愛知県内JR関連路線延長・新線

提供: chakuwiki
JR中部国際空港線から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
SelfishMark00.jpg このページは、「勝手」に鉄道を敷設したり、関連施設の建設を考えているページです。
実在するものとはなんら関係がありません。

渥多線[編集 | ソースを編集]

  • 渥美半島と知多半島を陸路で結ぶ路線。
三渥田田新休渥篠師内内内東河武武 
河美 原田暇美  海海 内 豊 
田口 市原村半  口口 海 口 
原 原   島島崎南 海 和 豊
●━●━━━━●━━━●━━━● 特別快速
●━●━●━━●━━━●━●━● 快速
●●●●●●●●●●●●●●●● 各駅停車
  1. 豊鉄は名鉄の子会社だから、吸収・合併する。
  2. 河和-豊丘-北師崎-師崎-日間賀島-篠島-伊良湖岬-赤羽根-三河田原(-やぐま台-大清水-南栄-豊橋(太字は特急、斜字は急行停車駅)

飯田新線[編集 | ソースを編集]

  1. 新城から飯田まで静岡県を通らないルートでショートカットする。
  2. 全線複線で建設
    • リニア開通後の連絡線の役割を考慮しつつ、飯田線列車速達化を図る。
    • 既存の飯田線区間は新城まで複線高規格化改良に加え、一部駅をワンマン列車以外全列車通過とする。
      • 飯田新線経由列車は全列車車掌乗務とする。
  3. 駅:新城-牛倉-北大海-玖老勢-三河海老-三河神田-振草-豊根-坂宇場-川宇連-阿南-和知野-伊那早稲田-富草-陽皐-伊那下條-新天竜峡-久米-伊賀良-飯田
    • 飯田新線を経由する列車の既存区間内の停車駅は豊橋、豊川、三河一宮、新城とする。
  4. 特急「下伊那」停車駅:豊橋-豊川-新城-阿南-飯田
    • 豊橋-飯田を1時間半~2時間で結ぶ。
  5. 快速停車駅:豊橋-豊川-新城-牛倉-玖老勢-振草-豊根-阿南-陽皐-伊那下條-新天竜峡-伊賀良-飯田
    • 快速をメインに30分に1本の間隔で運転する。
  6. 普通は1~2時間に1本の間隔で運転する。

上小田井本線[編集 | ソースを編集]

上小田井から、北名古屋市、名古屋空港、坂下地区を通って瀬戸市赤津までの路線。

  • 瀬戸運転場では運転士交代のため停車。
  • また、さほど長くないが、幹線となる。
  • 313系が運行のメインとなる。 
上西西北豊名味勝新本高南本東高高瀬瀬赤赤瀬尾瀬
小 春名山古  本高    蔵蔵戸戸 津 張戸 
田 師古町屋美 高蔵蔵坂坂坂寺寺運信 信戸瀬市
井 勝屋役空  蔵寺    南東転号 号 戸赤   
 春 市場港北川寺 寺下下下  場場津場市 津
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆ ワイドビュー上小田井(特急) 
☆━━●━━━━━━○━━●━━━━━━☆●● ホームライナー上小田井・ホームライナー瀬戸
☆━━●━●━━━━●━●━━━━━━━☆●  通勤特快
●◎━●●━━━━━●━●▲━━━━━━☆●● 特別快速(小田井特快・西春特快・E快速)
●━━●━●━●━━●━☆▲━━━━━━☆●● 新快速
●●━●☆●━●━━●━●●━●●━━━☆●● 快速
☆●●●●●━●━━●━●●━●●━━━☆○● 区間快速
●●●●●☆●●●●●☆●●●●●━●━☆◎● 普通
●●━●━●━━━━━━━━━━━━●━☆●● 貨物
☆▲━●━━━━━━━━━━━━●━━━━●● 回送

◎は回送からの始発あり、○は回送でない始発あり、☆は運転士交代、▲は一部停車。

  1. ホームライナーは、上小田井行きが瀬戸で、瀬戸市赤津・瀬戸行きが上小田井。
  2. 高蔵寺行きのものも稀にある。昼に限る。
    • ホームライナーは、名古屋駅でしらさぎになる。
      • 西春特快は上小田井から回送で来る。その一本のみ回送停車。
        • 上小田井からスイッチバックで名古屋駅へ延伸して、しらさぎを上小田井行きのものも作る。
  3. 赤津にてスイッチバック。
  4. 貨物では主に瀬戸焼きを運ぶ。
    • また、貨物では、揺れが少ないよう、振り子式を採用する。
  5. 高蔵寺でE快速分離。
  6. 上小田井は名古屋市西区、西春から北名古屋までは北名古屋市、豊山町役場から名古屋空港は西春日井郡豊山町、味美北は名古屋市北区、勝川から瀬戸運転場は春日井市、瀬戸信号場から瀬戸市赤津は瀬戸市となっている。
  7. 高蔵寺東~尾張瀬戸間は復々線。
  8. 高蔵寺にて中央本線乗り入れ可能。
    • また、上小田井にて名鉄犬山線、名古屋市営地下鉄鶴舞線、そこから豊田市駅まで乗り入れ可能。
名古屋まで乗り入れする車両の停車駅
上枇名
小杷古
田島屋
井駅駅
●━●区間快速以上
●●●普通
  • ここでは回送などは、快速とみなす。
  • 名古屋でまたスイッチバックして岐阜・大垣方面へ。
    • そのときスイッチバックせずに豊橋・浜松方面へ行くことも可能。
乗り入れの対応
  • 上記により名古屋駅はホームを増やす。

