LIXILグループ

提供:chakuwiki

LIXILグループの噂[編集 | ソースを編集]

INAXのお膝元にて
  1. トステムとINAXの経営統合で発足。
    • 当初は「INAXトステム・ホールディングス」だった。
  2. 横浜ベイスターズの身売り先候補として一躍注目。
    • 即時の本拠地移転を考えたためまとまらず。
      • ちなみに移転先の候補は新潟市だった。でも移転こそしなかったものの買収したDeNAの創業者は新潟出身で年に一度新潟で主催試合を行っているので結局は新潟に縁が?
    • 実はINAX内の反対(本社の立地からして中日ドラゴンズファンが多そうな気が)が多かったからなのではと勘繰ってしまう。
  3. 今後、統一ブランドとして「LIXIL」を使う。
    • 事業分野別のブランド(INAX、TOSTEMなど)は当分残る模様。
      • LIXIL INAXっていう便器を見るとEX◯LEの兄弟ユニットかよってなったりする。
      • でもINAXのブランド力が根強く右往左往してる模様。
  4. 「住」の字の偏を「りっしんべん」と見間違える人があまりにも多いらしい。
  5. 2012年7月、LIXILグループへ社名変更。

LIXILの噂[編集 | ソースを編集]

トステムの噂[編集 | ソースを編集]

  1. 旧社名はトーヨーサッシ。
    • 旧トーヨーサッシ時代からブランド名として「トステム」を使用していた。
  2. アルミサッシではトップシェア。建材全体でもYKK APなどと熾烈な競争を展開している。
    • ちなみに、そのYKK APはTOTOと組んでいる。
  3. 鹿島アントラーズの胸スポンサーとしておなじみ。
    • 2011年シーズンからは「LIXIL」に変わるらしい。
      • ベイを買い損ねたので。
    • 2021年にはついに出資比率が日本製鉄(旧住金)を抜き、経営に参画することに。

INAXの噂[編集 | ソースを編集]

豊橋のハードオフにて発見
  1. ライバルのTOTOは兄弟企業だったが現在は別グループ下に。
  2. 本社は常滑市。
  3. 旧社名は伊奈製陶。
    • 今でもたまに「ina」と書かれた便器を見かける。
    • 「ina」のマークはネット上のトイレ器具研究業界(特に2chトイレ関係スレのユーザー)の間では「怖いマーク」として認識されている。ちなみにマーク自体は現在のTOTOのマークと同年代。
      • それ以前は鳩のマークを使っていた。
        • 鳩の後、現在の前は筆記体のロゴだった。
      • inaから1985年にINAX(Xは未知数っていう意味も込めたらしい)になり、その後ロゴが長方形から正方形に変更したマイナーチェンジバージョン(陶器に刻印されるロゴも水色から黒になる)が04年頃から採用、後にLIXIL併記、LIXIL単体になっていくのであると思ったらINAXがまた強調されたが横のロゴの正方形が消えてゆく始末。ちなみに一部の国ではina表記を継続してたりするらしい。
    • もともとは、常滑焼の窯元の1つであった。
  4. 水まわりではTOTOと並ぶが、便器・洗面器などはTOTOに水をあけられている。しかし、外壁タイルでは世界一。
    • 温水洗浄便座の名称はあくまでも「シャワートイレ」。決して「ウォシュレット」ではない。
  5. INAXロゴのついたBSデジタルチューナーを見かけたけど、どの方面に売ってたんだろう?電気屋じゃ見なかったけど…
    • どこかからOEM供給を受けて設備屋ルートで売ってたんだろうか?
  6. 名古屋鉄道の駅トイレにはこの会社の製品が多いらしい。やはり、工場の目の前を通っているからか。
  7. T社では便器のことを衛生陶器というが、INAXでは便器のことをそのまま便器という。
  8. スウェーデン・ifo社と提携し「イナ・イホー株式会社」という合弁会社を設立した。
  9. 常滑市内の和菓子店とコラボして新商品を開発、その名も「トイレの最中(さいちゅう/もなか)」
  10. 最近ではLIXILのブランドを使う便器やシャワートイレも増え、INAXのブランド消滅も時間の問題に。
  11. 凄い映像体験ができる映画館のことではない。

TOEX(旧東洋エクステリア)の噂[編集 | ソースを編集]

  1. ブランド名は「TOEX」。
  2. 「エクステリア」という名はここが名づけたとされるが、商標登録はされていない。
    • 普通にジャンルとして普及してしまっている。

新日軽の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 元は日本軽金属グループ。2010年に住生活グループ入り。

LIXIL鈴木シャッターの噂[編集 | ソースを編集]

  1. 元々は三機工業傘下。
  2. 自動車メーカーのスズキとは無関係。
  3. トステム鈴木シャッターがトステムSDを吸収した上、コスモ工業の営業譲渡も受けた。
  4. いつの間にか三和シヤッターの系列になってた。
    • ついでに社名もただの「鈴木シャッター」に。

ニッタンの噂[編集 | ソースを編集]

  1. 旧日本火災探知器。火災報知機のメーカー。
  2. けむタンちゃん
    • 一時期CMを流さなくなったが、2020年頃から再びCMを流し始めた。どうやら交換を呼びかけるためらしい。

LIXIL住宅研究所の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 当初の社名は「21世紀住宅研究所」。
  2. 2007年に4社を吸収合併した。
    • そのひとつがアイフルホーム。ただしブランド名として残っている。
      • アイフルホームはロゴタイプのフォントが似ているが、某消費者金融とは関係ない。

サンウエーブ工業の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 元は日新製鋼系。日新製鋼は現在も一応株は持っている。
  2. 日本で初めてステンレス製の流し台の量産に成功したのはここらしい。
  3. ロゴマークが殆どペプシ。

LIXIL Advanced Showroomの噂[編集 | ソースを編集]

  1. ショールーム事業(旧トステムショールーム)を分社化したもの。
  2. 最近では対面の接客の他にZOOMを用いた「オンラインショールーム」というサービスを始めた。
    • それに飽き足らずついにバーチャルコーディネーター(VTuberのようなシステム)まで採用した。
  3. LIXILの他に人材派遣業大手のアデコが出資しているが、全員がアデコの派遣社員という訳では無い。
    • と言うかアデコの出資比率も高いためか厳密に言うとLIXILの連結子会社では無いらしい。