NBA

提供: chakuwiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

NBAの噂[編集 | ソースを編集]

  1. 日本だとファンでもない限り「A」の意味が分からない人が多い。
    • 三つと違ってリーグではない。
      • FIBAもそうなのだが、アソシエーションはリーグと言うより協会としての意味合いが強い。
      • 最近日本バスケットボールリーグがNBLになった。
    • カンファレンスの意味が分からない人も多い。
  2. 実はルールが国際的な公式ルールとは異なる。
    • コートのデザインも普通のものに比べて独自色が強い。
      • 場所によって各チームの個性が出ている。
        • コートで一番違うのは「ディフェンスが条件を満たせばプッシングが取られない」LDBの存在。昔はフリースローレーンとスリーポイントラインも国際ルールと違ったが、今では国際ルールがNBAに合わせてきた。
    • 割とトラベリングに寛容だった。かつては「シュートへの流れの中では取らない」とまで言われ、3歩どころか6歩以上歩いてからジャンプしてた奴も。
  3. ドレスコードが結構厳しい。
  4. 今のところ日本人でプレー経験があるのは田臥勇太のみ。
    • 日系人ならもっと前からいる。
    • 二人目が登場。
    • 3人目ではとうとうドラフト指名で入団。
  5. バスケットボールというスポーツの特性上、ドラフトの指名枠は1チームあたりたったの2名。

東カンファレンス[編集 | ソースを編集]

大西洋地区[編集 | ソースを編集]

ボストン・セルティックス
  1. 東カンファレンスの最強チーム。
    • 優勝回数もレイカーズに比べて1回だけ多い。
    • V8まで成し遂げている。
  2. 無論、レイカーズが最大のライバル。
    • 同地区だとニックスも。
ブルックリン・ネッツ
  1. いったんニュージャージーから移転し、ニューヨークに戻ってきた。
  2. チーム名の由来は同じニューヨークのメッツジェッツと韻を踏んだため。安直だな。
ニューヨーク・ニックス
  1. NBAで一番の人気を誇る。
    • 念のため言うと、「一番人気≠最強」である。流石NY。
  2. ニックはニッカーボッカーの事を指すらしい。
    • NYをオランダ系移民が開拓したからこうなったようである。
フィラデルフィア・76ers
  1. チーム名はアメリカ合衆国の独立年から。
トロント・ラプターズ
  1. NBA30チームのうち、唯一アメリカ以外に本拠地を置くチーム。
  2. 2020-21シーズンから渡辺雄太が所属。

中地区[編集 | ソースを編集]

シカゴ・ブルズ
  1. マイケル・ジョーダンがいたころが黄金期。
    • ジョーダンが退団してからしばらくの間はともかく、近年は地区優勝が限界。
    • SLAM DUNK」における湘北のユニフォームがブルズ風なことからもうかがえる。


デトロイト・ピストンズ
  1. チーム名は初代オーナーがピストン工場を経営していたことに由来している。
  2. 80年代から90年代初頭にかけ、強力なディフェンスと荒いプレースタイルで「バッドボーイズ」と呼ばれた。


ミルウォーキー・バックス
  1. チーム名の「バック」はミルウォーキー一帯に生息する牡鹿に由来している。
  2. 参入3年目の1970-71シーズンにルー・アルシンダー(後のカリーム・アブドゥル=ジャバー)、オスカー・ロバートソンなどの活躍もあり優勝を果たしたが、2021年4月現在これが唯一の優勝となっている。

南東地区[編集 | ソースを編集]