空港線[編集 | ソースを編集]

  1. 東岡崎-岡崎-占部-三江島-西尾-三河平坂-碧南-半田埠頭-半田-東常滑-常滑-中部国際空港
    • 太字は快速停車。
  2. 延伸:
    東岡崎-北岡崎-大門-北野桝塚-三河上郷-新豊田-四郷-貝津-八草-瀬戸口-新瀬戸-中水野-高蔵寺-神領-篠木-朝宮公園-名古屋空港
    • 北岡崎から愛知環状鉄道に乗り入れ。
    • 両空港間を愛知県東部で接続。

小牧線[編集 | ソースを編集]

  1. 金山から-名古屋椿町-名城大学付属高校前-清須-あし原-上小田井-井瀬木-師勝-尾張堤下-岩倉-西小牧-小牧中央-小牧-下末五反田-春日井自衛隊前-大草-尾張坂下-白山町-高蔵寺
  2. 快速 名古屋椿町-清須-上小田井-師勝-岩倉-小牧中央-小牧-尾張坂下-高蔵寺-南木曽方面へ
  3. 新快速 名古屋椿町-上小田井-岩倉-小牧-高蔵寺-多治見へ
    • 高蔵寺から各駅停車
  4. 普通は0分と30分、快速は10分と40分、新快速は20分と50分に椿町を発車。
    • さらに、特別快速も制定し無人駅をすべて通過する。特別快速は0分、30分発車とし、普通は毎時5分・15分・25分・35分・45分・55分に発車。

栄本線[編集 | ソースを編集]

  1. 概要としては、千種駅から栄経由で名駅までいくには、乗り換えしないといけなかったが、これの開通で、買い物や出張のお土産などの購入などがより一層便利になる。
    • さらに、車道も経由すると。
  2. 幹線とする。
  3. 全線(新守山駅付近を除く)地下で、複々線電化。
  4. ダイヤ間隔は5分に1本で、ラッシュ時は1分に1本間隔。
    • ↑は普通だけでのこと。
      • 全列車で良いよ。
  5. 各停は4・6両編成でラッシュ時は連結して8・12両編成とする。
    • 快速類は8両編成でラッシュ時は7両2編成の14両編成とする。
  6. 栄・名古屋駅は4面8線の大ターミナルにする。
  7. 乗り入れる列車は快速類は快速でその他は普通で、連結車両は分離する
  8. Toica対応。
区間

名古屋-名駅南口-伏見-錦通-栄-新栄-千種口-今池-池下-北池下-砂田橋-矢田川-矢田-尾張守山-新守山(以後中央本線多治見・中津川まで乗り入れ)

優等停車駅
  1. 区間快速・快速停車駅
    • 区間快速 名古屋-(各駅停車)-栄-(以下快速と同じ)-砂田橋-矢田-(各駅停車)-新守山
    • 快速 名古屋-伏見-栄-千種口-池下-砂田橋-矢田-新守山
  2. 新快速停車駅
    • 新快速 名古屋-栄-千種口-池下-砂田橋-矢田-新守山
  3. 区間特快・特別快速停車駅
    • 区間特快 名古屋-栄-千種口-池下-矢田-(以下区間快速・普通と同じ)
    • 特別快速 名古屋-栄-千種口-池下-矢田-新守山

JR瀬戸線[編集 | ソースを編集]

おおす
大須
osu
みなみふしみ
minami-fushimi
(愛知県名古屋市) つるまい
turumai
  1. 多治見で中央線より分岐。
  2. 名古屋-南伏見-大須-鶴舞-南覚王山-本山-星ヶ丘-藤が丘-尾張旭-高蔵寺
  3. 本山でJR東部線の支線と合流。
  4. 本山~名古屋間は複々線化準備あり。
  5. 直流1500V 複線電化 架線集電式 狭軌

中京線[編集 | ソースを編集]

