ONE PIECEに登場する海賊

提供:chakuwiki

架空の組織 > 架空の組織/反社会勢力 > ONE PIECEに登場する海賊


麦わら大船団[編集 | ソースを編集]

麦わらの一味[編集 | ソースを編集]

  1. わずか10人かそこらで世界政府を恐怖のどん底に叩き落とした恐るべき一団。
    • 七武海を3回も倒し、司法の島を更地に変え、大監獄インペルダウンにまで侵入し囚人の集団脱走を引き起こした。
    • 操舵手不在のまま長らく航海していたが、そのポストに元・七武海が加わってしまった。
  2. 最初の旗艦はなんと元遊覧船である。
    • 何度も破壊され続けた結果、遂に寿命を迎えて船長自ら火葬とした。
    • その際に喋った
    • 本当の一番最初の出発時点では小船からの樽。
  3. 現在の旗艦は宝樹アダムが使用され、強力な空気砲やバック機能があるなど最早帆船とは思えない。
    • パドルの燃料はコーラである。
    • 戦車や巨大ロボ、レーザー砲まで保有しているなど最早オーパーツの領域。
  4. 現在では五番目の四皇「五皇」に数えてもいいのではないかと噂されている。
  5. 医者がトナカイ。
    • 本人の前であまりタヌキタヌキと言わないように。
  6. アフロの白骨死体が「ソウルキング」という一流ロックスターとなった。
  7. 四皇を倒したことで新四皇の仲間入りを果たした

美しき海賊団[編集 | ソースを編集]

  1. 何だこの名前はと思うかもしれないが正式名称である。
  2. 船長は元王子だったが、あまりの美貌故に国中の女たちがメロメロになって危うく少子高齢化がストップ高になる可能性が出たため国外追放となったらしい。
    • しかしその本当の理由は結構コワい。
  3. ディアス海戦のA級戦犯が拾われている。

バルトクラブ[編集 | ソースを編集]

  1. 旗艦はゴーイングルフィセンパイ号なる、麦わらの一味の船と勘違いされそうなデザインの物。
  2. 航海士不在
    • 難所の際には毎回、故郷のバアさんの元に電伝虫をかけて、その都度乗り切ってきた。アホか。
      • そのせいか妙に伊藤家的な裏技に詳しい。
  3. 後述の赤髪海賊団の旗を焼きくさりやがった。

八宝水軍[編集 | ソースを編集]

  1. 世界政府加盟国公認の水軍ながら、麦わら大船団に所属している。
    • 結局世界会議終了後に母国と縁を切ったらしい。
  2. 八衝拳という衝撃を体の髄に打ち込む特殊な体術使いが多い。
  3. 元首領は5億ベリーの賞金首で、かの海軍の英雄ガープとその石頭で渡り合ったという。
    • 白ひげの賞金額を考えると、5億レベルであのガープと渡り合ったじいちゃんが凄いのか、世界政府からはそこまで危険視されていなかったのか…。
    • 過去には氷の大陸の下に数多の財宝を隠していたという。

新巨兵海賊団[編集 | ソースを編集]

  1. 下記巨兵海賊団の跡継ぎを自称する巨人傭兵団。
  2. 元はバギーの手下だったが、麦わらの一味の傘下に入った。
  3. 船長はビッグ・マムの元友人だった。今は宿敵。

ヨンタマリア海賊団[編集 | ソースを編集]

  1. 「偽りの冒険野郎」「殺戮支配者」というとんでもない二つ名の冒険家が率いる船団。
  2. 幼女が副船長。
  3. こんなのでも元は某国公認の冒険航海士だったが、麦わら大船団入りの為に袂を分かち単なる一介の海賊となった。

四皇[編集 | ソースを編集]

  1. 偉大なる航路の後半で鎬を削る四強のこと、らしい。
    • 軽く30億を超える賞金が課せられている。
  2. ちなみに、作者は元々コッチとの戦いしか考えていなかったらしく、七武海は後付けである。

白ひげ海賊団[編集 | ソースを編集]

