ヨーロッパのサッカークラブ

提供: chakuwiki
RCDマジョルカから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
  • 五十音順。

イタリア[編集 | ソースを編集]

ASローマ[編集 | ソースを編集]

  1. ラツィオとはライバル関係。
  2. 何と言ってもトッティ。
  3. 一時期中田英寿も在籍していた。

SSラツィオ[編集 | ソースを編集]

  1. ASローマとはライバル関係。
  2. サポーターは「ラツィアーレ」と呼ばれる。

イングランド[編集 | ソースを編集]

ウェストハム・ユナイテッドFC[編集 | ソースを編集]

  1. ロンドンの東部をホームタウンとするサッカークラブ。愛称はハマーズorアイアンズ。
  2. ユース組織が充実しており、後にビッグクラブに移籍する選手も少なくない。

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC[編集 | ソースを編集]

  1. ウェスト・ブロムウィッチをホームタウンとするサッカークラブ。
    • 愛称はスロッスルズorバギーズ。略称はWBA。
  2. プレミアの前身・フットボールリーグに最初から参加した12クラブのうちの一つ。

ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC[編集 | ソースを編集]

  1. ウルヴァーハンプトンをホームタウンとするサッカークラブ。
  2. 愛称はウルブス。

エヴァートンFC[編集 | ソースを編集]

  1. リヴァプールをホームタウンとするもう一つのサッカークラブ。愛称はトフィーズ。
  2. リヴァプールとの試合は「マージーサイド・ダービー」と呼ばれている。

クリスタル・パレスFC[編集 | ソースを編集]

  1. ロンドンの南部をホームタウンとするサッカークラブ。愛称はイーグルス。
    • クラブ名の由来は1851年のロンドン万博の会場として建設された「水晶宮」から来ている。
  2. ホームのユニフォームがFC東京っぽい。
  3. ブライトン&ホーヴ・アルビオンとの試合は「M23ダービー」「A23ダービー」と呼ばれている。

サウサンプトンFC[編集 | ソースを編集]

  1. サウサンプトンをホームタウンとするサッカークラブ。愛称はセインツ。
  2. 吉田麻也がかなり長く所属していた。

シェフィールド・ユナイテッドFC[編集 | ソースを編集]

  1. シェフィールドをホームタウンとするサッカークラブ。愛称はブレイズ。
  2. イングランドの中で「ユナイテッド」を冠するクラブとしては現存する最古のチーム。

チェルシーFC[編集 | ソースを編集]

  1. ロンドンの西部をホームタウンとするサッカークラブ。愛称はブルーズ。
  2. 2015-16シーズンから横浜ゴムが胸スポンサーに。

トッテナム・ホットスパー[編集 | ソースを編集]

  1. 創立は1882年。愛称はスパーズ。お金持ちクラブだがマンCのお陰で知られていない
  2. アーセナル、チェルシーがあるせいか影が薄い。Jリーグの湘南のような立場。
  3. 最大のライバルは同じノース・ロンドン地区のアーセナル。アーセナルサポは必ずと言っていいほどトッテナムの名前を聞いただけで眉が吊りあがる。トッテナムを讃える話をするとかなり気まずくなる可能性あり。逆もあるらしい
  4. 今年のプレミアリーグユニフォーム激ダサ現象の中数少ないまともなユニフォームを着用しているチームw
  5. モドリッチはかなりのイケメン。ウッドゲイトも。ロビーキーンもかっこいい。フィールドプレーヤーはなかなかかっこいい選手が多し
    • モドリッチと言っても決して保険料が戻る自動車保険とは一切関係がない。
    • 2013年現在はウェールズ代表のベイルが注目選手の1人。
  6. 補強策は結構場当たり的。レギュラーの2トップを放出して、案の定FWの力不足に悩んだ結果、シーズン半ばに放出したうちの1人(ロビー・キーン)を呼び戻したり。
  7. 2010-2011シーズン、CL初出場。ここを抑えてグループリーグ首位で決勝トーナメントに進出。
  8. ホットスパーと名がついてるものの、某小売会社とは関係ない。
  9. かつては、元日本代表選手の戸田和幸もここに在籍していた。
  10. ポルトガルのFCポルトをEL優勝に導くも、チェルシーで失脚し、その汚名返上を狙う若き指揮官ヴィラス=ボアスにも注目。
    • 2013-14シーズン途中に解任されてしまった…。
    • 2019-20シーズンからは名将・モウリーニョが就任。

ニューカッスル・ユナイテッドFC[編集 | ソースを編集]

  1. ニューカッスルをホームタウンとするサッカークラブ。
  2. このチームのサポーターは「トゥーン・アーミー」と呼ばれている。

ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC[編集 | ソースを編集]

  1. ブライトン・アンド・ホヴをタウンとするサッカークラブ。
    • 愛称はカモメを意味するシーガルズ。
  2. クリスタル・パレスとの試合は「M23ダービー」「A23ダービー」と呼ばれている。