  1. 名古屋椿町-栄町-千種-古出来町-矢田-尾張金屋-小幡緑地西園-小幡緑地前-旭口-尾張旭
    • 全列車折返し運転、普通のみ。
      • ただし朝ラッシュには尾張旭発名古屋椿町経由浜松行きホームライナーを3本、豊橋行き同を1本、岡崎行きを2本設定。夕ラッシュには逆の列車を制定。新しく作る勝手に鉄道車両開発/JR東海#T3系6連を使用。
        • 3050番台。
    • 使用する車両は4連4ドアオールロングシート。
      • ラッシュ時は4+4連。
    • 車庫は名古屋椿町駅から少し進んだ地下。
    • 尾張金屋まで地下、旭口から高架。
    • 普段使う車両は同じくT3系4000番台。

JR中部国際空港線[編集 | ソースを編集]

とこなめ
常滑
Tokoname
半田運動公園
Handa undokoen
(愛知県常滑市) りんくう常滑
Rinku-Tokoname
  1. 路線 半田-成岩ー半田運動公園-常滑-りんくう常滑-中部国際空港。
    • 武豊線半田駅から分岐。
      • 何でわざわざ無意味に半田を経由させたがるの?どう考えても乙川駅で分岐して知多横断道路沿いに敷いた方が線形良くなるし、最短ルートになるじゃん。それに成岩なんか経由したら常滑で合流する時にカーブがきつくなりすぎる。
        • 修正案の路線 乙川 - 半田運動公園 - 常滑 - りんくう常滑 - 中部国際空港
          • さらに修正案(2015/4/30)。乙川駅 - 住吉町駅(名鉄河和線と接続) - 半田工業高校前駅 - 半田運動公園駅 - 飛香台駅 - 常滑駅 - りんくう常滑駅 - 中部国際空港駅
            • 半田市の計画によれば「乙川駅から真っ直ぐ西進して、約11kmの線路を敷いてそのままセントレアへ」だった(by朝日新聞1997年4月18日朝刊名古屋版)。たとえそうだとしても常滑を経由すると直前に急カーブができる。
            • 半田も常滑も、既に名古屋方面への輸送は名鉄が実質独占してるんだから、特急(名古屋からの停車駅は金山と、三河方面から乗り換えのための大府のみ)が止まるわけでもないのに線形曲げてまで経由する必要はないと思う。
            • Googleマップで測定してみたところ、乙川から「約11km」とはセントレアまでではなくりんくう常滑までの距離なのか?と思った。
              • りんくう常滑からセントレアまでは名鉄と並走するけど、そもそも名鉄空港線を第三種鉄道事業者として持つのはJR東海も出資してる中部国際空港連絡鉄道。おそらく乙川からりんくう常滑までのJR運行区間もこの会社が持ち、りんくう常滑からは線路別複々線で建設して名鉄とJRそれぞれに別の駅を使わせる、ということだろうか。
  2. 武豊線と共に全線複線電化。
    • 武豊線の大府-半田までとこれは複々線のほうがよさそうな・・・
    • 武豊線乙川(分岐点)以南は単線・1時間3本ダイヤ(全列車大府直通)で良い。
    • 方向別複々線として、増発を図る。
      • 東海道本線も岡崎-大垣を複々線化し、大府-岐阜は4複線。
        • 4複線は多すぎだろ…
  3. 空港特急と空港新快速を設定。
    • 空港特急停車駅 中部国際空港-常滑-名古屋-岐阜-大垣-米原。
      • 滋賀県東部または京都まで乗り入れ
        • 長すぎ、京都の人々は関空使うでしょ。
      • 米原で米原折り返しのしらさぎと接続。
    • 空港新快速停車駅 中部国際空港-りんくう常滑-常滑-半田運動公園-半田-大府-金山-名古屋-尾張一宮-岐阜-西岐阜-穂積-大垣(中部国際空港~半田間各駅停車)。一部列車は米原乗り入れ。
      • 新快速停車駅第2案 中部国際空港-常滑-半田-大府(以下同じ。)
      • あと、空港特快も制定。 停車駅 中部国際空港-半田-金山-名古屋(以下新快速と同じ。)
      • セントレアと半田の間の新快速・特快停車駅は常滑だけでいい。
        • 半田ではなく乙川で分岐する修正案の場合 空港特快=特別快速、空港快速=新快速、快速=東海道線快速として設ける。
        • 空港アクセス特急「はばたき」を新設し、東海道線大垣・中央線多治見から運転する(中央線系統は名古屋 - 勝川間で城北線経由、また一部は愛環瀬戸口駅始発)
        • 「エアポートしなの・エアポートしらさぎ・エアポートひだ」を新設。(エアポートしなのは城北線経由)。いずれも大垣以東、多治見以西は「はばたき」と同じ停車駅。
          • 特急はばたき・東海道線系統 大垣 - 岐阜 - 名古屋 - 金山 - 中部国際空港
          • 特急はばたき・中央線系統 多治見or瀬戸口 - (瀬戸口始発は瀬戸市停車) - 高蔵寺 - 勝川 - (城北線経由) - 名古屋 - 金山 - 中部国際空港