  1. ロジャー亡き後の一時代を築いた最強の勢力(と言われていた)。
  2. なんか最初に出てきた時と海賊旗が違う気がするが、勘ぐってはいけない。
  3. 勢力内では麻薬と人身売買は禁止。
    • 勿論仲間殺しは厳罰である。
    • 一時期、魚人島もナワバリとしていた。
      • なんでも昔、王子だった時代の現国王により船長が助けられた恩義らしい。
  4. 本隊は十番隊まで存在する。
    • 番号が若けりゃエライというわけではない。
  5. 部下は船長を父親として慕っている。
    • 過去には唯一「兄弟分」がいたとか言う噂である。
    • 部下の海賊の中には独立した艦隊を有するものも多いので、勢力は非常に大きい。
  6. 船長及び2番隊隊長死亡後は一気に落ちぶれた。
    • あまりに広いナワバリを有していたが故に、大看板である船長の死は大きな痛手となった。

ビッグ・マム海賊団[編集 | ソースを編集]

  1. メルヘンチックだが、全体的にやかましい。
  2. 数多の国から大量のお菓子や原料を税として徴収しているろくでもない連中。
    • 白ひげ没後の魚人島もナワバリとしていた。

百獣海賊団[編集 | ソースを編集]

  1. 四皇の中で最も血の気が多い一党。
  2. メンバーは皆角のような飾りをしている。
    • 女性用の隊服が非常にエロい。
  3. 船長がすぐ死にたがったり酒飲んで暴れたりと気苦労が堪えない。
    • こんな奴の息子(いや実際は娘だけど)として育てられりゃそりゃグレるわけである。
    • 頻繁に他の四皇にケンカを売りたがるので、海軍や市民、内部の将兵ですら船長には胃を痛めている。
  4. 上から順にヒエラルキーは 船長→大看板→飛び六胞→真打ち→ギフターズ→プレジャーズ→ウエイターズ となっている。
    • 大看板は災害レベルの強さを有する事から三害とも呼ばれる。
    • 飛び六胞は三害同様、いずれも古生物の能力者である。
      • 各員七武海レベルの強さと言われている。
    • 真打ちはギフターズの中から選ばれる指揮官クラスであり、強さはピンキリ。
      • 中には普通の能力者もいるが、彼らは他の海賊団からのスカウト。
    • ギフターズはSMILEという人造悪魔の実の能力者で、真打ち含めて500名もいるらしい。
    • プレジャーズはSMILEを食ったが能力が得られなかった「出来損ない」で、笑い以外の感情を奪われている。
    • ウエイターズはSMILEを食べる権利をまだ持ってない連中…だが、その機会は永遠に失われた。

赤髪海賊団[編集 | ソースを編集]

  1. 四皇(ワノ国編以前)の中でも一番穏健派で最若手。
  2. ぶっちゃけ何をやってるのかよくわからない。
    • 特に船長が×××に出入りしたりしてるし…。
    • ただ、船員たちは仲が良さそうで何よりだ。

黒ひげ海賊団[編集 | ソースを編集]

  1. 元は白ひげ海賊団の一兵卒だったヤツが旗揚げした一団。
  2. 当初はただのイカダで航海していた。
  3. わずか5人でドラム王国を滅ぼしたが、何がしたかったのかはいまだ不明。
    • 王国軍は真っ先に逃げ出したため、国民からはむしろ喜ばれてやんの。
  4. そしてインペルダウンで囚人をスカウトし、白ひげに引導を渡した。
  5. 原理は不明だが悪魔の実の能力者を殺して能力を奪っている。
  6. 「落とし前戦争」により白ひげ海賊団のお株を完全に奪って四皇の後釜に収まってしまいやがった。

クロスギルド[編集 | ソースを編集]

  1. 七武海制度撤廃につき、元七武海である3海賊が結託して作り出した大犯罪組織。
  2. 事もあろうに海兵に賞金を懸ける暴挙に出ている。
  3. 珍しく四皇本人より幹部の方が懸賞金が高い。

王下七武海[編集 | ソースを編集]

  1. 世界政府公認の私掠船。
  2. 海軍四皇と並ぶ三大勢力とされていた。
  3. しかし麦わらの一味との交戦・同盟による資格剝奪や反世界政府活動による除名もあって権威失墜。
  4. 最終的に七武海による被害を受けた国王2名と海軍大将藤虎の発議により制度自体が廃止となる。
    • そしてその代わりとなる「戦力」も海軍は手にしたらしいが…?
  5. 海軍や四皇が組織力も強いのに対して、個人や数人でやってる海賊もいる。

バロックワークス[編集 | ソースを編集]