フラムFC[編集 | ソースを編集]

  1. ロンドンの西部・フラム地区をホームタウンとするサッカークラブ。愛称はコテージャーズ。
  2. 日本では「フルハム」「フルアム」と紹介されることもある。
  3. 一時期稲本潤一が所属していた。

マンチェスター・シティFC[編集 | ソースを編集]

  1. マンチェスターをホームタウンとするもう一つのサッカークラブ。
  2. このチームのサポーターはクラブの愛称をもじって「シチズン」と呼ばれている。

リーズ・ユナイテッドFC[編集 | ソースを編集]

  1. リーズをホームタウンとするサッカークラブ。愛称はホワイツ。
  2. プレミアリーグの前身のフットボールリーグ・ディビジョン1で最後に優勝したクラブ。
  3. 一時期井手口陽介が所属していた。

リヴァプールFC[編集 | ソースを編集]

  1. リヴァプールをホームタウンとするサッカークラブ。愛称はレッズ。
  2. なかなかプレミアで優勝できなかったが、2019-20シーズンに初優勝。
  3. エヴァートンとの試合は「マージーサイド・ダービー」と呼ばれている。

レスター・シティFC[編集 | ソースを編集]

  1. レスターをホームタウンとするサッカークラブ。
  2. 何と言っても「ミラクル・レスター」。その中心には岡崎慎司がいた。

オランダ[編集 | ソースを編集]

アヤックス[編集 | ソースを編集]

  1. オランダのトップ3クラブの一つ。フェイエノールトとはライバル関係。
  2. クライフの「14」は永久欠番となっている。

フェイエノールト[編集 | ソースを編集]

  1. オランダのトップ3クラブの一つ。アヤックスとはライバル関係。
  2. かつて小野伸二と宮市亮が所属していた。

PSVアイントホーフェン[編集 | ソースを編集]

  1. アイントホーフェンをホームタウンとするサッカークラブ。
  2. オランダのトップ3クラブの一つ。
  3. 「ブーレン」というニックネームがある。
  4. 2019年から堂安律が所属。
  5. クラブポリシーは「最もずる賢くあれ」。

FCユトレヒト[編集 | ソースを編集]

  1. ユトレヒトをホームタウンとするサッカークラブ。
    • 3つのクラブが合併して1970年に創設。
  2. かつて藤田俊哉と高木善朗が所属していた。
  3. 日産自動車が胸スポンサーを務めていた時期がある。

VVVフェンロー[編集 | ソースを編集]

  1. フェンロ―をホームタウンとするくサッカークラブ。
  2. 「VVV」は「フェー・フェー・フェー」と読む。
  3. 本田圭佑や吉田麻也らがここでプレーした経験がある。

スペイン[編集 | ソースを編集]

RCDマジョルカ[編集 | ソースを編集]

  1. 川崎フロンターレの大久保嘉人が在籍。
    • 04-05シーズン途中入団し、デビュー戦で1得点1アシストするなど残留に貢献。翌05-06シーズンまで在籍、39試合5得点5アシスト。
      • ちなみにこの残留劇は「マジョルカの奇跡」とも言われた程の奇跡的な出来事だった。少なくとも地元マジョルカでは伝説となっている出来事に大久保は居合わせただけではなく、貢献もした。
  2. サッカーカメルーン代表FWエトーも在籍。
    • 当時から代表でもクラブでも抜群のスピードを活かしてディフェンダーを置き去りにするプレーが光っていた。「活きの良い若手ってレベルじゃねーぞ」なんて言っていたのもつかの間、やがて「黒い宝石」と呼ばれて、遂にはインテルで10数億円プレーヤーになった。
      • ちなみに「マジョルカの奇跡」時代の監督はそのインテルの元監督、エクトル・クーペル。個人的にクーペル時代のインテルは好きでした。
    • エトーはレアルのカンテラ(ユース)で育ったので保有権の50パーセントをレアルが持っていた。ただ本人は出場機会に恵まれなかった為かレアルに恨みを持っていて、マドリードに戻る気は更々無く、擦った揉んだの末に何と永遠のライバルであるバルサへ移籍した。
  3. レアルとマジョルカは、今の阪神広島の様な関係、かもしれない。
  4. 2010年は財政難により、リーガ・エスパニョーラで5位に入り、ヨーロッパリーグ出場権を手にしながら、UEFAが2010-11シーズンのヨーロッパリーグから追放した。
    • なお、負債は8500万ユーロ(約96億円近く)に達する模様。
  5. ご当地出身のプロテニスプレーヤーである、ラファエル・ナダルが2010年7月にクラブの株主になった。

アトレティコ・マドリード[編集 | ソースを編集]

  1. マドリードのもう一つの名門クラブ。
    • レアルとは長年のライバル関係。

セビージャFC[編集 | ソースを編集]

  1. セビリアをホームタウンとするサッカークラブ。
  2. ここのサポーターは富裕層が多いらしい。
  3. 一時期清武弘嗣が所属していた。

レアル・サラゴサ[編集 | ソースを編集]