          • 空港特快(東海道線内は特別快速で大垣まで、中央線系統は多治見・瀬戸口 - (瀬戸市) - 高蔵寺 - 勝川 - 小田井と停車)停車駅 名古屋 - 金山 - 東浦 - 乙川 - 常滑 - 中部国際空港
          • 空港快速(東海道線内は新快速で大垣まで、中央線系統は多治見・瀬戸口 - (瀬戸市) - 高蔵寺 - 春日井 - 勝川 - 味美 - 小田井と停車)停車駅 名古屋 - 金山 - 大府 - 東浦 - 亀崎 - 乙川 - 常滑 - 中部国際空港
          • 快速停車駅(東海道線内・中央線内は快速運転。城北線内は味美・小田井のみ停車) 名古屋 - 金山 - 大府 - 緒川 - 東浦 - 亀崎 - 乙川 - 常滑 - 中部国際空港
    • 使用車両 特急は385系(383系ベース)、空港新快速は313系。
    • 本数 空港特急、空港新快速は共に30分に1本。
    • 20分に1本のほうがよくない?東海道線の快速を10分間隔にして。
      • 同意。あと特急は不要。新快速と快速を20分パターンで交互に走らせればいい。快速は空港線内では普通の補完をして。
        • しらさぎ(中部国際空港延伸)は必要。
        • 特別快速セントレアライナー毎時3本 中部国際空港ー半田ー大府ー金山ー名古屋ー一宮ー岐阜ー大垣(指定席2両、自由席2両)
        • 快速毎時3本(ラッシュ時のみ)   中部国際空港から亀崎までの各駅ー緒川ー大府ー共和ー金山ー名古屋
        • 普通毎時3本 中部国際空港~大府(ラッシュ時は武豊ー大府) 日中は半田ー東成岩ー武豊間普通運転。
        • 特急は絶対にいる。特快も10分に1本ペースで。
          • 特急はパターンが崩れる。
    • 関空とかのアクセスも考えて草津から2両,羽田とのアクセスも考えると北は直江津から8両、北から来る列車は信越・中央本線経由(2両)&信越・中央・飯田・東海道線経由&北陸・高山本線経由(2両)&北陸・米原・東海道線経由(4両)でアクセス!!
      • ↑の停車駅・・・草津発:草津-近江八幡-彦根・米原-大垣-岐阜-名古屋-中部空港  直江津発北陸本線・米原・東海道線経由:直江津-糸魚川-黒部-富山-金沢-小松-福井-敦賀-米原-(ry  信越本線経由:直江津-妙高高原-長野-篠の井-松本-塩尻-木曽福島-中津川-恵那-瑞浪-土岐市-多治見-名古屋  飯田線経由:直江津-・・・-塩尻-岡谷-辰野-伊那市-駒ヶ根-伊那大島-飯田-天竜峡-水窪-中部天竜-東栄-本長篠-新城ー豊橋-岡崎-大府-(ry  高山本線経由:直江津-・・・富山-飛騨古川-高山-下呂-美濃太田-岐阜
      • なんで羽田とのアクセスで直江津が出てくる?全然 羽田からの経由地でもないのに。  
        • 飯田線経由は遠すぎる。代わりに静岡-浜松-豊橋-岡崎-大府-乙川-(新線建設)-常滑-中部国際空港
  4. しらさぎの一部を中部国際空港まで乗り入れ。北陸から中部国際空港までダイレクトに行けるようになる。
    • 長野からワイドビュー信濃も一日数本乗り入れたほうがいいんじゃないですか?
    • 新千歳のように、名古屋-空港間は快速エアポート的な快速列車として運行させたらどうでしょう?
    • 特急は、現状のままで良し。セントラルライナーを6両化し、4号車をUシートにする。
      • 現状じゃ駄目。(ワイドビュー)東海・ながらの運用から外れた373系を使い、名古屋~津間の「(ワイドビュー)いせ」を30分ヘッドで運行。それをセントレアの快速に持ってくればいい。足りない分は新造。もちろん河原田~津間は電化する。
  5. 武豊線普通は基本的に大府~武豊間の運転。(一部中部国際空港線に乗り入れ)
    • 普通列車は313系を使用。キハ75系は高山本線に転属。
    • 中部国際空港行きや常滑折り返しの普通列車も新設。
  6. 半田~中部国際空港間は高架もしくは地下で建設。
    • 半田駅を高架化。2面4線に。
      • 常滑駅も2面4線に。
        • 乙川分岐の修正案の場合も同様、乙川を2面4線化する。
      • 中部国際空港駅は3面6線。
      • 半田は、ホーム増設だけで良いんじゃない?わざわざ高架化しなくてもいいでしょ。
    • ホームは10両対応。
  7. 半田~常滑間は普通運賃。常滑~中部国際空港間は加算運賃を設定。
    • それは必要ない。
  8. どうせなら空港の愛称にあわせて「JRセントレア線」のほうがいいのでは。
    • 正式名称:「中部国際空港線」愛称「セントレア線」(こちらを旅客案内等で優先的に使用)でいいかと。
  9. 名鉄が勝てるかどうかだな。
  10. 武豊線経由だと名鉄に比べると名古屋からだと10km以上長くなるので競争にならない。武豊線経由にこだわるなら「ひだ」「しなの」あるいは「しらさぎ」の延長はあるにしても、対名古屋よりも対三河を中心にすべき。これなら金山折り返しか神宮前乗り換えの名鉄よりも大府折り返しですむぷん有利。
