Xリーグ

提供:chakuwiki
2024年4月20日 (土) 12:38時点における熱波 (トーク | 投稿記録)による版 (X1の「div.A・div.B」を削除。昇格・降格の反映やチーム名の変更、リンクの修正・付与を含む。)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

リーグの噂[編集 | ソースを編集]

  1. チームは皆関東、関西に集中。
  2. チーム編成は関東12、関西6で関東はイースト、セントラルに振り分けられる。
  3. 最近はチームの合併、解散が絶えない。

チーム[編集 | ソースを編集]

2024シーズン

X1 SUPER[編集 | ソースを編集]

IBM Big Blue
  1. 同名のラグビーチームがある。
ノジマ相模原ライズ
  1. 解散したオンワードの選手が中心となって結成したチーム。
  2. ベイスターズの石川雄洋が入団した。
    • 2022年限りで退団。
  3. ラグビー日本代表の山田章仁が一時期在籍していた。
オール三菱ライオンズ
  1. 三菱グループの3チームが合併して結成。
パナソニックインパルス
  1. 関西社会人の強豪。
オリエンタルバイオシルバースター
  1. アサヒビールの企業チームではなくクラブチーム。
  2. キムタクの弟(木村俊作:RB)がいる。
    • 元TBSの有馬アナも在籍していた。
オービックシーガルズ
  1. かつてのスポンサーはリクルート
  2. ライスボウルでの例の「オービックタイム」の一件以来、関学ファンからは徹底して嫌われている。
富士通フロンティアーズ
  1. チームの語源はここと一緒。
  2. 山の神・柏原竜二氏は引退後ここのマネージャーになった。
    • 北京五輪4×100mリレー銀メダリストの塚原直貴氏もランニングコーチになった。
  3. 副部長の輿亮氏はNFL解説者としておなじみだが、「水曜日のカンパネラ」のコムアイの父としても知られる。
  4. 専属チアのメンバーに土屋太鳳の姉がいる。
    • 2020年3月に退社しブルーサンダースへ移籍。
エレコム神戸ファイニーズ
  1. かつてのスポンサーはサンスター
SEKISUIチャレンジャーズ
  1. パナソニック電工としのぎを削る関西社会人の名門。
東京ガスクリエイターズ
otonari福岡SUNS
  • 旧:オーパーツ→みらいふ→イコールワン福岡SUNS
  1. 「With B」の片割れが入団。
    • 2022年限りで引退。
  2. こちらにも元ベイスターズの選手が。
  3. 何回スポンサーが変わっているのかと…。
  4. 上記のアサヒ飲料とはライバル関係。
富士フイルム海老名Minerva AFC

X1 AREA[編集 | ソースを編集]

胎内ディアーズ
  • 旧:鹿島→LIXILディアーズ→ディアーズFC
  1. MXが中継するチームはほとんどがここ。というの親会社がMXの資本を持っているため。
    • 残念ながら、鹿島がスポンサー降りてから、中継もなくなりました・・・合掌。
  2. 「かしま」じゃないぞ、「かじま」だぞ。
  3. クラブチームへ移行、LIXILが支援へ。
    • だから鹿島じゃないってば・・・。
    • 結局LIXILの支援は2020年限りで終了してしまった。
  4. 2022年にNSGグループが経営権を取得。将来的には練習拠点も調布市から胎内市に移転する予定。
電通キャタピラーズ
PentaOceanパイレーツ
  1. 明治安田生命と五洋建設のチームが合併して結成。
    • その後明治安田生命は撤退。
  2. Xリーグ最古のチーム私設応援団が存在する。
警視庁イーグルス
品川CCブルザイズ東京
  1. Xリーグ初の市民チーム。
名古屋サイクロンズ
  1. 名古屋を本拠地に置くチーム。
アズワンブラックイーグルス
  1. この人たちが喜びそうなチーム名。
三菱商事 CLUB TRIAX
BULLSフットボールクラブ
ブルーサンダース
  1. 元々は清水建設のチームだった。
  2. 土屋太鳳の姉が富士通から移籍してきた。
初田防災設備ホークアイ
  1. 全日空の社員有志によって1989年に創設。
TRIAXIS J-STARS

X2[編集 | ソースを編集]

ハリケーンズ
  1. かつてのスポンサーは日立
AFCクレーンズ
ZERO FIGHTERS

休部・廃部[編集 | ソースを編集]

オンワードオークス
  1. チーム名の変遷がオンワードオークス→オンワードスカイラークス→オンワードオークス。
  2. 花田勝が一時期所属していた。
レナウンローバーズ
  1. 80年代は社会人フットボールでライスボウル6年連続出場を経験。
    • しかしライスボウル制覇は1回のみ。
  2. 親会社の経営不振を理由に2003年解散。