  1. 正確には海賊ではなく陰謀結社である。
  2. 理想国家建設の為、破壊工作や資金調達などを行っていた。
  3. 社訓は「秘密」であり、ちょっとでも社長の機嫌を損ねると殺される。
    • 福利厚生は割とちゃんとしているのでアメとムチの使い方がうまかったのかもしれない。
    • 社員同士であっても椅子の奪い合いでの殺し合いは日常茶飯事。
  4. アラバスタ革命を手引きしていたが、勇敢なる海軍の活躍によって壊滅した。
    • 一説によれば麦わらの一味が関与していたなどという流言飛語の類もある。

タイヨウの海賊団/魚人海賊団[編集 | ソースを編集]

  1. 正式名称が「タイヨウの海賊団」であり「魚人海賊団」は人間側が勝手につけた名称。
  2. 初代船長没後、二代目船長が七武海となった。
  3. タイヨウの焼き印は奴隷かそうでないかを区別させないために作ったもの。
    • というのが表向きの考え。
  4. 二代目船長が七武海辞任後はビッグ・マム海賊団傘下にいたが、決別し麦わらの一味に助力するようになった。

ドンキホーテファミリー[編集 | ソースを編集]

  1. 元は北の海のチンピラが集まって結成した組織だったが、徐々に規模を増し、最終的に天上金(天竜人への献金)を襲撃し、王下七武海入りした。
  2. ドレスローザを乗っ取って好き放題にしていた。
    • 海賊が世界政府加盟国を支配するなど世も末である。
  3. 部隊は♠、♣、♦の3つに分かれている。
    • ♥はある理由で空席。
    • ♠は特攻部隊、♣は能力者部隊、♦は格闘部隊。
  4. 船長の失態が露見し、逮捕・壊滅を来した。

スリラーバーク[編集 | ソースを編集]

  1. 船長は元々カイドウとも渡り合うほどの大海賊だったが、惨敗後は怠惰で他人任せのゾンビおじさんに落ちぶれた。
  2. 西の海から島一個丸ごと移設した、世界最大の海賊船が本拠地である。
    • どうやってこんなでかいもので偉大なる航路に入ったのかツッコんではいけない。
  3. 霧に包まれた「魔の三角地帯」に海賊をおびき寄せてゾンビにしていた。
  4. しかししょうもない煽りに乗って前線に出てきた船長が麦わらに敗れた(というか自滅した)ことで権威が失墜し、幹部たちが失踪したことで実質ただの浮島と化した。

九蛇海賊団[編集 | ソースを編集]

ONE PIECEに登場する国家#アマゾンリリー

バギーズデリバリー[編集 | ソースを編集]

架空の企業/ま~わ行#バギーズデリバリー

ハートの海賊団[編集 | ソースを編集]

  1. 船長が闇医者という珍しい一団。
    • 勿論医師免許なんて物は無く独学である。
    • 過去に50億で取引されたという「オペオペの実」を食べたため、人間の体を一瞬でバラバラに出来る。
      • 七武海に入った際には100人もの海賊の心臓を手土産に持ってきた。怖っ。
        • ハートの海賊団ってそういう意味だったのか~。
  2. 航海士が熊。
  3. 母艦は潜水艦である。
  4. 前掲の麦わらの一味と同盟を組んだため資格剥奪となった。
  5. 過去にロッキーポート事件と言うものを起こしたらしい。
    • この事件により黒ひげは王直を倒したそうだ。

壊滅済み/過去の海賊団[編集 | ソースを編集]

巨兵海賊団[編集 | ソースを編集]

  1. 100年前に海という海を脅かした、エルバフの戦士たちで結成された一団。
  2. 船長がしょうもないことで喧嘩を始め、自然解体された。
    • 残党は政府に捕らえられたが心あるシスターにより改心させられ、海軍に巨人兵士が加入する切っ掛けとなった。

ルンバー海賊団[編集 | ソースを編集]

  1. 泣く子も笑わせると言われた、半世紀前の音楽好きの海賊。
    • 西の海出身。
  2. クジラとの約束をすっぽかして偉大なる航路から逃げ出したらしい。
    • どうも誤報なようだが。

ロジャー海賊団[編集 | ソースを編集]

  1. 現在、唯一世界一周を成し遂げた「海賊王」の一団。
    • そのため関わっただけで死刑とさえ言われている。
  2. かつて白ひげ海賊団の二番隊隊長だった光月おでんも一時期乗っていたらしい。
  3. 下働きには四皇赤髪、七武海(現四皇)千両道化がいた。
    • ぶっちゃけそれ以外のメンバー(副船長除く)の扱いはというと…。
  4. 世界一周を成し遂げた後、不治の病により船長自ら解散命令を出した。
    • 世界政府はこれを隠蔽し「我々の活躍により捕らえた」と見栄を張っている。