    • はくたかみたく160㎞運転すれば競争できるんじゃ?と思ったけど、費用対効果が悪すぎるか。
    • 刈谷で後2両切り離して大府で名古屋から来た4~6両に連結していく…みたいな?
      • 10km以上長くなる?それはない。キョリ測で調べてみたところ、乙川から常滑経由でセントレアまで新線を引くと約15km。名古屋~乙川間の営業キロは32.3kmだから、計約47kmとなる。これに対し、名鉄名古屋~中部国際空港間の営業キロは44.3km・・・別にそこまで変わらない(=10km以上も遠回りなんてしていない)ぞ?
        • このように距離自体はほぼ互角だから、途中停車を金山(と常滑)だけに絞って特急・快速をスカイライナーみたく160km/hとまではいかずとも130km/h運転すれば所要時間では十分勝算はあるはず。…結局、それだけの投資(実質大府からの新線建設)をするだけの価値や需要があるかどうかの話だが(結局、少なくとも第二滑走路建設が具現化しない限り絵に描いた餅だな)。
        • ちなみに、ミュースカイ(最速120㎞/h)の表定速度(名鉄名古屋駅 - 中部国際空港駅間)は約84km/h。これは東海道線の新快速(豊橋駅 - 大垣駅間、同じく最速120㎞/h)とほぼ互角のスピードだから、本気で勝負するなら名古屋~大府~乙川~セントレア間の表定速度を90km/h程度に引き上げることになるだろう。
        • 44.3kmってのは営業キロ(運賃計算に使うキロ)なのであって名鉄名古屋〜空港の実キロは39.3kmです。仮に44.3kmだった場合、この区間を28分なわけだからミュースカイの表定速度が恐ろしいことになってるよ。
  11. 名古屋よりも三河地方を重点的に考えた場合
    • 「ひだ」「しなの」「しらさぎ」の延長で毎時1本(途中駅、金山)
    • 特急 毎時1本 中部国際空港ー半田ー大府ー刈谷ー安城ー岡崎ー豊橋ー浜松(一部掛川まで延長)
    • 空港快速 毎時1本 中部国際空港ー常滑ー半田ー大府ー金山ー名古屋ー尾張一宮ー岐阜ー大垣
    • 快速 毎時1本 中部国際空港ー常滑ー半田ー亀崎ー大府ー刈谷ー安城ー岡崎ー蒲郡ー豊橋ー(各駅)-浜松
    • 普通 毎時2本(ラッシュ時は現行の区間快速と同様の停車駅で名古屋乗り入れ)
  12. 武豊線経由だと遠回りなので、笠寺から知多市の臨海工業地域に伸びている貨物線を延長貨客化も検討したほうがよい。
    • それはさすがに非現実的だろう。沿線にほとんど住宅地がないし。
  13. もし、笠寺から伸びている貨物線を流用した場合(普通の場合)
    • 名古屋─金山─笠寺─浜田町─宝生町─元柴田─新名和─新宝浅山─加家─新太田川─知多横須賀─知多八幡─知多市─新知─岡田美里─知多南谷─旭桃台─南粕谷東坂─尾張三和─常滑金山─新多屋─新常滑─りんくう常滑─中部国際空港
      • 空港快速(3本/h・6~10両) 名古屋─金山─新太田川─空港
      • 快速(3本/h・4~8両) 名古屋─金山─笠寺─新太田川─知多市─旭桃台─新常滑─りんくう─空港
      • 武豊線経由快速(3本/h・2~4両) (東海道線快速から分割)刈谷─大府─緒川─東浦─亀崎─新常滑(快速に併合)
      • 普通(知多市まで4.5本、以遠3本・2~4両) 日中は最長で常滑止
      • みたいな感じ?京急空港線みたいに弾力性に乏しい…
    • つまり、名古屋方面は名鉄で、三河方面は、JRと。
  14. もしも衣浦港に鉄道用トンネルができていたら蒲郡まで伸ばせる。
    • ちゃっかりそのトンネルを名鉄も借りて蒲郡線へ乗り入れたりして・・・。
      • 乗り入れても1面2線の4両用ホーム。豊橋方面には安城まで戻らないと行けない。
  15. 快速列車の停車駅の纏め
    • 空港快速 中部国際空港-常滑-半田-亀崎-大府-刈谷-安城-岡崎-幸田-蒲郡-三河三谷-豊橋-新所原-浜松
      • 空港快速は、浜松まで快速運転する。
    • 新快速 中部国際空港-常滑-半田-大府-金山-名古屋(以下略)
    • 特快 中部国際空港-半田-金山-名古屋(以下略)
    • 快速「リレーしなの・のぞみ」 中部国際空港-名古屋
      • 名古屋駅で「のぞみ」と「しなの」に接続。特にしなのは8番線発着に統一し、この列車を7番線に発着させて、接続する。
    • 快速「エアポートひだ」 中部国際空港-名古屋(以下ワイドビューひだとして運転)
      • 名古屋からそのままワイドビューひだになる列車。
  16. いずれにせよ(線路容量的に)南方貨物線と岡多・瀬戸線の復活が必要になるだろう。
    • 岡多・瀬戸線まではないにしても、現行のダイヤパターン+1時間6本以上の空港方面への列車を走らせるとなれば、さすがに東海道線名古屋~大府間は既存の複線のままでは線路容量が不足してくるかもしれない。それを抜きにしても稲沢まで大きく迂回しているのは非効率的だし、南方貨物線は空港新線建設を機に復活させるべきだろう。・・・沿線住民が反対するだろうけど。

