SG

提供: chakuwiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

楽器弦楽器ギターモデル別SG

SGの噂[編集 | ソースを編集]

トークに、SGに関連する動画があります。
  1. ソリッドギター(Solid Guitar)の略。
    • Sentimental Graffiti」の略でも「School Girl」の略でもない。
      • 確かに前者の作品にもギタリストいるけどな!
    • ソリッドギターは、ソリッドボディを持つギター、つまり一般的なエレキギターの事。
  2. ギブソン製のものを指す事が多いけど、YAMAHA製のものも有名。
    • YAMAHA製の主な使用者と言えば何と言ってもカルロス・サンタナ。本人モデルも出ていて、仏SGは有名。
      • 高中正義もお忘れなく
    • YAMAHAのはダブルカッタウェイというだけで形もサウンドの傾向も完全に別物。
    • ギブソンのSGは廉価版に近い扱いだがヤマハのは自社最高級ラインナップ。
  3. 主な使用者は、トニー・アイオミ(Black Sabbath)、アンガス・ヤング(AC/DC)、ピート・タウンゼント(The Who)、フランク・ザッパ、などなど。
    • クリーム時代のクラプトンが使っていた事でも有名。これまたサイケな絵が描いてある。
    • アイオミ先生のモデルはインレイ(ポジションマーク)が十字架、アンガス・ヤングのモデルはインレイが稲妻になっているのが特徴。
    • ピート・タウンゼントは最近赤いストラトを使っているイメージが強いけど、髪があった若い頃を模したフィギュアなんかはちゃんとSGを持っている。
  4. けいおん!」で、さわ子先生が「売って部費の足しに」と言って渡してくれたのがこのギター。
    • 結果はご存知の通り(?)貴重なハカランダ材を用いたヴィンテージギターだったらしく50万で売れました。HTTのメンバーは隠そうとしました。
    • その際に、クラプトン(クリーム時代)らしき人→ランドセルおじさん(アンガス・ヤングらしき人)→アイオミ先生らしき人→風車おじさん(ピート・タウンゼントらしき人)の順番でシルエットが登場した。
      • ちなみに唯がやっていたウインドミル奏法(腕を大きくぐるんぐるん回して弾くやつ)はこのピート・タウンゼントの得意技です。
    • そんなヴィンテージ品を簡単に手放すさわちゃんもすごい。
      • 部室の大掃除か何かで埃を被って出てきて価値は知らなかったんじゃなかったっけ?破格で売れる→値段を聞かれる→リーダー領収書食べる→さわちゃん吐き出させる→メンバー土下座する。
        • 結構有名なヴィンテージギター。さわちゃんともなればその価値を知ってて当然のはずだが・・・
      • さわちゃんが親戚からもらったギターらしいが、それをくれる親戚っていったい・・・ 謎だ。
  5. SGを2つくっ付けた様なダブルネックのギターがある。
    • 「EDS-1275」。片方が12弦、もう片方が通常の6弦となっているギターで、ツェッペリンの代表曲『Stairway to Heaven(天国への階段)』でのジミー・ペイジの使用はあまりにも有名。
      • 他にも『The Song Remains the Same(永遠の詩)』『The Rain Song』とチューニングの違う2曲を連続して演奏する為に、前者を12弦で弾いて、変則チューニングの後者を6弦で弾くというパフォーマンスが有名。
        • もしかしたらその後、更にチューニングを直して『天国への階段』を弾いた可能性もある。
    • ボブ・ディランのカヴァー曲である『Knockin' on Heaven's Door』を弾く際にスラッシュ(ガンズ時代)が使うのも有名、音楽ファンの間で。
  6. レスポールの後釜モデルとして開発されたらしい。
  7. 近年ではロック系の女の子に人気。
    • 軽い、見た目とサウンドがワイルド、細くて短いネックで弾きやすいというのが要因か?
      • フェンダーのジャガー/ムスタング系の女子人気と通じるものがあるな。

関連項目[編集 | ソースを編集]