ロックス海賊団[編集 | ソースを編集]

  1. 世界征服という意外にも今までいそうでいなかった野望(映画のキャラは除く)を抱いた極悪人・ロックス率いる一団。
  2. 後の白ひげビッグ・マム金獅子カイドウ、キャプテン・ジョンなどといった超大物が所属していた。
    • 王直、銀斧なる謎の人物もいた。
    • しかし仲間殺しが日常茶飯事という超DQN集団の集まりでチームワークなどあったものではなく、壊滅後散り散りになった団員たちは皆ここに所属していたことを半ば黒歴史のように思っている。
  3. 過去にロジャー海賊団と交戦し、更に「海軍の英雄」ガープ中将も加わった事で敗北、悪の野望は潰えた。
    • この戦いの行われたゴッドバレー島は消滅した

金獅子海賊団[編集 | ソースを編集]

  1. かのロックス海賊団の残党「金獅子」率いる大海賊時代以前に猛威を振るった海賊艦隊。
    • 50隻以上の戦艦を率いており、一時期は白ひげ一味に匹敵する強さだったらしい。
  2. ロジャー海賊団との決戦「エッドウォーの海戦」の折に偶然大嵐が起きて大惨敗を喫した。
    • 要するに50対1で負けた。
      • この屈辱を受けた金獅子が、「なんもかんも出来の悪い航海士が悪い」と思った……かどうかは定かではない。
    • 結果、「金獅子」の脳天に舵輪が突き刺さってしまい、言動も変になった。(元からの可能性もあるが)
  3. ロジャー処刑の際に金獅子は部下をほっぽらかして自分ひとりでマリンフォードに乗り込んで大立ち回りを演じ、町を半壊させ、インペルダウン送りになった。
    • しかし海楼石製の錠が掛けられた両足を切断し、自分の能力で牢を破り、インペルダウン史上初の脱獄囚となる。
  4. その後、残党を集めて巨大な空中ビオトープを作っていたとか言う噂である。
  5. 船長は凄いが他はボンクラの集まりだったようで、少しでも失敗した部下はすぐ殺してしまうというブラック組織に成り果てていた。
    • しかも、高齢なうえに両足が無かったとはいえ2年前の「麦わら」にやられていては世話は無い。
      • 能力自体はスゴいのだが、覇気が足りなかったようである。そりゃ元同僚も「能力で世界は取れねえ! 覇気こそが全てを決する!」とか言ってたわけだ。

ブルージャム海賊団[編集 | ソースを編集]

  1. ゴア王国の貴族に賄賂を渡し、略奪行為どころか殺人すら黙認されていた海賊。
  2. 幼い頃の「麦わら」と「火拳(当時は無能力者)」が最初に戦った海賊でもあるらしい。
  3. ゴア王国に天竜人が訪れる前日、巨大なゴミ捨て場「不確かな物の終着点(グレイターミナル)」に放火を行い、そのまま火に飲まれて全滅した。
    • 放火の前日には麦わらや火拳、グレイターミナルの貧民らに金を渡しアルバイトと称して油と火薬の入った樽を運ばせておくという念の入れようである。
    • しかしそれだけ入念な計画の割にはあっけなく自滅しているのは不可解な点である。

ニセ麦わらの一味[編集 | ソースを編集]

  1. フィクション作品で一度は出てくる偽モノ集団
    • あまり本人たちに似てない。作中でも似てないと思われている。
      • 「何かあった未来」って言われたらあんな風に変貌してもおかしくない気はするから、騙される人が出るのも分からなくはない。
  2. 麦わらの一味崩壊の2年後、シャボンディ諸島で結成。
    • 本物の麦わらの一味再結集と場所も時期もかち合うという変な奇跡が起こっている。
  3. 傘下が結構強い。
    • なのでトータルバウンティーはまさかの5億ベリー超え。
      • 当時の麦わらの一味が7億ベリー強なので意外に差がない。
    • ニセ麦わらことデマロ・ブラックも2600万ベリーの懸賞金がかかっている。
      • アーロンより上と考えるとなかなかのもの。
  4. 最後には海軍により壊滅。
    • 傘下入りしていたカリブーは麦わらの一味を討ち取る気まんまんだったので、海軍に捕縛されたのはかえって運が良かった。

