Mリーグ

提供: chakuwiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

「Mリーグ」の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 世界初の麻雀プロによるチーム対抗のリーグ戦。
    • 2018年(平成30年)7月に発足。
  2. リーグ発足には、Jリーグなどでおなじみの川渕三郎氏が携わっている。
  3. 試合の模様は、abemaTVで全試合生放送。
    • abemaTVでは、応援番組もある。
      • その応援番組は、テレビ朝日やBS朝日でも放送される。
  4. 所属選手数は1チーム3人から4人まで。なおかつ各チームに女性選手の所属が義務付けられている。
  5. 開幕前には、プロ野球よろしくドラフト会議で選手を取り合う。
    • ちなみに、既存の麻雀5団体(日本プロ麻雀連盟・最高位戦日本プロ麻雀協会・日本プロ麻雀協会・麻将連合・RMU)に所属するプロの中から選択される。
      • 但し、麻将連合(小林剛)・RMU(多井隆晴)はそれぞれ一人ずつの登録にとどまっている(2020シーズン現在)。
  6. レギュレーションも、どちらかと言えばプロ野球に近いものとなっている。
    • まず、プロ野球で言うところのペナントレースにあたる8チーム総当たりのレギュラーシーズンを行って、下位2チームが敗退。
      • 残った6チームでセミファイナルを行う。これが野球で言うところの「クライマックスシリーズ」となる。
        • さらに、セミファイナルの上位4チームでファイナルシリーズ(つまりプロ野球で言う「日本シリーズ」)を行い、優勝チームを決定する。
  7. レギュラーシーズンは大和証券が、ファイナルシリーズは朝日新聞がスポンサーを務めている。
  8. 各チームのユニフォームは、あのMizunoが手掛けている。
  9. Mリーグ専用の試合会場もある。
  10. 悪質行為にはサッカーと同様にイエローカードが提示される。
    • 2枚提示されるとレッドカードに変わり、個人ポイントから20ポイントが引かれる。

チーム別[編集 | ソースを編集]

赤坂ドリブンズ[編集 | ソースを編集]

  1. 初代チャンピオンチーム。
    • レギュラーシーズンでは、首位争いを演じるも終盤に失速。かろうじてファイナル出場圏内に踏みとどまり、ファイナルシーズンで大逆転し初代チャンピオンに。
  2. 親会社は、博報堂DYホールディングス

EX風林火山[編集 | ソースを編集]

  1. 親会社は、テレビ朝日
    • チーム名の「EX」は、言わずもがなテレ朝のコールサイン「JOEX-DTV」から。
  2. 2018年シーズンは、首位でファイナルに進出。しかしファイナルでは、赤坂ドリブンズに逆転を許し、初代王者を逃した。

U-NEXT Pirates[編集 | ソースを編集]

  1. 2019年シーズンのチャンピオンチーム。
  2. 親会社はU-NEXT
  3. 2020シーズンはエースの小林が個人成績3位の好成績も、それ以外の3選手が20位台に低迷しレギュラーシーズン敗退となってしまった。

KADOKAWAサクラナイツ[編集 | ソースを編集]

  1. 2019年シーズンから新規参入したチーム。
  2. 親会社は、角川グループ
    • 名前の由来は、KADOKAWAが所沢に建設中の「ところざわサクラタウン」から命名。

チーム雷電[編集 | ソースを編集]

  1. 親会社は電通
  2. 萩原聖人が選手として所属している。
    • 但し個人成績はあまり宜しくない…。
  3. 対局後の勝利者インタビューでの決め台詞は「雷電の麻雀は面白いんです!」

セガサミーフェニックス[編集 | ソースを編集]

  1. 親会社はセガサミー
  2. 2019年シーズンはレギュラーシーズン1位も、ファイナルでU-NEXTに抜かれ痛恨の準優勝…。
  3. KONAMIと違い、MJで関わりのある麻雀協会以外の選手も所属。

KONAMI麻雀格闘倶楽部[編集 | ソースを編集]

  1. 親会社は、KONAMI
  2. チーム名の由来は、KONAMIが運営するアーケードゲーム・オンラインゲームの名前をそのまま拝借。
    • ちなみにそのゲームは、日本プロ麻雀連盟と提携しているため、そのしがらみから所属選手は麻雀連盟出身者のみである。

渋谷ABEMAS[編集 | ソースを編集]

  1. 親会社はサイバーエージェント
  2. 多井選手以外は各団体の若手有望株が揃ったチーム。
  3. 監督はサイバーエージェント社長の藤田晋。
    • 事実上、監督兼オーナーでもある。

関連項目[編集 | ソースを編集]