  1. アラゴン#サラゴサをホームタウンとするサッカークラブ。
  2. コパ・デル・レイでは6回の優勝経験があるが、近年は2部リーグが定位置になりつつある。
  3. 一時期香川真司が所属していた。

レアル・バリャドリード[編集 | ソースを編集]

  1. バリャドリードをホームタウンとするサッカークラブ。
  2. 一時期城彰二が所属していた。

ドイツ[編集 | ソースを編集]

シャルケ04[編集 | ソースを編集]

  1. クラブ名の「04」は創設年の1904年に由来している。
  2. 内田篤人が結構長い間在籍していたクラブ。

バイエル・レバークーゼン[編集 | ソースを編集]

  1. 創設1904年の古豪クラブだが、何故かリーグタイトルには縁が無い。
    • 2001-02シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ・ブンデスリーガ・ドイツカップで全て準優勝に終わる「準三冠」を達成してしまったことも…。
  2. 日本人では風間八宏・細貝萌が所属していたことがある。

バイエルン・ミュンヘン[編集 | ソースを編集]

  1. ドイツで人気・実力・資金力ともダントツでNo.1のサッカークラブ。
    • ドイツ代表もこのチームの選手を中心に構成される事が多い。
      • 日本でも有名なキーパーでキャプテンのオリバー・カーンや、皇帝ベッケンバウアー、爆撃機ゲルト・ミュラーなどのレジェンドプレーヤーもこのクラブから。
  2. 創立(1900年)以来無借金経営。Jリーグ各チームも少しは見習え。
  3. 現ローマ教皇もファンクラブ会員。
  4. 浦和レッズに負けたことがある。
    • ビッグクラブ恒例の集金ツアーでしょ?
  5. 日本のサッカーファンからは、標準ドイツ語に近い「バイヤン」と呼ばれることが多い。
  6. (当時)ベッカム擁するマンチェスター・ユナイテッドに、後半のロスタイムだけで2点を奪われる大逆転負けでビッグイヤーを逃した事がある。
    • 「カンプ・ノウの悲劇」。ちなみにカンプ・ノウはバルサのホームスタジアム。
  7. 前にカーンが連続何時間だったか忘れたけど無失点記録を継続していた事があったけど、その記録に終止符を打ったのは何と日本から来たスシボンバーだった。
  8. 少し前にセバスチャン・ダイスラーというサッカー大国ドイツにおいても稀に見る才能を持った選手がいたけど、度重なる怪我に心の病まで患って若過ぎる引退をしてしまった。
    • チェルシーへ行ったバラックと共にドイツ代表を支えるべき逸材中の逸材だったのに・・・。もちろん背番号は「10」で。
  9. 昔は同じミュンヘンの1860ミュンヘンの方が強かったため、なんとブンデスリーガ1部の初年度メンバーから落選。
    • ブンデスリーガ1部は1都市1クラブでの状態から始動した為。
  10. 世界屈指の金持ちクラブながら、イタリア・スペイン・イングランドのビッグクラブと違い、これまではスター選手を買い漁ることは滅多になかった。
    • ところが、チャンピオンズリーグの出場権を逃した2007年から一転してリベリー、トーニ、クローゼら大物選手を次々に獲得。2009年もロッベンを獲得した。
  11. ドイツ一のビッククラブゆえ、些細なスキャンダルさえマスコミの格好のネタとなる為、(主にアンチから)「FCハリウッド」とあだ名されている。
  12. 宇佐美貴史がいた事は互いにとっても黒歴史か?
  13. 土地柄らしく優勝したらビールかけ。

1.FCケルン[編集 | ソースを編集]

  1. ブンデスリーガの初代王者。
  2. かつては奥寺康彦、最近では槙野智章・長澤和輝・大迫勇也が在籍していたクラブ。

トルコ[編集 | ソースを編集]

ガラタサライ[編集 | ソースを編集]

  1. トルコで2番目の規模を誇るサッカークラブ。1位はフェネルバフチェ。
    • ベシクタシュを含めた3チームは国外でも有名なクラブチーム。
    • ライバル、フェネルバフチェの(2008年3月)現在の監督がジーコ。
      • 2009-2010シーズンはここの監督も務めた元オランダ代表のライカールトが監督就任。
  2. トルコの代表選手だけではなく国外の有名選手も在籍する。
    • かつてはハジなども在籍していた。
    • 去年(2006~07シーズン)まで稲本がいた。
    • 2018年より長友加入。
  3. イングランドのフーリガンも真っ青の狂信的なサポーターが多い事でも有名。他の欧州のチームはガラタサライに限らず、トルコでのアウェー戦は非常に戦々恐々としているとか…。

ベルギー[編集 | ソースを編集]

シント=トロイデンVV[編集 | ソースを編集]

  1. おそらくヨーロッパで最も多くの日本人選手が在籍したクラブ。
    • DMM.comが出資しているため。

関連項目[編集 | ソースを編集]