LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア-

提供: chakuwiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
  1. 巨大な船舶に囚われた女の子が、船からの脱出を目指すゲーム。
    • アイテムの類はほとんどなく、単純にものを持って投げたりして攻略する。
      • この手のゲームの定番である鍵のついたドアもある。
    • 船全体がでかいのか、それとも女の子がちっちゃいのか。
      • ノームという変な生き物から、プレイヤー側からすれば巨大な化け物の巣窟になっている。
  2. 主人公の女の子「シックス」
    • レインコートを着ていて顔はよく見えない。
    • この子が何者かすら作中ではよく分からない。
    • やたらと腹を空かせる。
      • ゲームに満腹度の概念があるわけではないのだが、とにかく腹が減ると急に死にそうなくらい苦しくなる。
        • そのくせ途中で見つけた食い物を食べたり持ち運んだりしない。
      • 最初はパンとかソーセージを食うが、そこから先は生きたネズミをそのまま食うショッキングなシーンも。
        • だがこの生きたネズミを食うシーンすらまだ序の口。そこから先は…
  3. 物語の舞台「モウ」
    • 胃袋という意味らしい。特にがつがつした人のを指すあたり、舞台設定とピッタリな名前である。
    • 腹をすかせた化け物だちがこの船であらゆる食料を貪り続けている。
      • まるで「千と千尋の神隠し」のあのシーンみたいである。
      • 室内のドアなどには巨大な目玉のトレードマークが描かれている。
        • このロリコンどもめ。
  4. 前半はギミックに富んだ仕掛けが多い。
    • 電流の走ったパイプとか。
      • なぜか子供部屋っぽいところにある。
    • 光る目玉に照らされるとなぜか石化する。
      • が、目玉の足元は照らされないので安全地帯となっている。何という灯台下暗し。
  5. 何かに追っかけられる恐怖のあるゲーム。
    • と同時に化け物に見つからないように隠れながら移動するメタルギアのような要素もある。
    • 音に感づいて地面の中を這うように襲い掛かる謎の敵もいる。
      • それなんてグラボイド?
  6. 最初に襲い掛かってくるのはヒル。
    • そもそもなぜ船の中に大量にいるのか。
    • 落とし穴の先にいるヒルは流石にビビる。
  7. 次に来るのは目が見えない手長の化け物。管理人とか呼ばれてる。
    • 音を出さずに逃げたり、音を鳴らして誘い出す感じ。
      • メインの敵の癖に公式サイトに紹介されていない。その他大勢のモブですら紹介されてるのに。
  8. 次に出るのはデブな双子のシェフ。
    • 双子は行動パターンが決まってるのでタイミングを見計らう感じ。
    • どうでもいいがこの双子用のトイレが隣り合わせになりすぎている。邪魔じゃないのだろうか。
    • シェフらしいがどうも不気味な料理ばっか。洗い物もなんか雑に見える。
      • 料理人というより、猟奇殺人鬼のようである。
    • 仮面をかぶっているようにも見える。
      • 顔の肉がたるみ過ぎなだけかもしれないが。
  9. ある意味ゲストが一番怖い。
    • いくらなんでも悪食にもほどがある。
      • モウから出た者はいないこと、いずれいなくなると書かれてる辺り、彼らは養豚場の豚同然の扱いなのだろうか。
  10. ボスはレディと呼ばれる白い仮面の女性。
    • 黒幕のようであるが、シックスの正体含め謎のままである。
    • ここから急にジャパニーズホラーが出てくる。
  11. 何らかのホラー作品を彷彿とさせる要素が多い。
    • 「ドント・プリーズ」とか「ドーン・オブ・ザ・デッド」など。
  12. 結局物語の内容がつかみにくい。
    • セリフのあるシーンが一切ないから、状況から考察するしかない。
      • 有力な説では七つの大罪6番目の「暴食」をモチーフにした作品だと言われている。
  13. ホラー兼グルメゲーム。
    • 公式サイトにおける、本作をモチーフにした料理がやたらと凝っている。
      • ご丁寧に料理の作り方まで載せたムービーがある。
    • 食を追求したホラー要素のある作品とか、脳噛ネウロみたいだ。
  14. 最近DLCも出始めた。全部で3作あるらしい。
    • 水中要素が出ており、また違ったプレイを楽しめる。
    • 全部クリアすると、ある悲劇が明らかになる…
    • 続編も出るらしい。
      • あるいは過去編か。