別案[編集 | ソースを編集]

とこなめ
常滑
Tokoname
半田運動公園
Handa undokoen
(愛知県常滑市) りんくう常滑
Rinku-Tokoname
  1. 路線 中部国際空港駅―りんくう常滑駅―常滑駅(以上名鉄空港線と並行)―半田運動公園駅―西阿久比駅―阿久比駅―東阿久比駅―石浜駅―緒川駅
  • 緒川以東のルート 緒川駅┬刈谷駅―(東海道線並行区間)―三河安城駅―新安城駅―福寿駅―南豊田駅(旧・三河上郷駅)―(JR愛知環状線豊田駅まで直通)

                └(武豊線と合流)―大府駅―(名古屋駅まで直通)

  • 勿論複線電化
  • ホームは最大8両対応
  • 空港特急・新快速を設定。
    1. 快速停車駅 中部国際空港―常滑―阿久比―緒川―大府―名古屋(―刈谷―新安城―南豊田―豊田)
  • 全線TOICA対応、名古屋近郊区間設定。
  • おおよそのルート(地図Z)
関連項目

天白線[編集 | ソースを編集]

名城公園-市役所-丸の内-菊井-名古屋-六反-尾頭橋-金山-高蔵-熱田-宝田-大喜-瑞穂運動公園西-瑞穂運動公園東-弥富通-道明-天白区役所-植田

  • 管轄はJR東海。
    • 名古屋市しか通らないなら、市営地下鉄でも良いと思う。

豊田線[編集 | ソースを編集]

