SOFT BALLETファン

提供: chakuwiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
  1. 話題になりかけの頃、「エレクトリック・ボディ・ビート」を広めようとして、ことごとく玉砕した経験を持つ(こちらも参照)。
    • しかし、コンピューターサウンドでは世界的なグループであることに誇りを持つ。
  2. バンド名をカタカナで「ソフトバレー」と誤植されるとひどく憤慨する。
    • 特に1990年代のビーイング系アーティストファン(最近のGIZA系アーティストファンに非ず)がやってしまいそうな気がする(こちらも参照のこと)。
      • サポートメンバーだった上領亘(ドラム)が、参加直前までメンバーだったバンドは「グラス・バレー
    • 「ソフトバレット」という誤読は論外(参照:Yahoo! JAPANでの検索結果)。
      • 「ソフトバレエ」が正しい。
  3. BUCK-TICKファンとは兄弟関係だと思っている。
    • テクノとビジュアルとパンクは紙一重と捉えている。
  4. THE ENDSも当然聴いている。
    • ついでに遠藤遼一がナレーションを務めていた番組にもチェックを入れている。
  5. 部屋の中では全裸が基本。
  6. 楽曲的には森岡賢と藤井麻輝の2派に分かれる。
    • やっぱり初期の藤井派は「NEEDLE」が最強だと思っているのかなぁ…。
      • 学校で音楽が2だった藤井にしては「SPINDLE」もなかなかの出来だと思う。
    • 森岡賢は芸術一家育ちなので楽曲もさることながら、やはりあのクネクネパフォーマンスは最高だと思っている。
      • 絶対に「ホモ」とか言ってはいけない。
        • それは「タブー」の領域に入っているのでは。
      • おネエmans全盛の今なら時代に受け入れられたかも
      • そんなモリケンも子持。子供もクネクネしているらしい。
      • ファンにとって2016年は最凶のトラウマイヤーとなってしまった…。ご冥福をお祈りします…。
  7. 「ULTIMATE」のキーボードスタンドで昇天。
  8. メジャーデビュー当時、やたらと比較された過去があるため、TM NETWORKファンには余り良い印象がない。
  9. 彼女も聴いてくれたら「BODY TO BODY」だったのにと悔しがる。
    • さらには「秘薬 媚薬 施して 胸の扉開け放つ…」、以下×××
      • あとの部分は自分の彼女で試して下さい。(いたらの話だが)
  10. 甘い果実を見ると、唇が湿ってくる。
  11. なぜか「プラハの春」に強い関心がある。
    • 「JARO」とは「日本広告審査機構」の事ではない。
  12. 合言葉は「愛と平和」(Love and Peace)。
    • Love and Pieceという誤植はタブー。
    • TWIST OF LOVEっていうのもあります。
      • 彼女の眼差しが憐れみに見える。
  13. 「機体」と書いて「カラダ」と読む。
  14. 初期の意味不明なPVについて突っ込んではいけない。
    • 特に「TWIST OF LOVE」とか。
    • 「FINAL」はある意味究極w
  15. 森岡賢をツアーメンバーに迎えてくれた布袋寅泰に感謝感謝。
  16. 女性にはJUNEファン兼任も多い。
  17. 藤井麻輝と濱田マリの離婚については賛否両論。
    • 「あんだけ藤井が惚れ込んだのに薄情なヤツ」派と、「確かにあのビジュアルにはついていけないよね~」派に分かれる。
  18. 著名人でこのバンドのファンと言えばTYPE-MOONの創設者として知られる奈須きのこ氏。
    • 『Fate/stay night』の登場人物「言峰綺礼」のデザインモチーフが遠藤遼一だというのはファンの間では常識。
トークに、SOFT BALLETファンに関連する動画があります。