アトランタ・ホークス
  1. 当初はイリノイ州のダベンポートを本拠地としていた。
    • チーム名も「トライシティーズ・ブラックホークス」だった。
    • その後ミルウォーキーセントルイスを経て1968-69シーズンからアトランタに移転。
  2. 1957-58シーズンの優勝が唯一の優勝経験。
シャーロット・ホーネッツ
  1. 当初は「ボブキャッツ」だったが、ニューオーリンズがペリカンズに改名したのをきっかけにかつてこの地にあったチーム名に戻した。
マイアミ・ヒート
  1. 「マイアミが暑いから」というとんでもなく安直な理由でこんなチーム名になった。
  2. 近年ではNBAファイナルに頻繁に進出するなどかなりの強豪になっている。
    • 強豪選手が何人も集まってきている。
  3. 所属していなかったはずのマイケル・ジョーダンの背番号を何故か永久欠番にしている。
オーランド・マジック
  1. 場所で分かると思うが、元ネタはディズニーワールドである。
ワシントン・ウィザーズ
  1. 八村塁がドラフトで指名された。
  2. 1997年までのチーム名は「ブレッツ」だった。
  3. 一時期マイケル・ジョーダンが復帰していた。

西カンファレンス[編集 | ソースを編集]

南西地区[編集 | ソースを編集]

ヒューストン・ロケッツ
  1. 実は名前の由来はNASAではない。
  2. ユニフォームには中国語で「火箭」(ロケッツ)と書かれている。
    • 中国市場をある程度見据えたデザインらしいが、他のチームのユニフォームと比べてみるとどうしても違和感が…。
メンフィス・グリズリーズ
  1. 渡辺雄太が所属。
    • 2020-21シーズンからラプターズに移籍。
  2. チーム創設当初の本拠地はバンクーバー
    • 「グリズリーズ」はその名残。


サンアントニオ・スパーズ
  1. サンアントニオにある唯一のメジャースポーツチーム。
  2. ティム・ダンカン、トニー・パーカー、マヌ・ジノビリのビッグスリーのイメージが強い。

北東地区[編集 | ソースを編集]

デンバー・ナゲッツ
  1. 決してチキンナゲットが名前の由来ではない。
    • NFLの49ers同様、ゴールドラッシュが由来である(こっちは塊)。
    • そもそもナゲット自体が「岩みたいな塊」という意味である。
  2. ロケッツとチーム名が被ったので加盟時に改名した。
ミネソタ・ティンバーウルブス
  1. チーム名はミネソタ州に生息するオオカミの一種から来ている。
  2. これまでの最高成績は2003-04シーズンのカンファレンスファイナル進出。
オクラホマシティ・サンダー
  1. シアトルから移転してきた。
    • シアトル時代のチーム名は「シアトル・スーパーソニックス」だった。


ユタ・ジャズ
  1. チーム名はニューオーリンズに本拠地があった頃の名残。
    • 一時期レイカーズにチーム名の交換を持ち掛けたこともあったらしい。
  2. 90年代にジョン・ストックトンとカール・マローンという歴代トップクラスのデュオを擁していたが、遂にファイナルを制することは出来なかった。

太平洋地区[編集 | ソースを編集]

ゴールデンステート・ウォリアーズ
  1. 地名部分が州名どころか州の愛称だ。
  2. 1962年まではフィラデルフィアが本拠地だった。
  3. 2010年代中盤にステフィン・カリーとクレイ・トンプソンの「スプラッシュ・ブラザーズ」を擁し、2014-15シーズンで40年ぶりの優勝。
    • 翌2015-16シーズンは不滅と思われていたブルズの72勝10敗を上回る73勝9敗を挙げながら、ファイナルでキャブスに敗れ2連覇ならず…。
ロサンゼルス・クリッパーズ
  1. ロサンゼルスのもう一つのチーム。
  2. 当初はバッファローが本拠地の「バッファロー・ブレーブス」というチームだった。
    • その後サンディエゴを経て1984-85シーズンからロサンゼルスに移転。
  3. 一瞬田臥勇太が契約していたが、シーズン開幕前に解雇されてしまった。
ロサンゼルス・レイカーズ
  1. 西カンファレンスの最強チーム。
    • プレーオフに進めない方が珍しいくらい強い。
    • NBAは知らなくてもこのチームの名前くらいなら知っている人も多いだろう。
  2. チーム名はミネアポリスに本拠地があった頃の名残。
フェニックス・サンズ
  1. 田臥勇太が所属していた。