しんとよた
新豊田
Shin-Toyota
ほんしんちょう
Honshincho
(愛知県豊田市)
  1. JRが通ってない市では人口が一番多い豊田市。そんな豊田市に救いの手を差し伸べましょう。
名金高八植梅赤日愛福三本新
古   田  新知 河新豊
屋山辻事一森池市池谷三町田
――――本―――――好――
――――松――――――――
●●━●▲━▲●━━●━●快速
●●●●●●●●●●●●●普通
  1. 車両は国鉄211系を使用。
    • むしろあまっている311系。
      • 313系3000番台を増備(つまりワンマン運転)。
  2. 快速は植田一本松または赤池のいずれかに停車。
    • 乗り換え出来る事から赤池に統一。
      • 反対。
        • 反対に同感。三河鉄道線刈谷以北の買収が実現すれば、労せず豊田市に国鉄線ができた。
      • 高辻ではなく、桜通線の桜山に駅を設けるという考えもある。
  3. 名古屋-金山間は中央本線の路線を使用。やむをえない場合(出発時刻が重なる 等)は東海道本線の路線を使用。
    • 専用の線路つくろうよ。ケチらないで。
  4. 名古屋-日進市、三河三好-新豊田 複線  日進市-三河三好 単線
    • 全線複線電化でいいと思う。
    • 三河三好-新豊田も単線で良い。どーせそんなに本数多くならんから。。
    • 寧ろ全線単線でも問題ナシ()
      • 本数云々以前にこの路線の役割(三大都市圏の中心たる200万人都市とその衛星都市たる中核市の連絡)を完全に無視してる。閑散区間を挟むローカル線じゃあるまいし、それにこの路線はほぼ全列車が名古屋-新豊田間の運転になるから部分単線も無駄。なぜわざわざボトルネックを設ける?単線にしたところでコスト削減どころか猪瀬ポール同様無駄になるだけ。
        • 全線複線電化(名古屋—金山間は東海道線・中央線と並行)、最速110-120㎞で名古屋—新豊田間の運賃は幹線運賃適用で570(営業キロ31 - 35km)~650円(営業キロ36 - 40km)(後述のように名古屋近郊区間を設けるので-30円=540円)。加算運賃を設けるとしたら全線+100円(近郊区間設定で100-30で+70円、結果この場合は640円)ぐらいか。
        • ちなみに加算運賃を設定するのは金山以東の独立区間のみ
    • 単線じゃあ快速走らせても所要時間そこまで変わらないし、本数増やせなきゃ名市交鶴舞線名鉄豊田線にも太刀打ちできそうにない(こっちは二重で運賃を取られない&快速運転ありというアドバンテージがあるが)。やはり複線が妥当。
      • (この路線の建設以前の話だが)愛環もJRが買収&全線複線化・自動改札&Toica導入/主要駅のバリアフリー化し、名古屋近郊区間を設定。
      • 新快速案 名古屋 - 金山 - 八事 - 日進市 - 三河三好 - 新豊田
  5. 愛環乗り入れ案(快速のみ)
新三三北中岡
豊河河岡岡 
田豊上崎崎崎
―田郷―――
●●●▲●●快速
    • オイオイ、、三河上郷いらんで北野枡塚停めろよ。
      • 三河上郷の方が利用者が多いですが何か?
        • 北野桝塚の方が運転系統上重要じゃね?
        • 中部空港方面まで延ばすとなると三河上郷の方がよい。
          • 北野桝塚には緩急接続設備があることと、利用者数では三河上郷>北野桝塚であることを考慮して考えてみたところ「緩急接続を行う系統のみ北桝停車で上郷通過、それ以外は北桝通過で上郷停車」という案を考えてみたが……緩急接続ってよく考えたら三河豊田でもホーム増設すればできるんじゃね?というわけでやっぱり上郷。
          • そもそも愛環線内(しかも新豊田以南の限られた区間)で緩急接続を行う必要があるのかという話。
    • 北岡崎は朝ラッシュ時一部停車
    • 岡崎駅から東海道線に線路を接続し、一部列車は蒲郡・豊橋方面まで直通する。東海道線内の停車駅は東海道線優等と同じ。
  1. 矢作川東岸地区延伸案(この区間は単線・全列車停車)
    • 新豊田—豊田スタジアム前—美里—松平(電車区を設ける)
  2. 名古屋臨海鉄道につながるように笠寺か大高から、豊明・井ヶ谷経由で新豊田まで行くルートはどうだろうか。高岡・堤・元町などの工場への(通勤、貨物)輸送を担えないだろうか。


中央本線豊田経由案[編集 | ソースを編集]


JR東郷線[編集 | ソースを編集]

とうごう
東郷
Togo
きたとうごう
Kita-Togo
(愛知県愛知郡) とうごうこうこうまえ
Togokokomae
  1. 名古屋-伏見通-栄町-千種-仲田-覚王山-唐山町-星が丘-西山神丘-牧野ヶ池-西岩崎-JR日進-日進-北東郷-東郷-東郷高校前-沓掛-豊明高校前-JR豊明-前後-下大府-東共和-大府
    • 幹線。TOICAは全線で使用可能。
    • 快速制定。
      • 名古屋-栄町-JR日進-日進-東郷-沓掛-JR豊明と前後から大府の各駅
      • JR豊明で始発の普通列車と、東郷で普通列車にそれぞれ接続。
    • 車両基地は西岩崎で、普通列車は全てJR豊明始発。
      • もちろん、一部時間帯は除く。
    • 車両は313系4連など。
    • JR豊明の平日日中発車時刻表(12時台の名古屋方面)
      • 0快名1普名5快名6普名の10分サイクルを繰り返し
    • 大府駅では5番線などを使用。
  2. ダイヤ
    • JR日進で緩急接続を行う。そのため、2面4線。
  3. 設備
    • 直流1500V、複線電化。レール幅は1067mm。
    • 名古屋~牧野ヶ池は地下、JR日進~JR豊明高架。
    • 伏見通、仲田、唐山町、西山神丘、西岩崎、日進、北東郷、沓掛、豊明高校前、下大府、東共和は島式1面2線。その他は対向式2面2線、JR日進、JR豊明は2面4線。

東方貨物線[編集 | ソースを編集]

とよた
豊田
toyota
みよし
miyosi
(愛知県豊田市) おわりあさひ
owariasahi
  • 八事~豊田~(~神領)岡崎~碧南
    • JR東部貨物線八事駅より分岐。
    • 豊田市に豊田貨物駅を設置。
    • 主にトヨタ自動車の部品や商品を運搬する。
    • 岡崎で東海道線に連絡。
    • 神領で中央線に連絡。
    • 東部貨物線経由で南方貨物線を使い名古屋港へ。
    • 単線非電化の引き込み線を大きな工場に。(もちろんDD51フル活用)

長島弥富線[編集 | ソースを編集]

  1. 名古屋市西部、弥富市南部と長島の観光地などを結ぶ鉄道。

本線[編集 | ソースを編集]

