PC周辺機器メーカー

提供:chakuwiki

アイ・オー・データ機器[編集 | ソースを編集]

  1. I-Oとはインプットとアウトプットが由来。
  2. 「挑戦者」と言う上級者向けブランドがあるが、BUFFALOの玄人志向と比べて存在感が全く無い。
    • いつの間にか公式サイト・通販サイト(ioPLAZA)双方のトップページから姿を消してしまった。
  3. サウンドカードのクリエイティブテクノロジー(日本法人はクリエイティブメディア株式会社)と関係がある。
  4. 実はデジタルオーディオプレーヤーをかなり早くから出していたが、iPodに押されてシェアを伸ばせなかった。
    • 広告に釈由美子が出演していた。
  5. 本社は金沢市にあり、北陸道で金沢西インター付近を走行していると見える。

ELECOM[編集 | ソースを編集]

  1. Logitecが子会社。
    • 両社をマウスのメーカーと認識していた者はブランドイメージの逆転に衝撃を受けた。
    • ロジテックと、ロジクールは紛らわしい。
      • ロジクールは、海外ではLogitechなので、紛らわしくなるのを防ぐためにわざわざ日本名を変えた。
  2. 詰め替えインクは安すぎてエプソンキヤノンから訴訟を起こされた。
  3. Elecomと打とうとして、「えぇこむ」になって軽く脱力する。
  4. 日本アンテナを買収した
  5. 2023年、美容家電のテスコムを買収した。

メルコグループ[編集 | ソースを編集]

  1. Maki Electorical Laboratory Companyの略でメルコらしい。
    • Makiは創業者の牧誠さんから。
  2. シマダヤを傘下に収めた際には、株主から食とITの融合でも目指すのかと嗤われていた。
    • 結局離脱する模様
  3. 2023年、某家具屋姫を社外取締役として起用することになった。

BUFFALO[編集 | ソースを編集]

本社の入る赤門通ビル
  1. PC周辺機器メーカーとしてアイ・オー・データ機器と並び国内2大メーカー。
  2. 旧社名はメルコ
    • ドメイン名等が三菱電機(Mitsubishi Electric Corporation)と紛らわしかったのは有名
      • melco.co.jpは三菱電機に先にとられてしまったため、こちらは仕方なくmelcoinc.co.jpとなった。
    • 駄メルコと呼ばれることも
  3. 吾郎
  4. コクヨと手を組んでいる。(バッファローコクヨサプライ)
  5. セキュリティのない無線LANに接続して、IPアドレスが「192.168.11.*」だったらここの製品を使っている可能性大。
    • 他社は「192.168.0.*」か「192.168.1.*」がほとんど。
  6. Buffalo buffalo Buffalo buffalo buffalo buffalo Buffalo buffalo」の中に、ここの企業名は含まれていないらしい。
  7. 最初は高級オーディオ機器メーカーだった。
    • PC周辺機器第一号がプリンタバッファという製品だったので、ブランドが「バッファロー」になった。
    • 最近、また高級デジタルオーディオ製品を出すようになった。
  8. 創業者の父親は製麺業者シマダヤの創業者。
  9. 本社は大須赤門通ビル。
    • 本来、大須はただの寺社地兼下町でしかないところだが、今は大津通挟んで向かい側にジョーシンがあり、会社の裏手にはキモオタ向けのお店と外人向けのお店がならんでいたりと、いかにもな土地。
  10. メルコホールディングス傘下の事業会社だったが、同社と合併して上場会社に変わった。
    • 創業家はメルコグループという会社を立ち上げ、そこがバッファローとシマダヤという上場子会社2社等の事業会社を傘下に抱える形になるらしい。
  11. ソニー・インタラクティブエンタテインメントからnasneを継承した。

玄人志向[編集 | ソースを編集]

  1. 「玄人志向」はここバッファローのブランド
    • 苦労と思考。
  2. パッケージのサングラスの男は社長とかではなく、名も無き一社員。

シマダヤ[編集 | ソースを編集]

  1. 製麺の会社。
    • 2018年にメルコホールディングスが出資してグループ入り。
  2. 元々は名古屋市昭和区にて創業の米穀業「島田屋商店」に始まる。
    • 創業者の名前は牧清雄さん。島田さんではない。

トゥーコネクト[編集 | ソースを編集]

  1. 空気清浄機のAirdogの製造販売元。

関西電機[編集 | ソースを編集]

  1. パソコン関連の機器やソフトウェアを製造販売していたメーカー。
  2. 社名に「関西」とあるが、実は広島市に本社があった。
    • もっとも「関西」という語は歴史的には西日本全体を指して用いられたこともあった。
  3. 2005年に自己破産。
  4. 現在でも、この企業と無関係な似た名前の企業は関西にいくつか存在する。
  5. なお「関西電機」という語は、この企業とは無関係に「関西の電機メーカー」という意味で使われることがある。

サンワサプライ[編集 | ソースを編集]