマイケル・エーレが加入した。
    • まぁ実際はHELLOWEEN時代から並行して応援しているファンが多いと思う。
      • アンディ・デリスの加入でより万人向けになったHELLOWEENに対して、一貫して漢臭いゴリ押しメタルを作り続けるガンマ、元々1つのバンドだっただけに共通する部分はあるものの、やはりそれぞれに違った進化を遂げた。
  3. ボーカルはカイ先生に限る。
    • HELLOWEEN時代にマイケル・キスクの加入まで、その強烈かつ個性的な声でボーカルを執っていたカイ先生。当時は「下手」だの「音痴」だの「ジャイアン」だの批判を通り越してネタにまで登り詰めたその歌もファンにとっては堪らない。
      • 通称「魔女声」と言われる独特な声に、最近では音程も安定してきて、最早カイにしか唄えない歌が多数を占めている。
    • 逆にガンマでは当初ラルフ・シーパース(現PRIMAL FEAR)がヴォーカルを執っていた。ラルフ脱退後、仕方なくなのか意気揚々となのかは分からないけれど、再び創設時のHELLOWEEN以来となるギター兼ヴォーカルとしてセンターに立つ事になった。
    • 時期は違うけど同じくHELLOWENNを脱退したキスク待望論もあるにはある。コアなファンは多分あんまり望んでないんじゃないかと思うけど。
      • 「UNISONIC」というサイドプロジェクトでカイとキスクの2人が待望の共演、かつてのキーパー曲も披露した。
  4. 『LAND OF THE FREE』は名盤。
    • 確かカイ先生が再びボーカルを執る様になったのもこの作品からだった。
  5. ギターのヘンヨ・リヒターの事をどうしても「ヘニユ」と言ってしまう。
    • ヘニユヘニユ言ってたら、実際の発音は「ヘンヨ」らしい。同様にベースのダークも「ディルク」が正しい発音らしい。
  6. 最近カイ先生がピンクのVをあまり使わないのが寂しい。
    • カイ・ハンセンと言えばESP製のピンクのV(フライングV)がトレードマークだったのに、最近は多分違う会社の黒いVをよく使っている。
  7. ハンブルクの殺人鬼。
    • カイ先生に向かって「ハゲ」だの「音痴」だの「あの曲はパクリ」だの「あのギターソロはパクリ」だのといった事実無根(?)の悪口はもちろん禁句。確実にマーダラーされる。
    • 2ちゃんねるのカイスレで、どさくさに紛れて「hage」進行してる香具師ももちろんマーダラーされる。
    • ノノ⌒\<マーダラー!
  8. 空耳の「Armageddon」は伝説。
    • 愛してんだろ?愛してんだろ?愛してんだろ?
      • 実際の歌詞は「I Stand Alone」です、念の為。
    • アッー!
  9. HELLOWEENとのジョイントライヴにはもちろん駆け付けた。
    • 先攻がガンマ、後攻がHELLOWEEN、アンコールで両バンド全員による演奏という贅沢な構成。選曲や構成が今一だったヘッコに比べてガンマはコンパクトに美味しい曲を並べかなりやりきった感があった。(@東京厚生年金会館
    • カイとヴァイキーの仲が1番のネックだと思われていたものの、建前なのか実際にそんな事はなかった模様。ちょっと前にヘニユ引っこ抜かれ掛けたけど、あれも大きな遺恨にはならなかったらしい。
    • その後再びタッグを組んでワールドツアーを回るなど、ここ最近の関係は良好らしい。
  10. ハg(ry
    • 禁句。確実にマーダラーされる。とは言ったものの正直ここ最近の不自然な2323具合はツッコまずにはいられない。
  11. パク(ry
    • これも禁句。どこかで聴いた事のある曲やソロやアルペジオなど、気が付いても指摘してはいけない。オマージュです。
    • むしろ元ネタのバンドも好きになる。
      • Judas PriestやIron Maiden辺りを聴いてるファンは多そう。

関連項目[編集 | ソースを編集]