  1. 金山(東海道線)-荒子(あおなみ線)-高畑(東山線)-野田-伏屋(近鉄名古屋線)-かの里-新茶屋-竹田-子宝-こどもの国-大藤-木曽岬-なばなの里-スポーツランド-湾岸長島
  2. 金山で金山線と相互乗り入れを行う。
  3. 停車駅(金山線区間は全駅停車)
湾スな木大こ子竹新か伏野高荒金
岸ポば曽藤ど  茶の
長ラな岬 も宝田屋里屋田畑子山
島ン里  国
●―●――▲――――――▲―●特急
●●●――●――●―●―●―●快速
●●●●●●●●●●●●●●●普通

長島支線[編集 | ソースを編集]

  1. 北長島-輪中の郷-長島IC-長島(関西線,近鉄名古屋線)-[なばなの里-スポーツランド-湾岸長島]
  2. []内は本線との共通区間。

名古屋本線[編集 | ソースを編集]

  1. 名古屋市付近を走る在来線を作ってしまいましょう。

第1案[編集 | ソースを編集]

  1. 駅一覧
    • 名古屋-輪ノ内-菊井-大道町-問屋町-尾張下小田井-清須-尾張星の宮-新川高校-尾張中小田井-尾張上小田井-山田-二方-尾張比良-大野木-落合-福徳-川中-上飯田
  2. 路線図・停車駅表(最初の三文字まで)

普快新特特夢ホ
通速快快急特ム
○○○○○○○ 名古屋
○││││││ 輪ノ内
○││││││ 菊 井
○││││││ 大道町
○○○○││○ 問屋町
○││││││ 尾張下
○○○○○○○ 清 須
○││││││ 尾張星
○○○○○│○ 新川高
○││││││ 尾張中
○○○○○│○ 尾張上
○││││││ 山 田
○○○○○○○ 二 方
○││││││ 尾張比
○○○││││ 大野木
○││││││ 落 合
○△│││││ 福 徳
○││││││ 川 中
○○○○○○○ 上飯田

  1. 清須と二方には車掌区があるため全列車停車。

三河湾線[編集 | ソースを編集]

しろや
白谷
Shiroya
たけしまぐち
Takeshimaguchi
(愛知県田原市) みかわたはら
Mikawatahara
  1. (岡崎~相見~幸田~三ヶ根~三河塩津~)蒲郡~竹島口(地下駅)~(三河湾海底トンネル)~白谷(地下駅)~三河田原
  2. 列車の系統は、岡崎から下り新快速の接続を取って、蒲郡まで東海道線を走行し、蒲郡からこの路線に入るワンマン普通列車(東海道線内ツーマン)が基本。313系3000番台が使われる。
  3. ラッシュ時は名古屋発着の新快速(線内途中駅通過)あり。田原と名古屋方面の最短・最速・最安ルートとなり、本数は少なくても豊鉄・名鉄連合を圧倒。主に313系0番台(蒲郡~名古屋は2~4両増結)が使われる。
  4. 路線の大半は海底及び地下トンネルである。
  5. 日中はワンマン普通列車1時間2本、ラッシュ時は加えて直通新快速1時間1本。
  6. 竹島口~白谷は全列車120km/h運転。
  7. 竹島口~白谷のみ複線、他単線。

名新線[編集 | ソースを編集]

飯田線に直通して飯田から新城経由名古屋までの路線。

  • 本当は全列車飯田まで直通(一部列車は伊那市まで)するが、正確に言うと、新城から名古屋間なので、ここに載せる。
  • 飯田-(略)-新城-西新城-北川田-上長山-西長山-雨山-大代-鳥川-大重-本宿-桑谷-大草-新岡崎-東岡崎-新安城-知立-豊明-南名古屋-(略)-金山-尾頭橋-名古屋
    • 南名古屋駅は大高駅の近く。豊明方面からの電車の次の駅は笠寺。
    • 新安城-東岡崎間に安城岡崎駅を設置。さらに南名古屋-豊明間にも大府北駅を設置。おまけに、金山-尾頭橋間にも山王駅を設置。
優等
  • 快速:飯田-天竜峡-平岡-伊那小沢-水窪-中部天竜-三河川合-本長篠-新城-上長山-大城-本宿-東岡崎-知立-南名古屋-(尾頭橋以外に各駅停車)-名古屋(東海道本線米原まで直通)と停車する。
  • 新快速:飯田-(同上)-新城-上長山-本宿-東岡崎-南名古屋-金山-名古屋
  • 特別快速:飯田-天竜峡-平岡-水窪-(以下南名古屋を通過する以外新快速と同じ)
  • 特急ワイドビューしんしろ:甲府-小淵沢-上諏訪-辰野-伊那市-駒ヶ根-伊那大島-飯田-天竜峡-平岡-中部天竜-本長篠-新城-東岡崎-金山-名古屋
    • 一時間に一本30分に名古屋駅を発車。甲府駅は一時間に一本、15分に発車。
  • もちろん、全駅Toika対応。