東の海[編集 | ソースを編集]

クロネコ海賊団[編集 | ソースを編集]

  1. 全員男なのに猫耳を着用しており気色悪い。
  2. 船長がとんでもないロクデナシ。
    • 自分から悪党に落ちぶれたくせに、海軍に狙われるのが嫌で部下を影武者に仕立てて隠遁生活を送り、働き先の家の当主夫妻が亡くなると娘に遺言書を偽造させて殺し、自分がその遺産を相続してニート生活を送ろうとしくさっていた。
      • しかもその際に手足とするかつての部下たちも、村を襲わせて財産を徴収したら証拠隠滅の為に皆殺しにしようとしていた。
  3. 結局その計画は阻止されるが、こんなロクデナシをまた押し付けられた部下たちはどうしたんだろうか。

クリーク海賊団[編集 | ソースを編集]

  1. 『最弱の海』東の海最強の一団で50隻の戦艦を有する。
    • しかし一番人数が多いだけじゃねえのという指摘もある。
  2. 船長がとんでもないロクデナシ。
    • 戦いの際には白旗を上げて突撃したり、味方の犠牲も厭わずに毒ガスを使用したりする。
    • なぜか海軍大将(後の元帥)と声が似ている。
  3. やけに進んだ科学技術を有しているので、某マッドサイエンティストや某北の海の悪の組織が関与しているのかもしれない。
  4. グランドライン入りして初手ミホーク遭遇は無理ゲー過ぎる。

アーロン一味[編集 | ソースを編集]

  1. 「アーロン海賊団」と思っている人も多いかもしれないが実は上記魚人海賊団の分派なので「一味」が正しい。
  2. タイヨウの海賊団が七武海になったのと引き換えに東の海に現れ、破壊と略奪をくりかえしたテロリスト集団。
    • 筋金入りのレイシストながら、人間の官憲をワイロで買収しておくあたりが流石『偉大なる航路』帰りである。
      • 流石というか、田舎に引っ込んで人間の小悪党と癒着してるあたり、心はバキバキにへし折れてる。
  3. 本拠地がなんで「パーク」なんだ?という疑問の答えは50巻近く後で判明した。
  4. 勿論船長はとんでもないロクデナシだが、上記2名に比べれば部下に対してだけは優しい。民族主義者だから。

偉大なる航路前半[編集 | ソースを編集]

ブリキング海賊団[編集 | ソースを編集]

  1. 上記黒ひげ海賊団から逃げ出した悪徳国王の作った海賊団。
    • ほぼただの亡命政権。
  2. 麦わらからは「海賊遊び」と言われてしまった。
  3. 国王がまた放逐されたので壊滅。

猿山連合軍[編集 | ソースを編集]

  1. 絵本『うそつきノーランド』の主人公とされるモンブラン・ノーランドの子孫である潜水夫のじいさんを慕う2つの海賊団の連合。
    • 集まった理由は単に絵本のファンだから。
  2. 船を襲う際にはわざわざ沈めてから引き上げるほどのサルベージャー。

ベラミー海賊団[編集 | ソースを編集]

  1. ドンキホーテファミリー傘下のおちゃらけ集団。
    • 船長は強かったがそれ以外はただのチンピラの集まりでしかなく、現状維持しか頭に無かった三流。
  2. 空島突入に際し壊滅したっぽい。

フォクシー海賊団[編集 | ソースを編集]

  1. 仲間を奪い合う海賊のゲーム「デービーバックファイト」の雄として知られる一団。
    • あらゆる卑怯な手口で様々な海賊団から人員を引き抜き、大規模な海賊団を編成している。
  2. 船員は全員黒いSM仮面を着用。
  3. 麦わらにDBFで敗れた事により、帆と旗を落書きされた。
    • 『ワンピースパーティ』で再登場した時には「あんなもんとっくに捨てたわ!!」と言われた。そりゃそーよ。
  4. OPでは毎週母艦を麦わらに沈められている。原作ではそんなシーンないのに。

関連項目[編集 | ソースを編集]

ONE PIECE

ファンの噂 | 言われたくない | 悪魔の実が実在したら
もしwiki:ルフィが○○人だったら | 大ヒットしていなかったら
偽モノの特徴:作品登場人物 | こんなONE PIECEは嫌だ
ベタの法則 | 船上火災ジョーク | 悪魔の実を食べるなら
海賊 | 世界政府 | 登場する国 | 登場する都市
ざんねんなキャラ | ばかせつ